ニューヨーク市域の空港一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニューヨーク市とその3つの主要空港の位置:
1) JFK、2) LGA、3) EWR

下記は、トリ=ステーツ(ニューヨーク=ニュージャージー=コネチカット)都市圏内にあるエアスペース・クラスBの空港一覧である。

主要空港[編集]

次の3つの空港は全てニューヨーク・ニュージャージー港湾公社によって運営され、定期便が就航している。

空港名 空港コード
ジョン・F・ケネディ国際空港 JFK
ニューアーク・リバティ国際空港 EWR
ラガーディア空港 LGA

「アメリカ合衆国、ニューヨークの全ての空港」というと誤解を招きやすいが、IATAコード「NYC」は、これら3つの空港を表すために用いられる。

他の空港[編集]

テターボロは、ニューヨーク使用の主なゼネラル・アビエーションであり、ニューヨーク・ニュージャージー港湾公社によって運営される。ウェストチェスター、スチュワート、ツイード・ニューヘイブンには、定期便が就航している。さらに、ロンコンコマロングアイランド・マッカーサー空港には、国内の商用・一般の便も就航している。この空港は、ロングアイランド鉄道のロンコンコマ駅の近くに位置し、サウスウエスト航空は未だに「ニューヨーク空港」という名称を使っている。スチュワートは、大型機(スペースシャトルも扱う)のために整備されており、国内便が就航している。空港は、無益な民営化の後、2007年1月、港湾公社が買い取っている。エセックス・カウンティ空港は、ダウンタウン・マンハッタンへの所要時間が15分で、主に練習機、軽飛行機に使われる。残りの空港は主として一般の飛行機を扱い、ニューヨーク市及びその近隣で利用される。ニューヨーク市域で、JFK、LGA、EWRの他に、トップ3の空港として、ウェストチェスター・カウンティ空港、スチュワート空港、マッカーサー空港が挙げられる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]