メン・イン・ブラック3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メン・イン・ブラック3
Men in Black III
監督 バリー・ソネンフェルド
脚本 デヴィッド・コープ
ジェフ・ナサンソン
イータン・コーエン
マイケル・ソッチョ
原作 ローウェル・カニンガム
製作 ウォルター・F・パークス
ローリー・マクドナルド
製作総指揮 スティーヴン・スピルバーグ
G・マック・ブラウン
出演者 ウィル・スミス
トミー・リー・ジョーンズ
ジョシュ・ブローリン
音楽 ダニー・エルフマン
撮影 ビル・ポープ
編集 ウェイン・ウォーマン
ドン・ジマーマン
製作会社 アンブリン・エンターテインメント
Hemisphere Media Capital
P+M Media Image Nation
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 東宝東和
公開 2012年5月25日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦
言語 英語
製作費 $215,000,000[1]
興行収入 $179,020,854[2] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$624,026,776[2] 世界の旗
31.3億円日本の旗[3]
前作 メン・イン・ブラック2
テンプレートを表示

メン・イン・ブラック3』(Men in Black III, MIB3, MIB3)は2012年に公開されたアメリカ合衆国 / アラブ首長国連邦3D SFコメディ映画ウィル・スミストミー・リー・ジョーンズジョシュ・ブローリン出演、バリー・ソネンフェルド監督、スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮。同年5月25日、前作『メン・イン・ブラック2』から10年ぶりの続編としてアメリカ、ロシア、イギリス、中国など世界101の地域で同時公開された[4]。批評家から概ね高評価を受け[5]、そして世界で6億2400万ドル以上を稼ぎ[2]、インフレ調整前ではシリーズの中で最高の興行収入を記録した[6][7]

人類にまぎれて地球に生息するエイリアンの行動を監視する政府の秘密組織MIBのエージェントJ(スミス)とK(ジョーンズ)のコンビの活躍を描くシリーズの三作目であり、本作では時空を飛び越えて過去を舞台にエイリアンとの戦いが繰り広げられ、Kの無愛想な性格の秘密やJの出自などが明らかにされる。

ストーリー[編集]

月面のルナマックス銀河系刑務所から、隻腕のボグロダイト星人・ボリスが脱獄した。ボリスは地球に降り立ち、嘗て片腕を失い逮捕される原因となったエージェントKを過去に遡って殺害するため、タイム・マシーンを持つ電気店経営の男と接触を図った。

一方、エージェントJとKの二人は地球の平和を守るため日々奔走していた。ある日、エイリアンが人間の内臓を食っているとの通報を受け、現場の中華料理店に向かう。エイリアンの経営する店の厨房でボリスの好物であった宇宙エビを発見、ボリスが脱獄したことを知る。突然、二人は店内でエイリアンの襲撃を受ける。激しい攻防の中、Kはボリスと再会を果たす。だがボリスは、「お前は過去で死ぬ」という言葉を残し姿を消すのだった。Kの態度が腑に落ちないJは本部に戻りデータベースで1969年に起こった出来事を調べ、「1969年7月16日、フロリダ州ケープ・カナベラルにてエージェントKがボリスを逮捕」「その際、ボグロダイト星人を殲滅する武器を入手した」という情報を得るものの、それ以上は機密扱いされていた。Kは逮捕時にボリスを殺さなかったことを悔やみながら自宅に帰るが、一切の痕跡を残さずに忽然と消える。

翌日、MIB本部に出勤したJはKのことを誰も覚えていないことに混乱する。他界したエージェントZに代わり着任したエージェントOとJは、ボリスの歴史改変により、Kが40年前に死亡したことになっていることに気付く。しかも、1969年にボグロダイト対策にKが備え付けたアークネットも失われ、ボグロダイトは地球侵攻を開始していた。Jは歴史を修正するため、電気店経営の男を訪ね、ボリスと同じ装置でKが殺される前日の1969年7月15日にタイムトラベルする。

ボリスを探してコニーアイランドを訪れたJは、そこで29歳のエージェントKに出会う。当初はまるで信用されなかったJであるが、やがてKからの信頼を得て、ともに手がかりを探すことに。ボウリング場、さらにアンディ・ウォーホルのパーティ会場を訪れ、そこでアークネットと予知能力をもつ宇宙人・グリフィンと出会う。グリフィンの母星はボグロダイトに滅ぼされており、地球が同じ運命を辿らないよう警告される。JとKはシェイ・スタジアムでグリフィンからアークネットを手渡され、6時間後に発射されるアポロ11号に取り付けるよう指示を受ける。

