シェイ・スタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シェイ・スタジアム
William A. Shea Stadium
シェイ・スタジアム
施設データ
所在地 123-01 Roosevelt Avenue
Flushing, New York 11368
起工 1961年10月28日
開場 1964年4月17日
取り壊し 2009年2月18日
所有者 ニューヨーク市
グラウンド 天然芝
建設費 2850万ドル
設計者 Praeger-Kavanaugh-Waterbury
使用チーム • 開催試合
ニューヨーク・メッツMLB)(1964年 - 2008年)
ニューヨーク・ジェッツNFL)(1964年 - 1983年)
ニューヨーク・ヤンキース(MLB)(1974年 - 1975年、1998年)
ニューヨーク・ジャイアンツ(NFL)(1975年)
収容能力
55,601人
グラウンドデータ
球場規模 左翼 - 338 ft (約103.0 m)
左中間 - 378 ft (約115.2 m)
中堅 - 410 ft (約125.0 m)
右中間 - 378 ft (約115.2 m)
右翼 - 338 ft (約103.0 m)
バックネット - 80 ft (約24.4 m)
フェンス 8 ft (約2.4 m)

シェイ・スタジアムShea Stadium)は、アメリカ合衆国ニューヨーククイーンズ区フラッシングのフラッシング・メドウズ・コロナ・パーク北端にあった野球場MLBニューヨーク・メッツの旧本拠地。1974年と1975年にはニューヨーク・ヤンキースヤンキー・スタジアムの改修工事のために仮本拠地としていた。

また、アメリカンフットボールNFL)に使用されていた時期もあり、開場から1983年までニューヨーク・ジェッツが、1975年の1年だけニューヨーク・ジャイアンツが本拠地にしていた。

日本語媒体では、特にロック・ミュージック関係の報道において、綴り通りにシェア・スタジアムと表記されることがあるが、現地読みとは遠い。1975年の天覧試合の報道ではシェー・スタジアムと表記された。

2009年4月に新球場シティ・フィールドがオープンしたことに伴い取り壊され、跡地は駐車場になっている。

フィールドの特徴[編集]

シェイ・スタジアム外観

多くの選手を悩ませていたのが、近隣にあるラガーディア空港である。シェイ・スタジアムが同空港の離着陸コースのほぼ真下に位置するため、騒音が選手の集中力をかき乱すことが多々あった。シェイ・スタジアムでプレーする時だけ耳栓をつける選手もいたほどである。

外野は左右対称であった。広めなため、外野手には守備範囲の広さが必要。また、外野席がほとんど設置されていないため、吹き込んでくる風の影響を受けやすかった。よって長打が出にくく、投手有利の球場であった。

内野は芝が長いため、球足が遅かった。

設備、アトラクション、演出[編集]

スコアボード

シェイ・スタジアムは当初、90,000人収容の巨大スタジアムとして建設が進められたが、建設途中で計画が変更されたため、外野席が左中間の一部を除いて存在せず、代わりに超巨大スコアボードやビッグ・アップルが設置された。

超特大スコアボードは外野右中間フェンス後方に設置されていた。開場当時はスタジアラマ・スコアボードと呼ばれ、スクリーンには選手のスライド写真などが映し出されたが、その部分は後に広告スペースとなった。上部にはニューヨークの摩天楼を象った照明があったが、2001年9月11日の同時多発テロ発生後、世界貿易センタービル・ツインタワーを象った部分にリボンがかけられた。

ビッグ・アップルは中堅フェンス後方に設置。メッツの選手がホームランを打つと、巨大な帽子のディスプレイの中からメッツのロゴマークが入った大きなリンゴのオブジェが現れた。これはニューヨーク市の愛称「ビッグ・アップル」にちなんだもの。1998年、ヤンキー・スタジアムの観客席が一部破損したため、ヤンキースが1試合だけホームゲームをシェイ・スタジアムで行ったことがあるが、そのときヤンキースのダリル・ストロベリー(元メッツ所属)がホームランを放つとビッグ・アップルが姿を現した。メッツ以外の選手がホームランを放った際にビッグ・アップルが出てくるのは異例である。ただしリンゴに描かれたメッツのロゴを隠すためか、上半分のみの登場となった。このオブジェはシティ・フィールドにも受け継がれている。

スタジアム名の由来[編集]

ウィリアム・A・シェイ

このスタジアム名の由来となったのは、弁護士ウィリアム・A・シェイen:William Shea)である。1957年にブルックリン・ドジャースニューヨーク・ジャイアンツの両球団がそれぞれ ロサンゼルスサンフランシスコへ移転し、ニューヨークからナショナルリーグの球団がなくなってしまった。そこで、ニューヨークにナショナルリーグの新チームを創設しようと尽力したのがシェイである。メッツはシェイの功績を讃え、2008年から彼を永久欠番と同格で扱っている。

メッツのユニフォームに使用されている色のうち、当初のオレンジはジャイアンツの、はドジャースのチームカラーである。またこの二色はニューヨーク市の旗にも使われているなど、同市を象徴する色でもある。

主要な出来事[編集]

野球[編集]

その他[編集]

外部リンク[編集]

前本拠地:
ポロ・グラウンズ
1962 - 1963
ニューヨーク・メッツの本拠地
1964 - 2008
次本拠地:
シティ・フィールド
2009 - 現在
前本拠地:
ポロ・グラウンズ
1960 - 1963
ニューヨーク・ジェッツの本拠地
1964 - 1983
次本拠地:
ジャイアンツ・スタジアム
1984 - 現在
前本拠地:
イェール・ボウル
1973 - 1974
ニューヨーク・ジャイアンツの本拠地
1975 - (1シーズン限り)
次本拠地:
ジャイアンツ・スタジアム
1976 - 現在
先代:
ミュニシパル・スタジアム
1963年
MLBオールスターゲーム
開催場
第35回(1964年
次代:
メトロポリタン・スタジアム
1965年