エリック・ライト (1959年生のアメリカンフットボール選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリック・ライト

Eric Wright  No. 21

コーナーバック
生年月日:1959年4月18日(55歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国イリノイ州イーストセントルイス
身長:6' 1" =約185.4cm 体重:183 lb =約83kg
NFLデビュー
1981年サンフランシスコ・フォーティナイナーズ
経歴
大学ミズーリ大学
NFLドラフト1981年 / 2巡目(全体の40番目)
 所属チーム:
通算成績
(1990年までの成績)
インターセプト     18回
タッチダウン     2回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

エリック・ライト(Eric Wright 1959年4月18日- )はイリノイ州イーストセントルイス出身のアメリカンフットボール選手。NFLサンフランシスコ・フォーティナイナーズ第16回第19回第23回第24回と4つのスーパーボウルリングを獲得した[1]。ポジションはコーナーバック

経歴[編集]

ミズーリ大学時代の1979年、1980年には、ビッグ・エイト・カンファレンスのオールチームに選ばれた。1979年のサンディエゴ州立大学戦では3インターセプトをあげた。1990年にミズーリ大学の20世紀オールチームに選ばれた。

1981年のNFLドラフト2巡でサンフランシスコ・フォーティナイナーズに指名されて入団した[1]。その年のドラフトで指名されたロニー・ロットカールトン・ウィリアムソンとともに先発ディフェンシブバックとして起用された[2]。前年NFL28チーム中27位だったチームディフェンスは7位に改善された[3]

1982年1月24日のダラス・カウボーイズとのNFCチャンピオンシップゲームでは第4Qにジョー・モンタナからドワイト・クラークへのザ・キャッチが決まり逆転した後、最後のカウボーイズの攻撃でダニー・ホワイトからパスを受けたドリュー・ピアソンに(現在のルールでは、ホースカラータックルの反則となる)タックルを決めて[4]、TDパスあるいはFGレンジまでの前進を許さず[5]スーパーボウル出場を決めた。シンシナティ・ベンガルズとの第16回スーパーボウルでは1インターセプトをあげている。

1983年には7インターセプトをあげて[2]、2インターセプトリターンTDをあげた。

マイアミ・ドルフィンズとの第19回スーパーボウルでもインターセプトをあげた[6]

1984年には、ロニー・ロット、カールトン・ウィリアムソン、ドワイト・ヒックスとともに4人のディフェンシブバックが全員プロボウルに選ばれた[7]

1985年にもプロボウルに選ばれたが鼠径部の怪我で1986年1987年はそれぞれ2試合の出場にとどまった[8]

1991年4月、キーナ・ターナーマイク・ウィルソンとともに契約延長のオファーを受けず[9]、現役を引退した。

引退までにスーパーボウルリングを4個獲得した。フォーティナイナーズの選手として1980年代に4回優勝しているのは、他にジョー・モンタナロニー・ロット、キーナ・ターナー、マイク・ウィルソンの4人のみで、ジェシー・サポール第19回スーパーボウルから第29回スーパーボウルまでの4回優勝メンバーとなっている。

1991年のトレーニングキャンプでは、ドラフト5巡で指名マートン・ハンクスを指導し、先発選手に育て上げた[3]

1994年、母校のミズーリ大学のワイドレシーバーコーチとなった[3]

2009年、NFLよりロニー・ロットとのコーナーバックコンビがNFL史上3位にランクされた[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b ALUMNI BOARD”. 49ers.com. 2013年1月2日閲覧。
  2. ^ a b Ted Johnson (2011年10月12日). “25 Most Influential San Francisco 49ers in Franchise History”. bleacherreport.com. 2013年1月2日閲覧。
  3. ^ a b c d Where Are they Now Part 7: The DBs”. ninersnation.com (2010年3月22日). 2013年1月2日閲覧。
  4. ^ Recalling the San Francisco 49ers’ Glory Years”. サンフランシスコ・クロニクル (2008年9月29日). 2013年1月2日閲覧。
  5. ^ Orly Rios Jr. (2012年1月11日). “NFL Playoffs: 30 Years Later "The Catch" May Not Have Happened with Rule Changes”. bleacherreport.com. 2013年1月2日閲覧。
  6. ^ 1984 49ers, Super Bowl XIX: “the greatest team I’ve ever seen, anywhere””. bayareasportsguy.com (2012年3月26日). 2013年1月2日閲覧。
  7. ^ John Crumpacker (2012年12月22日). “49ers' best ever? '89 team that won 4th Super Bowl”. サンフランシスコ・クロニクル. 2013年1月2日閲覧。
  8. ^ 1989 Proset #479
  9. ^ Pro Football”. ロサンゼルス・タイムズ (1991年4月14日). 2013年1月2日閲覧。

外部リンク[編集]