リトル・アイヴィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リトル・アイヴィーLittle Ivy)とは、リベラル・アーツ・カレッジと呼ばれる小規模な教養中心の私立大学の中でも、アメリカ合衆国東部にあり、かつトップレベルの質を有する大学群の通称。これらの大学では少数精鋭制を採り、人文、自然、社会科学中心の教養教育に重きを置き、アイビー・リーグ校と同等の高い教育レベルを維持している。学生の多くは卒業後、ロースクールビジネススクール、医科大学院など専門大学院や様々な分野の修士、博士課程に進学する。これらの大学の出身者には政界、財界、実業界、学究分野で活躍する著名人も多い。

日本においては通説がいくつか存在しているが、現在のアメリカ合衆国においては、一般的に以下の13校をリトル・アイヴィーと呼んでいる。このうち、古くからスポーツリーグをやっていた、アマースト大学、ウェズリアン大学、ウィリアムズ大学の三校をリトルスリーと呼ぶことがある。

また、大学関係のジャーナリストが編纂したグリーンズガイドでは、アマースト大学、ベイツ大学、ボードイン大学、コルビー大学、ハミルトン・カレッジ、ハバフォード大学、ミドルバリー大学、スワースモア大学、トリニティ・カレッジ、タフツ大学、ウェズリアン大学、ウィリアムズ大学などを取り上げている。[1]

また、上記とは別に、NESCAC(New England Small College Athletic Conference、ニューイングランド小規模大学体育連盟)のスポーツ・リーグ加盟校をリトル・アイヴィーまたはリトル・アイヴィー・リーグと呼ぶこともある。NESCAC加盟校は、アマースト大学、ベイツ大学、ボードイン大学、コルビー大学、コネチカット・カレッジ、ハミルトン・カレッジ、ミドルバリー大学、トリニティ・カレッジ、タフツ大学、ウェズリアン大学、ウィリアムズ大学の11校である。

大学名 所在地 創立年 Little Three グリーンズガイド NESCAC
アマースト大学
(Amherst College)
マサチューセッツ州アマースト 1821年 Green check.png Green check.png Green check.png
ベイツ大学
(Bates College)
メイン州ルイストン 1855年 Green check.png Green check.png
ボードイン大学
(Bowdoin College)
メイン州ブランズウィック 1794年 Green check.png Green check.png
コルビー大学
(Colby College)
メイン州ウォータービル 1813年 Green check.png Green check.png
コネチカット・カレッジ
(Connecticut College)
コネチカット州ニューロンドン 1911年 Green check.png
ハミルトン・カレッジ
(Hamilton College)
ニューヨーク州クリントン
ユーティカ郊外)
1812年 Green check.png Green check.png
ハバフォード大学
(Haverford College)
ペンシルベニア州ハバフォード
フィラデルフィア郊外)
1833年 Green check.png
ミドルバリー大学
(Middlebury College)
バーモント州ミドルバリー 1800年 Green check.png Green check.png
スワースモア大学
(Swarthmore College)
ペンシルベニア州スワースモア
(フィラデルフィア郊外)
1864年 Green check.png
トリニティ・カレッジ
(Trinity College)
コネチカット州ハートフォード 1823年 Green check.png Green check.png
タフツ大学
(Tufts University)
マサチューセッツ州メドフォード 1852年 Green check.png Green check.png
ウェズリアン大学
(Wesleyan University)
コネチカット州ミドルタウン 1831年 Green check.png Green check.png Green check.png
ウィリアムズ大学
(Williams College)
マサチューセッツ州ウィリアムズタウン 1793年 Green check.png Green check.png Green check.png

脚注[編集]

  1. ^ [1] H. Greene and M. W. Greene, The Hidden Ivies, 2nd ed., HarperCollins, New York, 2009.