ニュッサのグレゴリオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Gregory of Nyssa.jpg
De virginitate

ニュッサのグレゴリオス335年頃 - 394年以降)は、4世紀キリスト教神学者聖職者である。正教会非カルケドン派カトリック教会聖公会ルーテル教会で聖人。372年よりニュッサ主教を務めたためこのように呼ぶ。日本正教会での表記はニッサの主教聖グリゴリイ[1]。カッパドキア三教父のひとり。ギリシアでとくに尊崇され、「神父のなかの神父」との異名がある。

カッパドキア州カイサレアのキリスト教家庭に生まれた。兄にカイサリアのバシレイオス、姉にマクリナ(ともに聖人)がいる。ナジアンゾスのグレゴリオスとは友人であった。司祭となったグレゴリオスを妻テオズワ(フェオズワ)はよく補佐し、慈善活動に努め、女輔祭と呼ばれた。妻の死後、グレゴリオスはニュッサの主教に選出された。

第1回コンスタンティノポリス公会議(第二全地公会)でアリウス派を反駁した。この反駁を通じ三位一体論の確立に貢献した。またの無限性(三位格の個の無限な交互浸透)についての神学を確立した。

書簡、マクリナ伝(姉マクリナの伝記)、雅歌講話などの著作が残っている。

正教会での記憶日はユリウス暦1月10日(グレゴリオ暦の1月23日に相当)[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『正教会暦 2009年』日本ハリストス正教会教団

関連項目[編集]