ラガーディア空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラガーディア空港
LaGuardia Airport
LGA airport map.svg
連邦航空局・空港図
IATA: LGAICAO: KLGAFAA LID: LGA
概要
空港種別 公共
所有者 ニューヨーク市
運営者 ニューヨーク・ニュージャージー港湾公社
供給都市 ニューヨーク市クイーンズ区
標高 21 ft / 6 m
座標 北緯40度46分38.1秒 西経073度52分21.4秒 / 北緯40.777250度 西経73.872611度 / 40.777250; -73.872611
ウェブサイト 公式ウェブサイト
滑走路
方向 全長 表面
ft m
04/22 7,001 2,134×46 舗装
13/31 7,003 2,135×46 舗装
ヘリパッド
番号 全長 表面
ft m
H1 60 18 舗装
H2 60 18 舗装
出典:連邦航空局[1]

ラガーディア空港(ラガーディアくうこう、: LaGuardia Airport)はアメリカ合衆国ニューヨーク市クイーンズ区にある国際空港

概要[編集]

空港全景

ジョン・F・ケネディ国際空港ニューアーク・リバティー国際空港と共にニューヨーク都市圏の空港の一つである。その管理、運営、警備はすべて同地域の地域開発公団であるニューヨーク・ニュージャージー港湾公社が行っている。

マンハッタンの北東部、クイーンズ区に位置し、主に国内線と、アメリカ国内とカナダの各都市を結ぶ国際線が中心の空港である。税関検疫の施設はない。騒音問題、環境保護の点から、一部の例外を除き、ボーイング767型機やエアバスA300型機などのワイドボディ機や、飛行距離約2,400km以上の路線の発着は行わない。

歴史[編集]

第二次世界大戦前の1939年ニューヨーク市立空港として開港した。開港当時はアメリカ大陸横断路線などの長距離線も就航していた。

名称[編集]

当初「ノースビーチ空港」と呼ばれ、その後、アメリカ航空界のパイオニアの一人である飛行家・航空機開発者のグレン・カーチスにちなむ「グレン・H・カーチス空港」の名称が与えられたが、1953年に至って、1934年から1945年までニューヨーク市長を三期務めたフィオレロ・ラガーディア (Fiorello H. LaGuardia 1882-1947)に由来する現在の名称に変更された。

英語の発音は "ラグヮディア" であり、日本語のカタカナ表記をそのまま言っても現地では通じない。

航空会社並びにターミナル[編集]

ラガーディア空港は連絡バス及び通路で行き来ができる4つのターミナルビルが設置されている。

セントラル・ターミナルビル (CTB)[編集]

コンコース A[編集]

コンコース B[編集]

コンコース C[編集]

コンコース D[編集]

  • アメリカン航空(アトランタ、バミューダ (季節)、シカゴ/オヘア、ダラス/フォートワース、フォートローダーデール、ヒューストン/ホビー、マイアミ、ナッシュビル、ナッソー (季節)、ニューオーリンズ、オーランド、セントルイス、タンパ、トロント、イーグル/ベイル (季節)、ウエストパームビーチ)

デルタ・ターミナル[編集]

マリン・エア・ターミナル (Marine Air Terminal)[編集]

US Airways ターミナル[編集]

事件と事故[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]