1986年のNFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1986年のNFL
レギュラーシーズン
日程 1986年9月7日 - 1986年12月22日
プレイオフ
開幕日 1986年12月28日
AFC優勝 デンバー・ブロンコス
NFC優勝 ニューヨーク・ジャイアンツ
第21回スーパーボウル
開催日 1987年1月25日
開催都市 カリフォルニア州パサデナ
スタジアム ローズボウル
チャンピオン ニューヨーク・ジャイアンツ
プロボウル
開催日 1987年2月1日
開催都市 ハワイ州ホノルル
スタジアム アロハ・スタジアム
NFLシーズン
 < 1985 1987 > 

1986年のNFL1986年9月7日NFL67回目のレギュラーシーズンが開幕し、1987年1月25日カリフォルニア州パサデナで開催された第21回スーパーボウルを経て、2月1日ハワイ州ホノルルでプロボウルが開催されてシーズンが終了した。

主なルール変更[編集]

  • 選手は、企業名や組織名、あらゆる個人的メッセージ等を表示した服、装具その他を着用してはならない[1]
  • 前・後半残り時間 2 分以降のオフェンスのデッドボールファウルの後は、スナップと同時に計時を再開する。
  • オフェンス選手のファンブルが前方へ転がってアウト・オブ・バウンズへ出た場合は、ファンブルした地点から次のプレーを行う。
  • オフェンス選手のファンブルが前方へ転がって相手エンドゾーンからアウト・オブ・バウンズへ出た場合は、ファンブルした地点からディフェンス側に攻撃権が与えられる[2]
  • 判定の手助けとするため、インスタントリプレイを導入[3]

レギュラーシーズン順位表[編集]

  • 背景色が緑のチームはプレイオフ進出チーム
  • 括弧内はプレイオフシード順
AFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
(3) ニューイングランド・ペイトリオッツ 11 5 0 .688 412 307
(4) ニューヨーク・ジェッツ 10 6 0 .625 364 386
マイアミ・ドルフィンズ 8 8 0 .500 430 405
バッファロー・ビルズ 4 12 0 .250 287 348
インディアナポリス・コルツ 3 13 0 .188 229 400
AFC中地区
チーム 勝率 得点 失点
(1) クリーブランド・ブラウンズ 12 4 0 .750 391 310
シンシナティ・ベンガルズ 10 6 0 .625 409 394
ピッツバーグ・スティーラーズ 6 10 0 .375 307 336
ヒューストン・オイラーズ 5 11 0 .313 274 329
AFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
(2) デンバー・ブロンコス 11 5 0 .688 378 327
(5) カンザスシティ・チーフス 10 6 0 .625 358 326
シアトル・シーホークス 10 6 0 .625 366 293
ロサンゼルス・レイダーズ 8 8 0 .500 323 346
サンディエゴ・チャージャーズ 4 12 0 .250 335 396
NFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
(1) ニューヨーク・ジャイアンツ 14 2 0 .875 371 236
(4) ワシントン・レッドスキンズ 12 4 0 .750 368 296
ダラス・カウボーイズ 7 9 0 .438 346 337
フィラデルフィア・イーグルス 5 10 1 .344 256 312
セントルイス・カージナルス 4 11 1 .281 218 351
NFC中地区
チーム 勝率 得点 失点
(2) シカゴ・ベアーズ 14 2 0 .875 352 187
ミネソタ・バイキングス 9 7 0 .563 398 273
デトロイト・ライオンズ 5 11 0 .313 277 326
グリーンベイ・パッカーズ 4 12 0 .250 254 418
タンパベイ・バッカニアーズ 2 14 0 .125 239 473
NFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
(3) サンフランシスコ・49ers 10 5 1 .656 374 247
(5) ロサンゼルス・ラムズ 10 6 0 .625 309 267
アトランタ・ファルコンズ 7 8 1 .469 280 280
ニューオーリンズ・セインツ 7 9 0 .438 288 287


プレイオフ[編集]

トーナメント表[編集]

  • * 同地区のチームが対戦しないように、ディヴィジョナルプレイオフの試合は組まれている。
  • チーム名の左の数字はシード順。
                                   
ディヴィジョナルプレイオフ
    1月4日
マイル・ハイ・スタジアム
       
AFC ワイルドカード AFC チャンピオンシップ
 3  ペイトリオッツ  17
12月28日
ジャイアンツ・スタジアム
    1月11日
クリーブランド・スタジアム
 2  ブロンコス  22  
 5  チーフス  15  2  ブロンコス (OT)  23
1月3日
クリーブランド・スタジアム
 4  ジェッツ  35      1  ブラウンズ  20   Super Bowl XXI
 4  ジェッツ  20
    1月25日
ローズボウル
 1  ブラウンズ (2OT)  23  
 A2  ブロンコス  20
1月3日
ソルジャー・フィールド
NFC ワイルドカード NFC チャンピオンシップ    N1  ジャイアンツ  39
 4  レッドスキンズ  27
12月28日
RFKスタジアム
    1月11日
ジャイアンツ・スタジアム
 2*  ベアーズ  13  
 5  ラムズ  7  4  レッドスキンズ  0
1月4日
ジャイアンツ・スタジアム
 4  レッドスキンズ  19      1  ジャイアンツ  17  
 3  49ers  3
   
 1*  ジャイアンツ  49  

受賞者[編集]

受賞者 ポジション チーム
スーパーボウルMVP フィル・シムズ QB ニューヨーク・ジャイアンツ
MVP ローレンス・テイラー LB ニューヨーク・ジャイアンツ
最優秀攻撃選手 エリック・ディッカーソン RB ロサンゼルス・ラムズ
最優秀守備選手 ローレンス・テイラー LB ニューヨーク・ジャイアンツ
最優秀コーチ ビル・パーセルズ HC ニューヨーク・ジャイアンツ
最優秀新人攻撃選手 ルーベン・メイズ RB ニューオーリンズ・セインツ
最優秀新人守備選手 レスリー・オニール DE サンディエゴ・チャージャーズ
カムバック賞 ジョー・モンタナ
トミー・クレイマー
QB サンフランシスコ・49ers
ミネソタ・バイキングス

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ スーパーボウル前のジム・マクマーンの言動に対して
  2. ^ 1991 年にルールが改定され、現在はタッチバックである
  3. ^ 1992 年まで。1999 年から現在のシステムになる