リベラル・アーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
自由七科と哲学

リベラル・アーツ: liberal arts)とは、

  • ギリシャ・ローマ時代に理念的な源流を持ち、ヨーロッパの大学制度において中世以降、19世紀後半や20世紀まで[1]、人が持つ必要がある技芸(実践的な知識・学問)の基本と見なされた7科のことで、具体的には文法学修辞学論理学の3学、および算術幾何(幾何学、図形の学問)・天文学(円運動についての学問、現在の地理学にも近い)・音楽(ここでいう音楽は現代の定義の音楽とは異なる)の4科のこと。
  • 最近では、そうした伝統的な科目群の位置づけや内容に現代的な学問の成果を加え、やはり大学で誰もが身に付けるべき基礎教養的科目だと見なした一定の科目群に与えられた名称で、より具体的には学士課程における基礎分野 (disciplines) のことを意味する。この現代的な分類では、人文科学自然科学社会科学、及びそれぞれの一部とみなされる内容が包括されることになる。

日本語では自由七科 (Seven Liberal Arts) ともいう。

概要[編集]

リベラル・アーツという表現の原義は「人を自由にする学問」であり、それを学ぶことで一般教養が身に付くもののことであり、こうした考え方の定義としての起源は古代ギリシアにまで遡る。

欧米では、主に専門職大学院に進学するための基礎教育としての性格も帯びているともされている。

なお日本語の「藝術」という言葉は元来、明治時代に西周(にし あまね・啓蒙家)によってリベラル・アートの訳語として造語されたものである。

由来[編集]

古代ローマにおいて、「技術」(ラテン語: ars)は、「機械的技術」(アルテス・メカニケー、artes mechanicae)と、「自由の諸技術」(アルテス・リベラレス、artes liberales)とに区別されていた。[誰?]

後者を英語に訳したものが「リベラル・アーツ」であるが、その科目や定義の起源は、古代ギリシアにまで遡る。プラトンは、体育ムーシケー文芸詩歌、古代ギリシャにおける音楽)とは別に、哲学的問答を学ぶための準備として、17、18才までの少年時代に、第1科目として数論(1次元)と計算術の研究である算術、第2科目として平面(2次元)に関する研究である幾何学、第4科目として円運動に関する研究である天文学の4科目を特別に訓練する必要があると説いた[2][3]。プラトン自身によれば、上記4科目の訓練は、手工業者などのための機械的技術の訓練と区別されるだけでなく、少年に対しても決して強制してはならず、自由な意思に基づくもので、何より自身が理想とする哲人国家論における統治者のための教育としての意味を有しており、「数学的諸学科の自由な学習」という意味合いであった[4]

ところが、古代ギリシア社会においては、自由人とは、同時に「非奴隷」であり、兵役の義務も意味していたことから(そのため今日的な意味で「自由」の概念を捉えると、「自由(人)の諸技術」の定義はわかりにくいものになる)、この「数学的諸学科の自由な学習」が「自由の諸技術」としてとらえられるようになり、その後、ローマ時代の末期の5世紀後半から6世紀にかけて、7つの科目からなる「自由七科」(セプテム・アルテス・リベラレス、septem artes liberales)として正式に定義されるに至ったのである。[要出典]

自由七科はさらに、おもに言語にかかわる3科目の「三学」(トリウィウム、trivium)とおもに数学に関わる4科目の「四科」(クワードリウィウム、quadrivium)の2つに分けられる。それぞれの内訳は、三学が文法修辞学弁証法論理学)、四科が算術・幾何・天文・音楽である。

哲学は、この自由七科の上位に位置し、自由七科を統治すると考えられた。哲学はさらに神学の予備学として、論理的思考を教えるものとされる。

この自由七科の編成は、キリスト教の理念に基づき教育内容を整えるため、ギリシア・ローマ以来の諸学が集大成されたものと見ることもできる。

13世紀ヨーロッパで大学が誕生した当時、神学部医学部などの専門職を養成するための学部では、学部に進む前の学問の科目として自由七科は公式に定められた。ヨーロッパ中世の大学では、学生はこれらの科目を哲学部ないし学芸学部で学習した。このため現在でもヨーロッパやその大学体系を引き継いだオーストラリアの大学では、哲学は文学部でなく、独立の学部である哲学部で教えられることがある。

