マイク・ヘインズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイク・ヘインズ

Mike Haynes  No. 40, 22

コーナーバック
パントリターナー
生年月日:1953年7月1日(61歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テキサス州デニソン
身長:6' 2" =約188cm 体重:192 lb =約87.1kg
NFLデビュー
1976年ニューイングランド・ペイトリオッツ
経歴
大学アリゾナ州立大学
NFLドラフト1976年 / 1巡目(全体の5番目)
 所属チーム:
通算成績
(1989年までの成績)
通算インターセプト     46回
タッチダウン     2回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録
  • プロボウル選出:9回(1976年-1980年、1982年、1984年-1986年)
  • オールプロ選出:5回(1977年、1978年、1982年、1984年、1985年)
  • NFL75周年アニバーサリーチーム
  • NFL1980年代オールスターチーム
  • 最優秀新人守備選手(1976年)
  • ジョージ・ハラストロフィー(1984年)
  • ニューイングランド・ペイトリオッツ永久欠番(40)
NFL殿堂入り

マイク・ヘインズ(Michael James Haynes 1953年7月1日- )はテキサス州デニソン出身の元アメリカンフットボール選手。NFLニューイングランド・ペイトリオッツロサンゼルス・レイダーズでプレーした。ポジションはコーナーバック。スピードとクイックネスに秀でておりディフェンシブバックとしてだけでなくパントリターナーとしても起用された。

経歴[編集]

ロサンゼルスのジョン・マーシャル高校でコーナーバックとしてプレーした。高校時代には陸上競技も行い同校の走幅跳記録を現在も保持している。

アリゾナ州立大学に進学後、3回ウェスタン・アスレティック・カンファレンスのオールチームに選ばれるとともに2回オールアメリカンにも選ばれた。なお2001年にカレッジフットボール殿堂入りを果たした。

1976年のNFLドラフト1巡目全体5位でニューイングランド・ペイトリオッツに指名された。1年目から8インターセプトをあげるとともに45回のパントリターンでAFCトップの608ヤードをリターンし1TDをあげプロボウルにも選ばれた。ペイトリオッツには7年間在籍し28インターセプト、パントリターン111回で平均10.4ヤードをリターンした。この間1979年終盤に肋骨を痛めて欠場するまで58試合連続で先発出場した。

1983年11月、翌年のドラフト1位、翌々年のドラフト2位指名権と引き換えにロサンゼルス・レイダーズに移籍した[1]。移籍後5試合に出場した彼は第18回スーパーボウルでも1インターセプトを記録し勝利に貢献した。レイダーズ移籍後はリターナーとして起用されることはほとんどなくなったが7年間で18インターセプトを記録し1984年のマイアミ・ドルフィンズ戦では97ヤードのリターンTDをあげた。

現役14シーズンでプロボウルに選出されること9回、オールプロに5回選出された。1997年にプロフットボール殿堂入りを果たし[1]、1999年のスポーティングニュース誌が選ぶ100人の偉大な選手のうち93位にランクインした。

2002年にはNFLコミッショナーポール・タグリアブーからNFL選手・職員育成責任者に任命された[2]

2009年2月、癌と闘病していることが報じられた[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b David Wilson (2010年3月5日). “Top 10 Players Who Finished Their Careers as an Oakland Raider”. bleacherreport.com. 2012年12月17日閲覧。
  2. ^ へインズが選手・職員育成責任者に 元NFLスターが選手のプログラムを扱う部門を監督する”. NFL JAPAN (2002年6月30日). 2010年5月23日閲覧。
  3. ^ HALL OF FAMER MIKE HAYNES HAS CANCER”. raiderbeat.com (2009年2月28日). 2010年5月23日閲覧。

関連項目[編集]

  • レスター・ヘイズ - レイダーズで逆サイドを守ったコーナーバック。ともにNFL1980年代オールディケイドチームに選ばれた。

外部リンク[編集]