ナジアンゾスのグレゴリオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナジアンゾスのグレゴリオス
(神学者グリゴリイ)
ナジアンゾスのグレゴリオス(神学者グリゴリイ)のイコンアトス山シモノペトラ修道院所蔵)。
正教会で)成聖者神学者・大司祭首
西方教会で)教会博士
他言語表記 : Γρηγόριος Ναζιανζηνός
生誕 329年
死没 389年
崇敬する教派 正教会
東方諸教会
カトリック教会
聖公会
ルーテル教会
記念日

正教会

カトリック教会

米国聖公会

ナジアンゾスのグレゴリオス329年 - 389年1月25日)は、ギリシア教父のひとり、4世紀東ローマ帝国キリスト教神学者、聖職者である。正教会カトリック教会聖人日本ハリストス正教会では神学者グリゴリイと呼ばれる。日本のカトリック教会ではナジアンズの聖グレゴリオ[1][2]あるいは聖グレゴリオ(ナジアンズ)司教教会博士[3][4]といった表記が用いられる。

キリスト教徒の家庭に育ち、はじめカエサレアに、のちにアテナイに大バシレイオス(大ワシリイ)とともに学ぶ。のち361年にナジアンゾスに戻り、そこの主教に任命される。378年アンティオキア教会会議によってコンスタンティノポリス大主教に選出され、グレゴリオスもこれを承諾してコンスタンティノポリスに移ったが、同地のアリウス派アポリナリウス派の反対を受け、379年教会内で群集に襲われ負傷する事件があった。またこの任命は主教の移動を禁じた教会法に触れるため後に381年第1回コンスタンティノポリス公会議で取り消されたが、グレゴリオスはこの公会議の議長を務めた。説教集や異端論駁などの著作を残す。

正教会では特に崇敬され、「神学者」の称号で呼ばれる。正教会でこの称号をもつ聖人は他に2人だけである(新神学者シメオンも入れれば3人)。

中世半ばから、正教会では、大バシレイオス、ナジアンゾスのグレゴリオス、ヨハネス・クリュソストモス(金口イオアン)の3人は三成聖者として合同の祭りをもつようになった。

脚注[編集]

  1. ^ 『YOUCAT(日本語)――カトリック教会の青年向けカテキズム』日本カトリック司教協議会青少年司牧部門訳、カトリック中央協議会、2013年6月30日、ISBN:978-4-87750-174-7、p274
  2. ^ 教皇ベネディクト十六世の103回目の一般謁見演説”. カトリック中央協議会 (2007年8月23日). 2014年4月19日閲覧。
  3. ^ Laudate 聖人カレンダー”. 聖パウロ女子修道会. 2014年4月19日閲覧。
  4. ^ 毎日のみことば - 1月2日 聖バジリオ・聖グレゴリオ(ナジアンズ)司教教会博士(記念日)”. 霊性センター「せせらぎ」 (2014年1月2日). 2014年4月19日閲覧。

関連項目[編集]