ボエティウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボエティウス

ボエティウス(Anicius Manlius Torquatus Severinus Boethius、480年 - 524年525年)は、イタリアの哲学者、政治家。

生涯と著作[編集]

ローマ貴族の家系に生まれ、幼くして孤児となり貴族シンマクスに養われる。アテナイに留学し、帰国後は「水晶と象牙で飾られた書斎」で研究生活を送る。この前後に恩人シンマクスの娘と結婚している。時のイタリア支配者、東ゴートテオドリック王に仕官し、貨幣制度の改革などに関わる。次第に高位に昇り、510年には執政官となる。522年には彼の息子2人も執政官となるほど王の信任を得ていたが、かつての執政官アルビヌスの反逆に与したという嫌疑でパヴィアに投獄され、処刑された。獄中で韻文混じりの散文で『哲学の慰め』(De consolatione philosophiae)を書き、慰めを古代哲学に求めている。

ボエティウスの思想の根幹はプラトンストア派にあり、理性により感情と外界の障害を克服しようとする。彼はアリストテレスの論理学をラテン語に翻訳し、これが中世のアリストテレス研究の端緒となった。また、ニコマコスエウクレイデスアルキメデスプトレマイオスなどの著作も訳出しギリシア哲学・科学の紹介者として中世思想に大きな影響を与えている。『三位一体論』(De trinitate)、『カトリック信仰論』(De fide catholica)、『エウティケスとネストリウスとを駁して』(Contra Eutycken et Nestorium)などの護教のための論文もある(偽書との説あり)。アリウス派の王に殺されたため、中世では教父の一人のような扱いを受け、「最初のスコラ哲学者」と評されることもある。

また彼は『音楽綱要』(De institutione musica、『音楽教程』)全5巻を著し、プトレマイオスの音階論を踏襲しながら、古代ギリシアの音楽論を伝承した。彼はこの本の中で、音楽を「世界の調和としての音楽(ムジカ・ムンダーナ)」「人間の調和としての音楽(ムジカ・フマーナ)」「楽器や声を通して実際に鳴り響く音楽(ムジカ・インストゥルメンターリス)」に分類している。この本は中世ヨーロッパにおいて広く影響を及ぼした。

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • U.ミヒェルス(編)・角倉一朗(日本版監修)『図解音楽事典』、1989年、白水社
  • 『新音楽辞典 人名』、1982年、音楽之友社