レジー・ホワイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レジー・ホワイト

Reggie White  No. 92

ディフェンシブエンド
生年月日:1961年12月19日
没年月日:2004年12月26日(満43歳没)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テネシー州チャタヌーガ
身長:6' 5" =約195.6cm 体重:300 lb =約136.1kg
NFLデビュー
1985年フィラデルフィア・イーグルス
経歴
大学テネシー大学
ドラフト外(1985年
 所属チーム:
通算成績
(2000年までの成績)
QBサック     198回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録
  • プロボウル選出:13回
  • オールプロ選出:10回
  • 最優秀守備選手2回(1997年、1998年)
  • NFL75周年オールタイムチーム
  • 1980年代オールディケイドチーム
  • 1990年代オールディケイドチーム
NFL殿堂入り
カレッジフットボール殿堂入り

レジー・ホワイト(Reginald Howard White 1961年12月19日-2004年12月26日)はテネシー州チャタヌーガ出身のアメリカンフットボール選手NFLフィラデルフィア・イーグルスグリーンベイ・パッカーズなどで活躍した。ポジションはディフェンスエンド。ニックネームは""the Minister of Defense."(国防長官[1]

経歴[編集]

1980年から1983年までテネシー大学で4年間プレーした。大学時代に作ったサックの通算記録、シーズン記録、1試合での記録は未だに同大学記録となっている。1983年にはサウスイースタン・カンファレンスの最優秀選手及びオールアメリカンに選ばれた[2]。大学卒業後、USFLメンフィス・ショーボーツに入団した。1985年にUSFLが崩壊したため、その年NFLのフィラデルフィア・イーグルスに入団した。イーグルスには8シーズン在籍し124サックの数字を残した[1]。これはチーム記録となっている。この間ストライキで12試合の出場にとどまった1987年に21サックのチーム記録を残した。バディ・ライアンディフェンスコーディネーターの下、クライド・シモンズジェローム・ブラウンと共に強力なディフェンスラインを構成していたが1993年にNFLにフリーエージェント制が導入された年にグリーンベイ・パッカーズに移籍した[3]。パッカーズには6シーズン在籍し68.5サックの数字を残した。またチームリーダーとして2度のスーパーボウル出場にも大きく貢献し第31回スーパーボウルでは優勝を味わった。1997年、1998年と最優秀守備選手に選ばれたが1998年シーズン終了と共に現役を引退、1年のブランクを経て2000年にカロライナ・パンサーズで現役復帰し16試合全試合出場し6サックの成績を残した。NFL歴代トップの198サックで引退したが後にブルース・スミスがこの記録を更新した。

2004年12月26日に心臓発作のために自宅で死去した[3]。2005年に彼の背番号92番はイーグルス、パッカーズで永久欠番となった。また2006年にプロフットボール殿堂入りを果たした[4]

人物[編集]

敬虔なクリスチャンとして知られた。

1989年に行われたNFLとNFL選手会側との交渉では中心的な役割を担い、フリーエージェント制導入やロックアウト回避に貢献している[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Reggie "The Minister of Defense" White”. findagrave.com. 2010年4月4日閲覧。
  2. ^ Joel Barker (2011年10月20日). “Tennessee Football: Top 50 Players in School History”. bleacherreport.com. 2013年6月1日閲覧。
  3. ^ a b Teammates, Friends Shocked by Reggie White's Death”. elitestv.com (2004年12月). 2010年4月4日閲覧。
  4. ^ Reggie White's enshrinement speech transcript”. 2010年4月4日閲覧。
  5. ^ 渡辺史敏 (2011年3月16日). “争いは法廷へ!オーナー対選手会の労使交渉【前編】”. NFL JAPAN. 2011年4月28日閲覧。

外部リンク[編集]