チャド・ジョンソン (アメリカンフットボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャド・ジョンソン

Chad Johnson

Chad Johnson 2007.jpg
2007年のマンデーナイトフットボールでのオチョシンコ
ワイドレシーバー
生年月日:1978年1月9日(36歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国フロリダ州マイアミ
身長:6' 1" =約185.4cm 体重:192 lb =約87.1kg
NFLデビュー
2001年シンシナティ・ベンガルズ
経歴
大学オレゴン州立大学
NFLドラフト2001年 / 2巡目(全体の36番目)
 所属チーム:
通算成績
(2011年までの成績)
レシーブ     766回
獲得ヤード     11,059ヤード
タッチダウンレシーブ     67回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録
  • プロボウル選出:6回(2003年-2007年、2009年)
  • オールプロ選出:2回(2005年、2006年)

チャド・ジョンソン(Chad Johnson 1978年1月9日- )はフロリダ州マイアミ出身のアメリカンフットボール選手。NFLマイアミ・ドルフィンズに所属している。ポジションはワイドレシーバー。これまでにプロボウルに6回、オールプロに3回選出されている。2008年シーズン中に背番号85に基づきチャド・ジョンソンからチャド・オチョシンコ(Chad Johnson Ochocinco)に改名した。結婚を機に2012年7月、チャド・ジョンソンに本名を戻した。

経歴[編集]

NFL入りまで[編集]

高校卒業後、彼はオクラホマ州ラングストンにあるアフリカ系アメリカ人向けの大学であるラングストン大学に進学したがそこではアメリカンフットボールをしなかった。その後、カリフォルニア州サンタモニカカレッジに転校し、現在カロライナ・パンサーズに所属するワイドレシーバーのスティーブ・スミスとチームメートになった。2000年にはデニス・エリクソンヘッドコーチのオレゴン州立大学からリクルートされて転校、ベンガルズでチームメートとなるT・J・フーシュマンザーデと共にプレーした。チームはその年11勝1敗で終えてフィエスタボウルではノートルダム大学を破った。またスタンフォード大学戦では大学記録となる97ヤードのタッチダウンレシーブを決めた。

シンシナティ・ベンガルズ[編集]

2001年のNFLドラフト2巡目でシンシナティ・ベンガルズに指名されて入団した。1年目は28回のキャッチで329ヤードを獲得、1タッチダウンといった成績だったが2年目から先発に定着、2003年にはチーム記録となるシーズン1,355ヤードを獲得した。2004年には95回のキャッチで1,274ヤードを獲得、9タッチダウンをあげた。この年のクリーブランド・ブラウンズ戦では117ヤードを獲得し58-48での勝利に貢献した。2005年には1,432ヤードを獲得しチーム記録を更新した。4シーズン連続でAFCのレシービングヤードトップ、2003年から2007年まで5年連続でプロボウルに選出されている。

2006年4月20日に2011年まで契約を延長した[1]。その年前半は怪我もあり第8週までにわずか483ヤード獲得、2タッチダウンしかあげていなかったがサンディエゴ・チャージャーズでは260ヤードを獲得、2タッチダウンと1試合でのチーム記録を更新した。翌週のニューオーリンズ・セインツ戦でも190ヤードを獲得、3タッチダウンをあげて31-16の勝利に貢献した。連続する2試合での450ヤード獲得は1989年にジョン・テイラーが作った448ヤードを更新するNFL記録となった。翌週も129ヤードを獲得し、3試合連続のレシーブ記録としては1970年のNFLとAFLの統合以来最高、それ以前も含めた記録に40ヤードと迫った。この年彼は87回のキャッチでNFLトップの1,369ヤードを獲得、7タッチダウンをあげた。フーシュマンザーデも1,000ヤード以上を獲得、チーム史上初めて2人のレシーバーが1,000ヤード以上達成した。この年のプロボウルのファン投票では987,650票を獲得しワイドレシーバー部門のトップとなった。

2007年にチームメートのクリス・ヘンリーがフィールド外のトラブルでNFLコミッショナーのロジャー・グッデルから8試合の出場停止を課される前、ESPNのインタビューでヘンリーがいかに真剣にフットボールに取り組んでいるか語った。

2007年のボルチモア・レイブンズとの開幕戦ではカーソン・パーマーからの39ヤードのTDパスを決めた後、将来のプロフットボール殿堂入りを予告するようなジャケット(Future H.o.F 20??と書かれた)を羽織った。第2週のクリーブランド・ブラウンズ戦では11回のキャッチで209ヤードを獲得したがチームは45-51で敗れた。この試合でアイザック・カーティスが持っていたチームの通算レシーブヤード記録を更新した。第9週のバッファロー・ビルズ戦でドンテ・ホイットナーコイ・ワイアーにサンドイッチにされて病院に直行してCTスキャンの結果異状がないことが判明、翌週以降の試合を欠場することはなかった。11月25日のテネシー・タイタンズとの試合では自己ベストの12回のキャッチで103ヤードを獲得、3タッチダウンをあげた。この試合での活躍で6シーズン連続で1000ヤードを超えるレシーブを達成、カール・ピケンズが作ったチーム記録を更新した。第15週にはフーシュマンザーデも1000ヤードのレシーブを達成、2年連続でチームには2人の1000ヤードレシーバーが誕生した。この年93回のキャッチで自身が2005年に作った記録を更新する1,440ヤードを獲得、3回目の記録更新となった。この年彼とフーシュマンザーデは共にプロボウルに出場した。

