ヒッポリュトス (対立教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
「ヒッポリュトスの殉教」

ヒッポリュトス(Hippolytus, 古希: Ἱππόλυτος,170年? - 235年)は、初期キリスト教対立教皇である(在位:217年 - 235年)。サベリウス主義(のちに異端とされる)を批判し、ローマ教皇カリストゥス1世と対立する。235年、教皇ポンティアヌスとともにローマ皇帝弾圧によりサルデーニャ流罪となり、逝去。多くの著作を残しており、聖ヒッポリュトスと称される(8月13日が記念日とされる)。

参考文献[編集]

  • 『中世思想原典集成(1) 初期ギリシャ教父』所収「ノエトス駁論」(平凡社、1995年)
  • 『聖ヒッポリュトスの使徒伝承』(オリエンス宗教研究所、1987年)