ケープ・カナベラルに到着した3人は軍隊に拘束されるが、グリフィンの予知能力を垣間見た大佐によって解放される。JとKはロケット発射台で、それぞれ現在のボリスと1969年のボリスと格闘する。Kは1969年のボリスの片腕を凍らせた上で叩き割り、アークネットをロケットに取り付けることに成功する。アークネットは宇宙空間で展開され、現在のボリスはロケットのブースターで焼死。発射台から戻ってきたKを大佐が出迎えるが、1969年のボリスが突如現れ、大佐を射殺した。Kは即座に反撃、今度は逮捕せずに撃ち殺した。

やがて、車両から大佐の息子・ジェームズが父親を探して降りてくる。幼い彼がポケットから取り出した父親の形見の懐中時計を見たJは、このジェームスこそが自分だと気付く。大佐の死を知らせたくないKはニューラライザーでジェームスの記憶を消し、彼の父親は英雄だと伝える。

現在に戻ってきたJはKと食堂で会う。二人が席を立とうとすると、別席のグリフィンが、Kがチップを払わないと地球が大変なことになると観客に警告するが、Kがチップを置きに戻ってくると、地球に向かっていた小惑星が間一髪、軌道周回中の人工衛星に衝突。地球は無事救われる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
エージェントJ ウィル・スミス 江原正士
エージェントK トミー・リー・ジョーンズ 谷口節[8]
ヤング・エージェントK ジョシュ・ブローリン
エージェントO エマ・トンプソン 高島雅羅
ヤング・エージェントO アリス・イヴ 北西純子
ボリス・ジ・アニマル[9] ジェマイン・クレメント 中田譲治
グリフィン マイケル・スタールバーグ 三ツ矢雄二
リーリー ニコール・シャージンガー 東條加那子
エージェントX デヴィッド・ラッシュ 糸博
ジェフリー・プライス マイケル・チャーナス かぬか光明
アンディ・ウォーホル
エージェントW
ビル・ヘイダー 津田健次郎
ジェームズ・ダレル・エドワーズ大佐 マイク・コルター 江川央生
ジェームズ・ダレル・エドワーズ三世[10] カイエン・マーティン 釘宮理恵
ミスター・ウー キーオン・ヤング 岩崎ひろし
エージェントAA ウィル・アーネット 上田燿司
5Kの母親 アレクサンドラ・オハラ 原島梢
オバダイア・プライス ラニー・フラハーティ 糸博
ボウリングボール・ヘッド レニー・ヴェニート 魚建
四つ手エイリアン アンソニー・J・ガロ 隈本吉成
1969年の警官 ジェームズ・マーティン・ケリー 浦山迅
ルナマックスの看守 クラーク・ソレル 下山吉光
アダム・ムッチ 間宮康弘
トム・マッコマス 林和良
ダグラス・クロスビー 桂一雅
ティーンエイジ・エイリアン ブリット・ジョンソン 後藤ヒロキ
伍長 チャーリー・バーネット 山本兼平
本部アナウンス N/A 合田絵利
前作で話題となったマイケル・ジャクソンのカメオ出演だが、本作でもレディー・ガガジャスティン・ビーバー等の大物ミュージシャン、その他にティム・バートン監督などの豪華キャストがカメオ出演した[11]またリチャード・ニクソンの映像も流用される。

スタッフ[編集]

製作[編集]

前作の『メン・イン・ブラック2』の撮影中に、監督のバリー・ソネンフェルドウィル・スミスから、彼が演じるエージェントJが相棒のエージェントKを救いに過去にタイムトラベルするという設定が提案され、ソネンフェルドはアイデアについて「開発にとても長いプロセスがあると判明した」と語った[12]。本作が初公表されたのは2009年4月1日、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント会長のロリー・ブロイヤーによってである[13]。2009年10月頃、イータン・コーエンが脚本を書き始める[14]。2010年5月頃、バリー・ソネンフェルド監督はウィル・スミストミー・リー・ジョーンズが主演を担当することが確定したことを話した。2人とも再演できることに興味を示していたという[15][16]。プロデューサーとしてはウォルター・F ·パークスローリー・マクドナルド、そして製作総指揮者のスティーヴン・スピルバーグが担当している。3人とも前2作のプロデューサーである[17]

