カイサリアのバシレイオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カイサリアのバシレイオス
(聖大ワシリイ)
カイサリアのバシレイオス(聖大ワシリイ)の細密画(15世紀アトス山
正教会で)
成聖者神学者・聖神父・大司祭首
西方教会で)
教会博士
他言語表記 : Βασίλειος Καισαρείας
生誕 330年
カイセリ
死没 379年
カイセリ
崇敬する教派 正教会
東方諸教会
カトリック教会
聖公会
ルーテル教会
記念日

正教会

カトリック教会聖公会

カイサリアのバシレイオス(カエサレアのバシリウス)(ギリシア語: Βασίλειος Καισαρείας, ラテン語: Basilius Caesariensis, 330年頃 - 379年)は、ギリシャ教父4世紀の最も重要なキリスト教神学者の一人である。カイサリア(現在のカイセリ)の主教司教)を勤めたことからこの名があり、大バシレイオスギリシア語: Μέγας Βασίλειος, Άγιος Βασίλειος ο Μέγας, ラテン語 : Basilius Magnus)とも呼ばれる。聖人の概念を持つ全ての教派で、聖人として崇敬されている。三位一体論の形成など異端反駁の一方、正教会で用いられる聖体礼儀奉神礼文を整備したことでも知られる。日本正教会での正式な称号を伴った呼び名は「我が聖神父カッパドキヤのケサリヤの大主教大ワシリイ[1]

転写[編集]

バシレイオスΒασίλειος, ギリシャ語の慣用形)の名は、バシレイウスバシレウスバシリウス(Basilius, ラテン語形)等とも表記される。日本ハリストス正教会では、中世のギリシャ語であるヴァシリオスを反映した教会スラヴ語転写を、ロシア語風に再建した音(ロシア正教会奉神礼で用いられる読み)から転写して聖大ワシリイと呼ぶ。ロシア語ではヴァシーリーВасилий)にあたる。

生涯[編集]

カッパドキア(現在のトルコ)の裕福なキリスト教徒の家庭に生まれる。コンスタンティノポリス、またアテナイに遊学し、哲学を学ぶ。アテナイで同郷のナジアンゾスのグレゴリオスと出会い、親交を結ぶ。アテナイでキリスト教信仰に深く傾倒したバシレイオスは、カパドキアに戻ったのちは、隠棲して一種の修道生活を送っていた。「大ワシリイの修道規則」と呼ばれるその修道生活の指針は、東方一帯に渡っていまも影響力をもっている。第1回コンスタンティノポリス公会議(360年)に出席し、アタナシオスと接近する。のち乞われて教会行政に携わる。カイサリアで司祭を務め、エウセビオスからの圧力でしばらく教会行政から離れる。エウセビオスの死後、370年よりカイサリア主教(司教)。サベリウス主義への反駁に務める。著書に『ヘクサエメロン』(Εξαήμερος Δημιουργία, 370年頃)[2]などがある。貧しい人のためにバシレイアドスという町を建設した[3]

影響[編集]

正教会では特に崇敬され、中世半ばから、ナジアンゾスのグレゴリオスヨハネス・クリュソストモスとともに三成聖者として合同の祭りをもつようになった。なお東京復活大聖堂(ニコライ堂)の東面(至聖所)の二枚のステンドグラスはこの三成聖者のうち、大バシレイオスと金口イオアンのイコンである(南側ステンドグラスが大バシレイオス、北側ステンドグラスが金口イオアン)。

正教会で大斎の主日等で用いられる「聖大ワシリイ聖体礼儀」は彼に帰せられるが、現在使われている形は彼より後に整備されたものであると考えられる。ただし彼がカイサリア主教として、当時の典礼文の蒐集と整理に努めたことは、ほぼ確実視されている。

脚注[編集]

  1. ^ 『正教会暦 2009年』日本ハリストス正教会教団
  2. ^ 上智大学中世思想研究所 宮本久雄編訳・監修 『中世思想原典集成2 盛期ギリシア教父』 平凡社、1996年、281-301ページに収録されている。
  3. ^ 教皇ベネディクト十六世の101回目の一般謁見演説

著作[編集]

 日本語で読める著作を下記に挙げる。

  • 『修道士大規定』(桑原直己訳、上智大学中世思想研究所 (編) 『中世思想原典集成2 盛期ギリシア教父』平凡社、1992年、171–280頁)
  • 『聖霊論』(山村敬『聖大バシレイオスの「聖霊論」』南窓社、1996年)
  • 『富める者について』(小高毅訳、小高毅 (編)『古代教会の説教』教文館、 89–109頁、2012年)
  • 『飢饉と旱魃の時期に語られた説教』(土井健司訳「カイサリアのバシレイオス『飢饉と旱魃の時期に語られた説教』」『神学研究』57、67–81頁、2010年)
  • 『ヘクサエメロン(創造の六日間)』(第一講話のみ)(出村和彦訳、上智大学中世思想研究所(編)『中世思想原典集成2 盛期ギリシア教父』平凡社、281–301頁、1992年)
  • 『書簡集』(第2書簡、第22書簡、第210書簡)(出村和彦訳、上智大学中世思想研究所(編訳・監修)『中世思想原典集成2 盛期ギリシア教父』平凡社、303–327頁、1992年)
  • 『第217書簡』(抄訳)(小高毅訳、小高毅 (編)『原典キリスト教思想史2 ギリシア教父』教文館、145–147頁、2002年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]