ニコール・シャージンガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニコール・シャージンガー
}
基本情報
出生名 ニコール・プレスコヴィア・エリコラニ・バリエンテ[1]
別名 Nicole Kea
出生 1978年6月29日(36歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ハワイ州ホノルル
ジャンル ポップダンス・ポップR&B
職業 歌手作曲家ダンサー女優
担当楽器 ピアノ
活動期間 1999年 - 現在
レーベル ポリドールA&Mインタースコープ
共同作業者 デイズ・オブ・ザ・ニュー
エデンズ・クラッシュ
プッシーキャット・ドールズ
公式サイト www.hernameisnicole.com

{{{Influences}}}

ニコール・プレスコヴィア・エリコラニ・バリエンテ・シャージンガー[2]Nicole Prescovia Elikolani Valiente Scherzinger1978年6月29日 - )はアメリカ合衆国女性シンガーソングライターダンサーモデル女優プッシーキャット・ドールズのリードシンガーとして知られる[2]

バイオグラフィ[編集]

ニコールはハワイ州ホノルルで生まれた。フィリピン人の父とロシア系ハワイ人の母を持ち、母ローズ・マリーはニコールを出生時は18歳でハワイの都心に住んでいた。ニコールがまだ赤ん坊のときに両親は別れた。6歳の時に母方の家族と共にケンタッキー州ルイビルに引っ越した。継父はドイツ系アメリカ人である。

ニコールはハワイで受けた厳しい宗教的な躾と共にアメリカに連れてこられたと『デーリーメール』のインタビューで明かしている。ニコールは最初にMeyzeek中学校に通った。多くの金銭を持っていなかった為、歌手になるために支援してくれた母親に謝意を表している。高校時代にパフォーマンスを開始し始めた。

2007年ソロデビュー。PCD加入以前は、オーディション番組『ポップスターズ』で最終選考まで勝ち残り、女性5人組ユニット「エデンズ・クラッシュ」でデビューし、全米1位を獲得した。

2003年にプッシーキャット・ドールズに加入する前はViolet UKでボーカリストの1人を務めており、2002年12月3日に東京国際フォーラムで開催された「YOSHIKIシンフォニックコンサート2002 featuring Violet UK」で「I'll Be Your Love」の英語バージョンを歌った。同曲はワーナーミュージック・ジャパンより2005年3月29日に発売された2005年日本国際博覧会「愛・地球博」の公式コンピレーションアルバム「Love The Earth」と、2005年9月25日発売の公式洋楽コンピレーションアルバム「Global Harmony」に収録されている。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • Her Name Is Nicole(発売延期)

シングル[編集]

  • 2007: "Whatever U Like" (フィーチャリング T.I.)
  • 2007: "Baby Love" (フィーチャリング ウィル・アイ・アム)
  • 2007: "Supervillian" (フィーチャリング マッド・サイエンティスト)(デジタル配信のみ)
  • 2007: "Puakenikeni" (フィーチャリング ブリック・アンド・レース)(デジタル配信のみ)
  • 2008: "Rio"(Duran Duranのカバー)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Singers of Filipino Heritage”. Tagaloglang.com. 2009年8月17日閲覧。
  2. ^ a b Nicole Scherzinger”. 2008年6月2日閲覧。

外部リンク[編集]