同年6月、デヴィッド・コープがイータン・コーエンの脚本を書き換える[18]。その後、11月頃にジェフ・ナサンソンがタイムトラベルの部分を書き換える[19]。このナサンソンとコープは過去、スピルバーグと一緒に、映画『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』(2008年)を共同に制作した経験がある。

撮影は2010年11月16日に始まり[20]、2010年11月中旬から12月下旬と、2011年4月下旬から5月初旬までの期間で撮影が行われた[1][21]。カメラはArri アレクサが使用された[22]。プロダクションにかかるコストを削減するため、撮影期間がニューヨーク州が税控除となる期間に設定された[1][21]。ニューヨーク州ブロンクス区のモリスパーク[21]ブルックリン地区コニーアイランド[23]などがロケ地になった。

MIBのオフィシャルカーとして、前2作でのフォード・LTD クラウンビクトリアメルセデス・ベンツ Eクラスに代わり、フォード・トーラス SHOが採用された[24]

サウンドトラック[編集]

Men in Black 3
ダニー・エルフマンサウンドトラック
リリース 2012年05月29日 (2012-05-29)
ジャンル 映画音楽
時間 53:38
レーベル Sony Classical
テンプレートを表示

テーマ曲がシリーズ前二作と異なりウィル・スミスによるものではなく、ラッパーピットブルによる "Back In Time" であり、サウンドトラック全体はこれまでのシリーズ作品同様、ダニー・エルフマンが担当した[25]

全作曲: ダニー・エルフマン

# タイトル 時間
1. Men in Black 3 – Main Titles」   5:54
2. 「Spiky Bulba」   2:17
3. 「The Set-Up」   3:35
4. 「Headquarters」   1:59
5. 「Regret」   3:03
6. 「Wrong」   1:02
7. 「Not Funny」   1:48
8. 「Big Trouble」   1:14
9. 「Out on a Limb」   2:00
10. 「Time Jump」   1:14
11. 「Bad Fortune」   1:14
12. 「Forget Me Not」   1:27
13. 「Into the Past」   1:37
14. 「Griffin Steps Up」   1:40
15. 「True Story」   0:41
16. 「The Prize – Monocycles」   3:56
17. 「Boris Meets Boris」   1:26
18. 「Under the Bridge」   5:51
19. 「The Mission Begins」   5:27
20. 「Mission Accomplished」   3:07
21. 「A Close One」   1:33
22. Men in Black 3 – Main Title Revisited」   1:33

評価[編集]

興行収入[編集]

公開初日の興収は1,770万ドルで、前2作より若干低い結果となったが、公開初週末と合わせて興収は5,460万ドルで前2作の記録を上回り、北米興行収入ランキングで1位となった[26][27]戦没将兵追悼記念日に1,470万ドルを記録し[28]、4日間の興行収入合計は6,930万ドルとなった[29]

日本では、公開3日間で7億188万5,000円という興行成績で、初登場1位を獲得し、土日2日間ではシリーズ1作目対比121%、2作目対比108%というシリーズ最高成績を記録した[4]。最終的に32億円の興行収入を記録し、2012年の日本国内の年間洋画ランキングでは4位を獲得した[30]

批評家の反応[編集]

批評家からは、概ね肯定的な評価を受けた。Rotten Tomatoesでは190件のレビュー中支持率は68%で、平均点は6/10となった[5]Metacriticでは、38名の批評家レビューに基づいて58点となった[31]

タイアップ[編集]

Jリーグ名古屋グランパスが映画公開日である2012年5月25日にタイアップ企画を行った。メインキャストの3人が立っているポスターのパロディが5月22日から5月28日までJR名古屋駅コンコースやJR東海名古屋鉄道名古屋市営地下鉄の一部駅構内、豊田スタジアムなどで掲載された。パロディで出演した選手は、ダニエルケネディダニルソン[32]

出典[編集]