英米の大学ではしばしば、それぞれの学問を象徴として、講堂(オーディトリアム)の高みにぐるりと7つの学科を代表する女神の立像が飾られる。

なお、アメリカのリベラル・アーツ教育についてはリベラル・アーツ・カレッジを参照のこと。

内容[編集]

三学(トリウィウム)[編集]

四科(クワドリウィウム)[編集]

日本におけるリベラル・アーツ[編集]

日本におけるリベラル・アーツ教育[編集]

大口邦雄は、著書『リベラル・アーツとは何か——その歴史的系譜』の中で、東京大学教養学部国際基督教大学 (ICU) 教養学部を日本におけるリベラル・アーツ教育機関の代表としてあげている。

前者の東京大学は、戦前の旧制高等学校の伝統を受け継ぐものである。旧制高等学校は戦後になって4年制大学に改組されると、多くの大学において教養部一般教育課程・教養課程)がリベラル・アーツ教育の役目を担ってきた。しかし東京大学においては、教養部ではなく教養学部を独立した学部として設置した点で特徴的である。

後者のICUは、米国のリベラル・アーツ・カレッジを範として戦後作られたものである。単科大学でありながら人文科学・自然科学・社会科学の3領域を包摂した教育を行う点、そして米国リベラル教育学会の認定を受けるなど世界基準の教育を行う点で、旧来の日本型大学とは一線を画すものであった。リベラル・アーツ教育と国際性の2つを特徴とするICUの教育システムは、その後多くの大学にも引き継がれるようになる。21世紀に入ってからは、早稲田大学国際教養学部を設置し、また公立でも国際教養大学が設立されるなど、リベラル・アーツ教育を担う日本の教育機関は格段に増えてきている(詳細は以下の「代表例」を参照)。

旧来の一般教育・教養課程を改組することでリベラル・アーツ教育を担う学部・プログラムを設置する大学も少なくない。その豊かな教員構成を活用して、リベラルアーツから敷衍されうる分野も扱われるようになった。この他、全学での単位互換を行うといった制度への取り組みも挙げられる。

人文科学・自然科学・社会科学の3領域すべてを包摂するのがリベラル・アーツの基本であるが、日本においては「リベラル・アーツ」を掲げつつも3領域すべてをカバーしないなど、取り扱う分野に偏りがある場合もある。特に自然科学については、専攻として設けられていないことが多い。

また一部で「教養学」という言葉を、学問の体系化された分野として用いることがある[1][2][3]が、「教養学」という名称を「学問の一分野」として用いた学術団体は、2012年時点で存在していない。例として2011年に設立された学術団体であるJAIRA(日本国際教養学会)を挙げると、同会は会則で「学際的立場」を基礎としており、「学際的な学会」として研究活動を「哲学、歴史、社会科学、自然科学、芸術、教育、外国語、環境など」[4]の多方面に広げている点を示しているのみである。

代表例[編集]

  • 教養学部にてリベラルアーツ教育を行う通信制大学
  • リベラルアーツ教育を行う各種学校

その他[編集]

東京都八王子市にある大学セミナー・ハウスのシンボルマークは白地に緑の切り株であるが、それについている7枚の葉は自由七科を表している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国により、この位置づけの変化が起きた時代は微妙に異なる。イギリス、ドイツ、フランスの間でも異なった。またひとつひとつの大学ごとにも異なった。
  2. ^ 国家』7巻
  3. ^ プラトンが設立したアカデメイアでは、上記の4科目が教授されたものとされているが、第3科目については、プラトン自身は、立方体(3次元)に関する研究がなされるべきであるが、学問としては未開拓のまま残されているとして具体的な科目を挙げていない。
  4. ^ 『国家(下)』(岩波書店)藤沢令夫の訳

関連項目[編集]