エド・リード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エド・リード

Ed Reed
ニューヨーク・ジェッツ No. 22

Ed Reed 2008-08-13.jpg
2008年のトレーニングキャンプでのリード
フリーセイフティ
生年月日:1978年9月11日(35歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ルイジアナ州セントローズ
身長:5' 11" =約180.3cm 体重:200 lb =約90.7kg
NFLデビュー
2002年ボルチモア・レイブンズ
経歴
大学マイアミ大学
NFLドラフト2002年 / 1巡目(全体の24番目)
 所属チーム:
通算成績
(2012年までの成績)
タックル     504回
サック     6回
インターセプト     61回
タッチダウン     7回
ファンブルフォース     11回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録
  • プロボウル選出:9回 (2003年、2004年、2006年-2012年)
  • オールプロ選出:8回 (2003年、2004年、2006年-2011年)
  • スーパーボウル優勝:1回(第47回
  • NFL最優秀守備選手賞:1回(2004年)
  • AFC最優秀守備選手賞:1回(2004年)
  • NFLシーズン最多インターセプト:2回(2004年、2008年)
  • NFL2000年代オールディケイドチーム

エド・リード(Edward Earl Reed Jr. 1978年9月11日- )はルイジアナ州セントローズ出身のアメリカンフットボール選手。現在NFLニューヨーク・ジェッツに所属している。ポジションはフリーセイフティ。2010年1月、NFL2000年代のオールディケイドチームに選ばれた[1]

プロボウルに9回選出され2004年にはNFL最優秀守備選手賞を受賞した。また2008年にはNFL記録となる107ヤードのインターセプトリターンTDをあげている。現在最も優れたセイフティの1人である[2][3][4][5]。 またリーグに加入以来、彼は相手チームの攻撃をフィルムスタディにより暗記するために学んでいることが知られている[6][7]第47回スーパーボウルで優勝を味わった。

経歴[編集]

高校時代[編集]

ルイジアナ州デストレハンにある公立高校に進学した彼はディフェンシブバック、キックリターナーとして州のオールチームに選ばれると共にNew Orleans Times-Picayuneから最優秀守備選手に選ばれた。

3年次には83タックル、7インターセプト、3ファンブルフォース、12パスブロックをあげると共にランニングバック、クォーターバックとしても起用された。パントリターンでも3TDをあげている。またバスケットボール野球やり投でも優れた成績を残した。

大学時代[編集]

マイアミ大学に進学した彼は大学でも優れたディフェンス選手であることを証明し2001年チームは全米チャンピオンとなった[8]

2000年、2001年と彼はオールアメリカンに選抜され、2001年には9インターセプトで209ヤードをリターン(大学記録であり、その年全米トップのリターンヤード)し3TDをあげた。2001年彼はフットボールニュースより全米最優秀守備選手に選ばれ、ジム・ソープ賞の3人のファイナリスト、ブロンコ・ナグルスキー賞の12人のセミファイナリストに残った[9]

大学時代にあげた21インターセプト、インターセプトリターン389ヤード、5インターセプトTDはいずれも大学記録となった[9][8]。また4年間のキャリアでパントブロックに4回成功している。やり投でもビッグ・イースト・カンファレンスのチャンピオンとなった[10]

2001年彼はリベラル・アーツ学位を取得して大学を卒業した[9]。彼はレジー・ウェインとルームメートであった[11]

ボルチモア・レイブンズ[編集]

大学卒業後、2002年のNFLドラフト1巡目全体24位でボルチモア・レイブンズに指名されて入団した。この年、彼は全試合に先発出場し85タックル、5インターセプトをあげた。翌2003年には71タックル、7インターセプトをあげてプロボウルに初めて選ばれた。

2004年、彼はリーグ最多の9インターセプトでNFL記録となる358ヤードをインターセプトリターンし、AP通信よりNFL最優秀守備選手に選ばれた[5]。 彼の記録は2009年ダレン・シャーパーに更新されるまで残った。この年プロボウルでも史上唯一のパントブロックリターンTDをあげている。2005年、足首の負傷で10試合しか出場できず37タックル、1インターセプトに終わったが2006年、60タックル、5インターセプトをあげて再びプロボウルに選ばれた。2007年は39タックル、7インターセプトをあげてプロボウルでもタイ記録となる2インターセプトをあげた。

2008年11月23日のフィラデルフィア・イーグルス戦ではNFL記録となる107ヤードのリターンTDをあげて[12][13][14]、自己記録の106ヤードを更新した[15]。このインターセプトをしたとき彼が着ていたジャージはプロフットボール殿堂入りしている[16]。2009年のマイアミ・ドルフィンズとのAFCワイルドカードプレーオフではレギュラーシーズンでわずか7回しかインターセプトのないチャド・ペニントンから2インターセプトを奪い1TDをあげた[17][18]。現在まで彼はポストシーズン7試合で7インターセプトをあげている。

