ドン・マッティングリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドン・マッティングリー
Don Mattingly
ロサンゼルス・ドジャース 監督 #8
Don Mattingly (2011).jpg
2011年
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 インディアナ州エバンズビル
生年月日 1961年4月20日(53歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
175 lb =約79.4 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手
プロ入り 1979年 ドラフト19巡目でニューヨーク・ヤンキースから指名
初出場 1982年9月8日
最終出場 1995年10月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

ドナルド・アーサー・マッティングリーDonald Arthur Mattingly, 1961年4月20日 - )は、MLBの元選手。ポジションは一塁手アメリカ合衆国インディアナ州エバンズビル出身。ニックネームは「Donnie Baseball」。

2011年からはロサンゼルス・ドジャースの監督を務めている。

現役時代[編集]

現役時代のマッティングリー

1979年MLBドラフトニューヨーク・ヤンキースから19巡目に指名を受け入団。

1982年にAAA級コロンバスで打率.315を記録してメジャー昇格を果たし、9月8日ボルチモア・オリオールズ戦でメジャーデビュー。

1983年6月24日のボストン・レッドソックス戦でジョン・テューダーからメジャー初本塁打を放つ。1984年は開幕からメジャーに定着し、前半戦で打率.330をマークしてオールスターゲームに初出場し、以後5年連続で選出された。後半戦で打率.357と更に数字を伸ばし、打率.343・23本塁打・110打点、共にリーグ最多の207安打・44二塁打の成績で首位打者のタイトルを獲得した。同年はチームメイトのデイブ・ウィンフィールドと激しい首位打者争いを演じ、シーズン最終戦で逆転した。MVPの投票では5位に入った。

1985年は打率.324、共にキャリアハイの35本塁打・145打点、ウェイド・ボッグスに次ぐリーグ2位の211安打、リーグ最多の48二塁打を記録して最多打点のタイトルを獲得し、初のMVP・シルバースラッガー賞ゴールドグラブ賞を受賞した。

1986年はボッグスに次ぐリーグ2位の打率.352、31本塁打・113打点、共にリーグ最多で現在も球団記録の238安打・53二塁打を記録。長打率.573もリーグトップだった。MVPの投票ではロジャー・クレメンスに次ぐ2位に入った。

1987年は6月に故障者リスト入りするが、7月8日ミネソタ・ツインズ戦から、オールスターゲームを挟んで7月18日テキサス・レンジャーズ戦にかけて、史上2人目となる8試合連続本塁打を達成。7月16日には満塁本塁打を含む7打点を記録した。同年はメジャー記録となる1シーズン6本の満塁本塁打を放つなど[1]、打率.327・30本塁打・115打点を記録した。

1989年は23本塁打・113打点を記録したが、1990年は不振に陥り、故障もあって102試合の出場で打率.256・5本塁打に終わり、同年を境に成績は下降。

1991年はチームの10代目キャプテンに就任。8月16日、髪を切らないことを理由に試合への出場停止と罰金250ドルの処分を受けた[2]1994年8月11日まで打率.304・出塁率.397を記録し、チームも地区首位に立っていたが、翌日から1994年から1995年のMLBストライキに突入。そのままシーズンが打ち切られ、史上初めてワールドシリーズが中止となり、ポストシーズン出場のチャンスを逃してしまった。

ストライキが収拾された1995年にチームはワイルドカードを獲得する。自身初のポストシーズンとなったシアトル・マリナーズとのディビジョンシリーズでは第2戦で本塁打を放つなど打率.417と活躍。しかしチームは最終第5戦で逆転サヨナラ負けを喫し、2勝3敗で敗退した。オフに背中の故障を理由に34歳で現役を引退。プロ入りから引退までヤンキース一筋でプレーした、近年では数少ないフランチャイズプレーヤーだった。

1997年に自身の背番号23』がヤンキースの永久欠番に指定された。

コーチ・監督時代[編集]

2004年にヤンキースの打撃コーチに就任して現場復帰。2007年シーズンからはヤンキースのヘッドコーチに就任し、ジョー・トーリ監督の後継者の最有力候補と目されたが、同年オフにトーリの監督辞任を受けヘッドコーチを辞任した。2008年にトーリがドジャースの監督に就任し、それに従って打撃コーチに就任する予定であったが、1月になって家庭の理由で打撃コーチを辞し、特別コーチに就任することとなった。

