1985年のNFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1985年のNFL
レギュラーシーズン
日程 1985年9月8日 - 1985年12月23日
プレイオフ
開幕日 1986年12月28日
AFC優勝 ニューイングランド・ペイトリオッツ
NFC優勝 シカゴ・ベアーズ
第20回スーパーボウル
開催日 1986年1月26日
開催都市 ルイジアナ州ニューオーリンズ
スタジアム ルイジアナ・スーパードーム
チャンピオン シカゴ・ベアーズ
プロボウル
開催日 1986年2月2日
開催都市 ハワイ州ホノルル
スタジアム アロハ・スタジアム
NFLシーズン
 < 1984 1986 > 

1985年のNFL1985年9月8日NFL66回目のレギュラーシーズンが開幕し、1986年1月26日ルイジアナ州ニューオーリンズで開催された第20回スーパーボウルを経て、2月2日ハワイ州ホノルルでプロボウルが開催されてシーズンが終了した。

主なルール変更[編集]

  • 前・後半のツーミニッツウォーニングの後のチームタイムアウトが、90秒から 60 秒に短縮される。
  • クォーターバックのニーダウンや、ボールキャリアが足から滑り込んだ場合は、直ちにボールデッド。この場合、最初にフィールドに体が触れた地点にボールを置く。(守備選手が体に触れたらデッド、その地点にボールを置く、からの変更。)
  • 誰も触れられないことが明らかなパスには、パスインターフェアランスは適用されない。
  • ラフィング・ザ・キッカー、ランニング・イントゥ・ザ・キッカーは、キックをブロックした選手には適用されない。
  • 正当なフェアキャッチシグナルは、「頭上に腕を完全に伸ばし左右に振る」こと(腕を上げるだけで良く、振る必要はなかった)。
  • ゴールテンディング(キックされたボールがゴールポストを超えるところに飛び上がって触れること)は不正行為とする[1]

レギュラーシーズン順位表[編集]

  • 背景色が緑のチームはプレイオフ進出チーム
  • 括弧内はプレイオフシード順
AFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
(2) マイアミ・ドルフィンズ 12 4 0 .750 428 320
(4) ニューヨーク・ジェッツ 11 5 0 .688 393 264
(5) ニューイングランド・ペイトリオッツ 11 5 0 .688 362 290
インディアナポリス・コルツ 5 11 0 .313 320 386
バッファロー・ビルズ 2 14 0 .125 200 381
AFC中地区
チーム 勝率 得点 失点
(3) クリーブランド・ブラウンズ 8 8 0 .500 287 294
シンシナティ・ベンガルズ 7 9 0 .438 441 437
ピッツバーグ・スティーラーズ 7 9 0 .438 379 355
ヒューストン・オイラーズ 5 11 0 .313 284 412
AFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
(1) ロサンゼルス・レイダーズ 12 4 0 .750 354 308
デンバー・ブロンコス 11 5 0 .688 380 329
シアトル・シーホークス 8 8 0 .500 349 303
サンディエゴ・チャージャーズ 8 8 0 .500 467 435
カンザスシティ・チーフス 6 10 0 .375 317 360
NFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
(3) ダラス・カウボーイズ 10 6 0 .625 357 333
(4) ニューヨーク・ジャイアンツ 10 6 0 .625 399 283
ワシントン・レッドスキンズ 10 6 0 .625 297 312
フィラデルフィア・イーグルス 7 9 0 .438 286 310
セントルイス・カージナルス 5 11 0 .313 278 414
NFC中地区
チーム 勝率 得点 失点
(1) シカゴ・ベアーズ 15 1 0 .938 456 198
グリーンベイ・パッカーズ 8 8 0 .500 337 355
ミネソタ・バイキングス 7 9 0 .438 346 359
デトロイト・ライオンズ 7 9 0 .438 307 366
タンパベイ・バッカニアーズ 2 14 0 .125 294 448
NFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
(2) ロサンゼルス・ラムズ 11 5 0 .688 340 277
(5) サンフランシスコ・49ers 10 6 0 .625 411 263
ニューオーリンズ・セインツ 5 11 0 .313 294 401
アトランタ・ファルコンズ 4 12 0 .250 282 452



プレイオフ[編集]

トーナメント表[編集]

                                   
ディヴィジョナルプレイオフ
    1月4日
アナハイム・スタジアム
       
NFC ワイルドカード NFC チャンピオンシップ
 3  カウボーイズ  0
12月29日
ジャイアンツ・スタジアム
    1月12日
ソルジャー・フィールド
 2  ラムズ  20  
 5  49ers  3  2  ラムズ  0
1月5日
ソルジャー・フィールド
 4  ジャイアンツ  17      1  ベアーズ  24   Super Bowl XX
 4  ジャイアンツ  0
    1月26日
ルイジアナ・スーパードーム
 1  ベアーズ  21  
 N1  ベアーズ  46
1月5日
LAメモリアル・コロシアム
AFC ワイルドカード AFC チャンピオンシップ    A5  ペイトリオッツ  10
 5  ペイトリオッツ  27
12月28日
ジャイアンツ・スタジアム
    1月12日
マイアミ・オレンジボウル
 1  レイダーズ  20  
 5  ペイトリオッツ  26  5  ペイトリオッツ  31
1月4日
マイアミ・オレンジボウル
 4  ジェッツ  14      2  ドルフィンズ  14  
 3  ブラウンズ  21
   
 2  ドルフィンズ  24  


受賞者[編集]

受賞者 ポジション チーム
スーパーボウルMVP リチャード・デント DE シカゴ・ベアーズ
MVP マーカス・アレン RB ロサンゼルス・レイダーズ
最優秀攻撃選手 マーカス・アレン RB ロサンゼルス・レイダーズ
最優秀守備選手 マイク・シングレタリー LB シカゴ・ベアーズ
最優秀コーチ マイク・ディトカ HC シカゴ・ベアーズ
最優秀新人攻撃選手 エディ・ブラウン WR シンシナティ・ベンガルズ
最優秀新人守備選手 デュアン・ビケット LB インディアナポリス・コルツ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 長いフィールドゴールは、ボールがクロスバーギリギリの高さで通過することが多い。これを叩き落とそうとする行為が禁止された