2008年にはNFLトップの9インターセプトをあげ[2]、オールプロの選出で唯一満票で選ばれた[19][20]。2009年9月、彼はスポーティングニュースマガジンにより2000年代オールディケイドチームに選ばれた。

2009年12月にでん部と脚の付け根の負傷により4試合欠場しレギュラーシーズン最終戦に復帰した。そしてインディアナポリス・コルツとのディビジョナルプレーオフではペイトン・マニングのパスを2回キャッチした。しかし1回はリターン中に相手WRピエール・ガーソーンのヒットを受けてファンブル、もう1回はチームメートのコーリー・アイビーパスインターフェアランスの反則でインターセプトとはならなかった[21][22]

オフにでん部の手術を行い[23]2010年シーズン開幕から6試合以上欠場することとなった[24]。その後チームに復帰した彼は11月21日のカロライナ・パンサーズ戦で通算50個目のインターセプトを達成した[25]。12月26日に行われたクリーブランド・ブラウンズ戦では自身10度目となるマルチインターセプトを達成、20-10の勝利に貢献しAFC守備部門の週間MVP(5度目の選出)に選ばれた[26][27]。また開幕から6試合に欠場したもののプロボウルの先発選手にも選ばれた[28]

2011年シーズンもプロボウルに選ばれたが、複数箇所に故障を抱えていることから出場を辞退している[29]

2012年、58タックル、4インターセプトを記録[30]、チームは第47回スーパーボウルに進出し、サンフランシスコ・フォーティナイナーズを34-31で破り、優勝を果たした[31]

彼があげている61インターセプトはレイブンズ記録となっており、1試合のインターセプトリターンヤード記録となる150ヤードをマークしている。

これまでに13TD(パントブロックリターンTD3回、パントリターンTD1回、ファンブルリターンTD2回、インターセプトリターンTD7回)をあげている。パントブロック、パントリターン、ファンブルリターン、インターセプトリターンでTDをあげたのはNFL史上彼のみである[32]

ヒューストン・テキサンズ[編集]

2013年3月、ヒューストン・テキサンズと3年契約を結んだ。ボルチモア・サンに、ファンへの謝意を示すとともに、今後も自身の財団がボルチモアで活動していくことを伝えた[33]。この年開幕から精彩を欠き、第9週のインディアナポリス・コルツ戦では2003年以来となるベンチスタートとなった[34]。11月12日にテキサンズから解雇された。7試合の出場でわずか16タックルに終わった[35]。テキサンズから解雇された理由について、彼は11月14日に、ウェイド・フィリップスディフェンスコーディネーターに原因があったと発言した[36]

ニューヨーク・ジェッツ[編集]