  1. ^ a b c 'Men in Black 3': Delays, Script Problems and Will Smith's Really Big Trailer”. TheWrap.com (2011年6月22日). 2011年12月13日閲覧。
  2. ^ a b c MIB 3 (2012)” (英語). Box Office Mojo. 2013年6月2日閲覧。
  3. ^ 2012年度(平成24年)興収10億円以上番組日本映画製作者連盟 2013年1月30日発表
  4. ^ a b 清水サーシャ (2012年5月30日). “映画『メン・イン・ブラック3』メガヒット記録更新中!”. サーチナ. 2012年6月29日閲覧。
  5. ^ a b Men in Black III (2012)”. Rotten Tomatoes. 2012年6月1日閲覧。
  6. ^ Box Office Report: 'Men in Black 3' Becomes Highest-Grossing Title in Franchise”. The Hollywood Reporter. 2014年1月26日閲覧。
  7. ^ Men In Black 3 becomes most successful in franchise”. Den Of Geek. 2014年1月26日閲覧。
  8. ^ ソフト版でエージェントKの声を12で担当した坂口芳貞から、トミー・リー・ジョーンズジョシュ・ブローリンの両者の声を担当した事がある谷口節に変更された。
  9. ^ 字幕・吹替ではアニマル・ボリス
  10. ^ 後のエージェントJ
  11. ^ “ガガ、ビーバー、バートン監督が『メン・イン・ブラック3』にエイリアン役でカメオ出演”. MovieWalker (角川マガジンズ). (2012年4月27日). http://news.walkerplus.com/2012/0427/6/ 2012年5月16日閲覧。 
  12. ^ Will Smith Originated Men in Black 3”. Contactmusic.com, quoting Empire magazine article not online as of March 25, 2012 (2012年2月26日). 2012年5月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月26日閲覧。
  13. ^ Sciretta, Peter (2010年4月1日). “Sony Developing Men in Black 3 and Ghostbusters 3 for 2011”. /Film.com. 2010年4月20日閲覧。
  14. ^ Hardawar, Devindra (2009年10月29日). “Men in Black 3 Script in the Works by Tropic Thunder Writer Etan Cohen”. /Film.com. 2010年11月14日閲覧。
  15. ^ Morris, Clint (2008年9月30日). “Are the Men in Black, Back?”. Moviehole. 2008年10月1日閲覧。
  16. ^ Davis, Erik (2009年4月1日). “Sony Announces 'Men in Black 3'!”. Cinematical. 2012年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年4月1日閲覧。
  17. ^ Horowitz, Lisa (2010年5月7日). “'Men in Black III' = May 25, 2012 -- in 3D”. TheWrap.com. 2010年11月14日閲覧。
  18. ^ Landy, Ben (2010年6月11日). “David Koepp Writing 'Men in Black 3'”. Hollywood.com. 2012年12月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月14日閲覧。
  19. ^ Zeitchik, Steven (2010年11月15日). “Here Comes the 'Men in Black' Hiatus”. Los Angeles Times. 2011年11月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月20日閲覧。
  20. ^ Chitwood, Adam (2010年11月15日). “'Men in Black III' Starts Filming Tomorrow; Taking Hiatus in the Middle of Production”. Collider.com. 2011年11月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月14日閲覧。
  21. ^ a b c Men in Black 3 filming in the Bronx”. The Hatchet Times (2011年4月14日). 2011年7月22日閲覧。
  22. ^ Men in Black 3 Technical Specifications”. IMDb. Amazon.com. 2014年1月26日閲覧。
  23. ^ Time Travel and Men In Black”. SugarNThunder.com (2011年4月24日). 2011年7月22日閲覧。
  24. ^ Elmer, Stephen (2012年5月23日). “Men in Black 3 Stars Ford Taurus SHO”. AutoGuide.com. 2014年1月26日閲覧。
  25. ^ ガガ、ビーバーにティム・バートン、『メン・イン・ブラック3』でエイリアン役に”. bmr.jp (2012年4月25日). 2012年6月29日閲覧。
  26. ^ Friday Report: 'MIB 3' Takes Top Spot from 'Avengers'”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年5月29日閲覧。
  27. ^ Weekend Report: 'MIB 3' Beats 'Avengers' With Solid Memorial Debut”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年5月29日閲覧。
  28. ^ MIB 3 (2012) Daily Grosses”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年5月29日閲覧。
  29. ^ May 25-28, 2012 Weekend”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年5月29日閲覧。
  30. ^ “今年の洋画興行、さらに深刻の度合い増す”. 文化通信社. (2012年12月12日). http://www.bunkatsushin.com/varieties/article.aspx?id=1931 2012年12月17日閲覧。 
  31. ^ Men in Black III”. Metacritic. 2012年6月1日閲覧。
  32. ^ インフォメーション 名古屋グランパス×メン・イン・ブラック3 タイアップキャンペーン実施のお知らせ”. 名古屋グランパス (2012年5月10日). 2012年5月28日閲覧。

外部リンク[編集]