2010年シーズン終了後、トーリの退団に伴い監督に昇格した。

2014年1月7日にドジャースとの契約を2016年まで延長したことが報道された[3]

その他の逸話[編集]

  • 左投げでありながら、二塁手を1試合(パインタール・バット事件の発生により、行われた1983年8月18日の再開試合)、三塁手を3試合務めたことがある。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1982 NYY 7 13 12 0 2 0 0 0 2 1 0 0 0 1 0 0 0 1 2 .167 .154 .167 .321
1983 91 305 279 34 79 15 4 4 114 32 0 0 2 2 21 5 1 31 8 .283 .333 .409 .742
1984 153 662 603 91 207 44 2 23 324 110 1 1 8 9 41 8 1 33 15 .343 .381 .537 .918
1985 159 727 652 107 211 48 3 35 370 145 2 2 2 15 56 13 2 41 15 .324 .371 .567 .938
1986 162 742 677 117 238 53 2 31 388 113 0 0 1 10 53 11 1 35 17 .352 .394 .573 .967
1987 141 629 569 93 186 38 2 30 318 115 1 4 0 8 51 13 1 38 16 .327 .378 .559 .937
1988 144 651 599 94 186 37 0 18 277 88 1 0 0 8 41 14 3 29 13 .311 .353 .462 .815
1989 158 693 631 79 191 37 2 23 301 113 3 0 0 10 51 18 1 30 15 .303 .351 .477 .828
1990 102 428 394 40 101 16 0 5 132 42 1 0 0 3 28 13 3 20 13 .256 .308 .335 .643
1991 152 646 587 64 169 35 0 9 231 68 2 0 0 9 46 11 4 42 21 .288 .339 .394 .733
1992 157 686 640 89 184 40 0 14 266 86 3 0 0 6 39 7 1 43 11 .288 .327 .416 .743
1993 134 596 530 78 154 27 2 17 236 86 0 0 0 3 61 9 2 42 20 .291 .364 .445 .809
1994 97 436 372 62 113 20 1 6 153 51 0 0 0 4 60 7 0 24 8 .304 .397 .411 .808
1995 128 507 458 59 132 32 2 7 189 49 0 2 0 8 40 7 1 35 17 .288 .341 .413 .754
通算:14年 1785 7721 7003 1007 2153 442 20 222 3301 1099 14 9 13 96 588 136 21 444 191 .307 .358 .471 .829
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

  • MVP 1回:1985年
  • 首位打者 1回:1984年
  • 最多打点 1回:1985年
  • シルバースラッガー賞 3回:1985年 - 1987年
  • ゴールドグラブ賞 9回:1985年 - 1989年, 1991年 - 1994年
  • ルー・ゲーリッグ賞:1993年
  • MLBオールスターゲーム選出 6回:1984年 - 1989年

年度別監督成績[編集]

年度 球団 地区 年齢 試合 勝利 敗戦 勝率 順位/チーム数 備考 ポストシーズン
勝敗
2011 LAD NL 西 50歳 161 82 79 .509 3 / 5 1試合の出場停止
2012 51歳 162 86 76 .531 2 / 5  
2013 52歳 162 92 70 .568 1 / 5 NCLS敗退 5勝5敗
通算 3年     485 260 225 .536     5勝5敗

太字はプレイオフ進出(ワイルドカードを含む)。

  • 2013年度シーズン終了時

脚注[編集]

  1. ^ キャリアで満塁本塁打を記録したのは同年のみ。
  2. ^ ヤンキースでは選手とコーチの長髪と整えられた口髭以外の髭を蓄えることを禁止している。
  3. ^ Alden Gonzalez (2014年1月7日). “Mattingly, Dodgers agree on contract extension”. MLB.com. http://www.mlb.com/news/article/la/manager-don-mattingly-dodgers-agree-on-contract-extension?content_id=66345480&partnerId=as_mlb_20140107_16739624&vkey=news_la&ymd=20140106 2014年1月8日閲覧。 

外部リンク[編集]