テキサンズから解雇された2日後の11月14日に、かつてレイブンズでディフェンスコーディネーターであったレックス・ライアンがヘッドコーチのニューヨーク・ジェッツと契約を結んだ[37]。11月17日のバッファロー・ビルズ戦で加入後初出場した。12月8日の第14週、オークランド・レイダーズ戦ではマット・マグロインからインターセプトをあげた[38]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2000年代のオールスター発表、マニングら選出”. NFL JAPAN (2010年2月1日). 2010年9月6日閲覧。
  2. ^ a b リードvs.ポラマルの評価は? 現役Sトップ5”. NFL JAPAN (2009年7月4日). 2010年9月6日閲覧。
  3. ^ Wilson, Aaron (2006年7月31日). “Top free safety in the game”. Scout.com. 2010年9月6日閲覧。
  4. ^ Sando, Mike (2007年10月7日). “Five to fear: Manning, Brady, Moss, Smith, Gates”. ESPN. 2010年9月6日閲覧。
  5. ^ a b Chadiha, Jeffri (2005年8月30日). “Top 10 players at the NFL's hottest defensive position”. スポーツ・イラストレイテッド. 2010年9月6日閲覧。
  6. ^ Powell, Camille (2006年8月1日). “Reed Is Determined To Outsmart Rivals”. ワシントン・ポスト. 2010年9月6日閲覧。
  7. ^ Hensley, Jamison (2005年7月6日). “Spotlight on defensive backs”. USAトゥデイ. 2010年9月6日閲覧。
  8. ^ a b Kim, Steve (2006年8月22日). “Miami All-2000s Team: Defense”. Miami.scout.com. 2010年9月6日閲覧。
  9. ^ a b c Marcus Session (2010年4月28日). “The 50 Greatest Miami Hurricanes”. bleacherreport.com. 2011年10月23日閲覧。
  10. ^ South Florida Sports Paradise: Happy Birthday Ed Reed”. Miamisouthpaw.blogspot.com (2007年9月11日). 2010年9月6日閲覧。
  11. ^ Wayne, Reed and the Python”. ニューヨーク・タイムズ (2010年1月13日). 2010年9月6日閲覧。
  12. ^ 5TO奪取、レイブンズが守備陣の大活躍で圧勝”. NFL JAPAN (2008年11月24日). 2010年9月6日閲覧。
  13. ^ 節目の試合で史上最長INTリターンTD、リードが週間MVP”. NFL JAPAN (2008年11月27日). 2010年9月6日閲覧。
  14. ^ Reed loses a yard, but interception return for TD still a record”. ESPN (2008年11月26日). 2010年9月6日閲覧。
  15. ^ Reed rumbles 108 yards for NFL record”. プロフットボール殿堂 (2008年11月24日). 2010年9月6日閲覧。
  16. ^ Jersey and football from Ed Reed's record interception return”. プロフットボール殿堂 (2008年11月26日). 2010年9月6日閲覧。
  17. ^ 守備陣奮闘のレイブンズ、6年ぶりのプレイオフ勝利”. NFL JAPAN (2009年1月5日). 2010年9月6日閲覧。
  18. ^ 「200メートル走のようだった」、試合の流れ変えたINTのリード”. NFL JAPAN (2009年1月5日). 2010年9月6日閲覧。
  19. ^ MVPのQBマニング、堅守のSリードらがオールプロに選出”. NFL JAPAN (2009年1月10日). 2010年9月6日閲覧。
  20. ^ Ravens safety Reed is only unanimous selection to All-Pro team”. nfl.com. 2010年9月6日閲覧。
  21. ^ 盤石の試合運びでコルツ快勝、ジンクスを打破”. NFL JAPAN (2010年1月17日). 2010年9月6日閲覧。
  22. ^ レイブンズ、プロボウルFSリードが現役引退か?”. NFL JAPAN (2010年1月18日). 2010年9月6日閲覧。
  23. ^ でん部手術のリード、復帰時期は不透明”. NFL JAPAN (2010年7月22日). 2010年9月6日閲覧。
  24. ^ レイブンズがSリードをPUPリスト、Kグラハムら放出”. NFL JAPAN (2010年9月5日). 2010年9月6日閲覧。
  25. ^ 第11週から7つの偉大な記録、ブレイディのホーム連勝続く”. NFL JAPAN (2010年11月23日). 2010年11月23日閲覧。
  26. ^ SリードとLBルイス、守備の両輪がプレイオフに導く”. NFL JAPAN (2010年12月27日). 2010年12月30日閲覧。
  27. ^ Sリード通算5度目の選出 週間MVP守備部門”. NFL JAPAN (2012年12月30日). 2010年12月30日閲覧。
  28. ^ 2011年プロボウル選出メンバー発表 -AFC守備-”. NFL JAPAN (2010年12月30日). 2010年12月30日閲覧。
  29. ^ レイブンズのSリードがプロボウル辞退、Sクラークが代替選出”. NFL JAPAN (2012年1月26日). 2012年1月26日閲覧。
  30. ^ テキサンズ移籍のSリード、でん部を手術”. NFL JAPAN (2013年5月4日). 2013年5月4日閲覧。
  31. ^ ついに決着!Sリードがテキサンズと最大14億円の3年契約”. NFL JAPAN (2013年3月22日). 2013年3月28日閲覧。
  32. ^ プロボウル6度のSリード、現役続行へ”. NFL JAPAN (2010年5月6日). 2010年9月6日閲覧。
  33. ^ 0Sエド・リードがボルティモアへの感謝広告掲載”. アメフトNewsJAPAN (2013年3月24日). 2013年3月28日閲覧。
  34. ^ 精彩欠くSリード、控え降格で引退秒読み”. NFL JAPAN (2013年11月8日). 2013年11月13日閲覧。
  35. ^ テキサンズ、オールプロ5回選出のSリードを解雇”. NFL JAPAN (2013年11月13日). 2013年11月13日閲覧。
  36. ^ Sリード、「テキサンズDCが解雇の原因」”. NFL JAPAN (2013年11月21日). 2013年12月12日閲覧。
  37. ^ Stu Woo (2013年11月14日). “Jets Add Wisdom to Secondary”. ウォール・ストリート・ジャーナル. 2013年12月12日閲覧。
  38. ^ Darryl Slater (2013年12月8日). “Jets safety Ed Reed gets first interception, victory of season against Raiders”. The Star-Ledger. 2013年12月12日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
レイ・ルイス
NFL最優秀守備選手賞
2004年
次代:
ブライアン・アーラッカー