デビン・ヘスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デビン・ヘスター

Devin Hester
アトランタ・ファルコンズ No. 17

Devin Hester (cropped).jpg
ワイドレシーバー
リターナー
生年月日:1982年11月4日(32歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国フロリダ州リビエラビーチ
身長:5' 11" =約180.3cm 体重:190 lb =約86.2kg
NFLデビュー
2006年シカゴ・ベアーズ
経歴
大学マイアミ大学
NFLドラフト2006年 / 2巡目(全体の57番目)
 所属チーム:
通算成績
(2014年までの成績)
レシーブ回数     236回
レシーブ獲得ヤード     3,075ヤード
TDレシーブ     15回
キックオフリターンTD     5回
パントリターンTD     14回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録
  • プロボウル選出2回(2006年、2007、2010年)
  • オールプロ選出3回(2006年、2007、2010年)
  • NFL2000年代オールディケイドチーム[1]

デビン・ヘスターDevin Hester1982年11月4日 - )はフロリダ州リビエラビーチ出身のアメリカンフットボール選手である。現在NFLアトランタ・ファルコンズに所属している。主にリターナーとして活躍している。1年目の2006年にはプロボウルに選ばれると共に第41回スーパーボウルでは試合開始直後のキックオフリターンでタッチダウンをあげた[2]

経歴[編集]

マイアミ大学時代は、脚の速さを買われワイドレシーバー、コーナーバック、キックリターナーのポジションを務めた。また陸上選手としても活動し走幅跳で全米2位にランキングされたこともある[2]

2006年度のドラフトにて2巡全体57位でシカゴ・ベアーズに指名されて入団した。ワイドレシーバーでの登録であるが、ベアーズはヘスターをパントリターナーとして起用することを決めていた。

2006年シーズン、10月6日のアリゾナ・カージナルス戦で83ヤードのパントリターンTDをあげてチームを24-23の勝利に導いた[3]11月12日ニューヨーク・ジャイアンツ戦では、相手のフィールドゴールミスしたボールをキャッチし、味方の援護を受けてそのまま反対側のエンドゾーンまで駆け抜け、NFL新記録タイとなる108ヤードリターンTDを決めた。12月11日セントルイス・ラムズ戦では、一試合で2つのリターンTDも記録。このシーズンはパントで3回、キックオフで2回、フィールドゴールミスで1回の計6回キックリターンタッチダウンの新記録を打ち立てた。このシーズンの活躍が認められ、プロボウルにも選ばれている。インディアナポリス・コルツとの第41回スーパーボウルでは試合開始最初のキックオフで92ヤードのリターンTDをあげた[4]

2007年にはキックオフリターンとパントリターンで合計6TDをあげた。これはNFLのシーズン記録となった[5]。また4パントリターンTDもNFLタイ記録であった[6]

2010年第10週のミネソタ・バイキングス戦でキックオフリターン、パントリターンで大活躍を見せてNFC週間MVPスペシャルチーム部門に選ばれた[7]

第15週のミネソタ・バイキングス戦で64ヤードのパントリターンTDをあげてNFL記録となる14回目のリターンTDをあげるとともにキックオフリターンでも79ヤードのリターンを見せるなどの活躍でチームの勝利に貢献、週間MVPスペシャルチーム部門に選ばれた[8]

2011年第6週のミネソタ・バイキングス戦で98ヤードのキックオフリターンタッチダウンをあげてNFCの週間MVPスペシャルチーム部門に選ばれた[9]。その後10月のNFCスペシャルチーム部門月間MVPにも選ばれている[10]

2014年シーズンからアトランタ・ファルコンズ所属となる。9月18日のタンパベイ・バッカニアーズ戦で、パントリターンからの62ヤードタッチダウンを決め、NFL史上最多となる20回目のリターン・タッチダウンを記録した[11]

記録[編集]

NFL記録
  • シーズン最多リターンTD 6回(2006年、2007年)
  • キックオフリターン及びパントリターンによるシーズン最多TD 6回(2007年)[5]
  • キックオフリターン及びパントリターン、FG失敗からのリターンによる通算最多TD 20回[11]
  • 新人選手最多リターンTD 6回(2006年)
  • 1試合最多リターンTD 2回(2006年12月11日のセントルイス・ラムズ戦及び2007年11月25日のデンバー・ブロンコス戦)
  • 通算リターンTD 19回
  • 通算パントリターンTD 14回(2011年11月14日のデトロイト・ライオンズ戦にて12回目を記録し、NFL新記録を達成、その後も更新)
チーム記録(ベアーズ)
  • レギュラーシーズンにおける1試合最多リターン 11回
  • 1試合キックオフリターン記録 225ヤード 2006年12月11日のセントルイス・ラムズ戦
  • 1試合パントリターン記録 152ヤード 2006年10月16日のアリゾナ・カージナルス
  • シーズンパントリターン獲得ヤード数 651ヤード(2007年)
  • 1プレー最長獲得ヤード 108ヤード 2006年11月12日のニューヨーク・ジャイアンツ戦

人物[編集]

敬虔なクリスチャンであり聖書を遠征の時も持参している[2]。2011年に発表された「トッププレイヤー2011」で32位にランキングされた[12]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2000年代のオールスター発表、マニングら選出”. NFL JAPAN (2010年2月1日). 2011年8月29日閲覧。
  2. ^ a b c 信仰心厚いスピードスター、ベアーズWRへスター”. NFL JAPAN (2008年10月1日). 2011年8月29日閲覧。
  3. ^ NFL史上に残る大逆転劇トップ10 -前編-”. NFL JAPAN (2011年6月4日). 2011年8月29日閲覧。
  4. ^ スーパーボウルヒストリー 第41回”. NFL JAPAN. 2011年8月29日閲覧。
  5. ^ a b 生島淳 (2008年10月1日). “信仰心厚いスピードスター、ベアーズWRへスター”. NFL JAPAN. 2011年8月28日閲覧。
  6. ^ 新人CBピーターソン、NFLタイ記録の1シーズン4パントリターンTD”. NFL JAPAN (2011年11月28日). 2011年11月30日閲覧。
  7. ^ ビッグリターン連発のヘスター選出 週間MVPスペシャルチーム”. NFL JAPAN (2010年11月18日). 2011年8月29日閲覧。
  8. ^ NFL記録樹立のWRへスター、Gコノリーが受賞 週間MVPスペシャルチーム部門”. NFL JAPAN (2010年12月23日). 2010年12月23日閲覧。
  9. ^ ヘスターが通算11度目の受賞 週間MVPスペシャルチーム部門”. NFL JAPAN (2011年10月20日). 2011年10月21日閲覧。
  10. ^ マクナイト、ヘスターの両リターナーが受賞 月間MVPスペシャルチーム部門”. NFL JAPAN (2011年11月5日). 2011年11月5日閲覧。
  11. ^ a b デビン・ヘスター、通算20回目のリターンTDで新記録達成”. afnjapan (2014年9月18日). 2014年11月12日閲覧。
  12. ^ ヘスター論争に一石、このままいけば殿堂入り?”. NFL JAPAN (2011年6月15日). 2011年8月29日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
バーナード・ベリアン
シカゴ・ベアーズ
リーディングレシーバー
2008年-2009年
次代:
ジョニー・ノックス