使徒教父

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

使徒教父(しときょうふ、ギリシア語: Αποστολικοί Πατέρες, ラテン語: Patres Apostolici, 英語: Apostolic Fathers)は、1世紀末から2世紀前半にかけての、新約聖書に収められた文書以外の、主要な文書を執筆した者達の総称[1]

そのまま語義をとれば「使徒時代の教父」となるが、実際にはその執筆された文書群は使徒後時代に位置づけられる[1]。「使徒教父」の術語の起源は近世(17世紀後半)にあり、コテリエ(J.B.Cotelier)が1672年に使徒教父の著作集を出版したのが嚆矢となっている[2]

使徒教父としては以下が挙げられる。

使徒教父による文書として以下が挙げられる[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『キリスト教大事典 改訂新版』484頁、教文館、昭和52年 改訂新版第四版
  2. ^ APOSTOLIC FATHERS (1911 Encyclopedia Britannica)

外部リンク[編集]