2008年のオフシーズンに2008年、2009年のドラフト1巡目指名権と引き替えでワシントン・レッドスキンズとのトレード話がもちあがったがこの話はまとまらなかった[2]。6月18日に足首の手術を行い、8月5日にチームに合流した。8月17日のデトロイト・ライオンズとのプレシーズンゲームで左肩を負傷し退場した。

2008年チームはエースQBのカーソン・パーマーがシーズン早々に負傷して戦線離脱、開幕から8連敗を喫した。彼の成績もあがらず最初の4試合で11回のレシーブ、116ヤードの獲得、1タッチダウンにとどまった。続くジャクソンビル・ジャガーズで5回のレシーブで37ヤードを獲得、2タッチダウンをあげる活躍でチームは21-19で勝利し連敗が止まった。この年彼は53回のキャッチで540ヤード、4タッチダウンにとどまりルーキーシーズンを除くと自己最低の成績に終わった。

2009年のオフシーズンにはフィラデルフィア・イーグルスニューヨーク・ジャイアンツが彼の獲得に興味を持っていることが報じられた。4月にはマービン・ルイスヘッドコーチがオチョシンコのトレードを予想する報道がしきりにされることに不満をもらした[3]

7月9日にTwitterを試合中に使用する予定であることを明かした[4]。その後NFLは選手が試合前にTwitterを使用することを禁じた[5]

8月20日のニューイングランド・ペイトリオッツ戦では負傷したプレースキッカーのシェーン・グレアムに代わってエクストラポイントを決めて[6][7]7-6でチームは勝利した。この年72回のキャッチで1,047ヤードを獲得、9タッチダウンをあげた。この年負傷したウェス・ウェルカーに代わり6度目となるプロボウルに選ばれた。これはベンガルズのWRとしてはリマー・パリッシュに並ぶチーム記録となった。

この年の最終週とディビジョナルプレーオフではチームはニューヨーク・ジェッツと対戦したが第17週の対戦前にマッチアップが予想されるダレル・リーヴィスマンハッタン電話ボックスの中でも俺をカバーすることはできないと挑発する発言を行った[8]

ニューイングランド・ペイトリオッツ[編集]

ペイトリオッツ時代のオチョシンコ

2011年の年俸が600万ドルと高額であった彼は[9]ドラフト1巡でチームがA・J・グリーンを指名したこともあり、7月にドラフト下位指名権と引き換えにニューイングランド・ペイトリオッツへの移籍が決定した[10][11]。ベンガルズで前年まで彼がつけており、オチョシンコの意味、85番はアーロン・ヘルナンデスがつけていたが、無償で譲渡された[12]。移籍1年目の2011年は15回のキャッチで276ヤード、1TDに終わった[13]。この年ペイトリオッツは第46回スーパーボウル出場を果たしたが、控えレシーバーとして出場することに不満はないか質問した記者に対して夢だったスーパーボウル出場がかなったのに不満などないと述べている[14]。2012年6月7日,ペイトリオッツから解雇された[15]。残留に向けて3月には2012年の年俸ベースを300万ドルから100万ドルに契約見直しを行った[16]

マイアミ・ドルフィンズ[編集]

2012年6月11日,マイアミ・ドルフィンズと1年契約を結んだ[17]。同年7月、結婚を機にチャド・ジョンソンに名前を戻した。8月11日、新婚の妻に暴力を振るった疑いで逮捕された。NFL入り後ジョンソンが逮捕されたのは初めてのことであった[18]。その後、ドルフィンズから放出された[19]。この件では、執行猶予となったが、2013年5月、保護観察官との面談をさぼったため、逮捕された。6月10日、法廷での不真面目な態度を理由として、30日間の禁錮の判決を受けた[20]

主な記録[編集]

ベンガルズ記録
  • シーズンレシーブヤード記録 1,440ヤード
  • 通算レシーブ獲得ヤード
  • 通算レシーブ回数
  • 1試合でのレシーブヤード記録 260ヤード
  • レシーブ1000ヤード以上獲得シーズン 7シーズン
  • 1試合最多タッチダウンレシーブ 3回(タイ記録)

プレースタイル[編集]

タッチダウンセレブレーションを好んでおりリーグがタッチダウンセレブレションを制限した際には猛反対をした。クリーブランド・ブラウンズ戦ではブラウンズの熱狂的ファンが陣取るドッグ・パウンドに飛び込もうとして阻止されたり[21]グリーンベイ・パッカーズの本拠地、ランボー・フィールドでの試合を前にしてランボー・リープを狙ったり[22][23]同地区のライバルであるピッツバーグ・スティーラーズ戦を前にスティーラーズの本拠地であるハインツ・フィールド命名権を得ているハインツ社の主力商品であるマスタードを送ろうとしたがマービン・ルイスヘッドコーチに阻止された[24]

NFLからの罰金を恐れずにパフォーマンスを行っており、2009年11月のボルチモア・レイブンズ戦ではパス捕球成功のコールがされた後、レイブンズがチャレンジした際に審判に1ドル札を賄賂として渡すパフォーマンスをした際には2万ドルの罰金[25]を受けた。また12月6日の試合ではメキシコ民族衣装であるソンブレロをかぶり、ボレロを身にまとって3万ドルの罰金を受けた[26][27]

また2006年のサンディエゴ・チャージャーズ戦ではショーン・メリマンがQBサックした際に見せるダンスを披露した[28]

2009年12月17日に亡くなったクリス・ヘンリーのユニフォームを次の試合で着用しようと考えたが騒ぎが大きくなることを考慮してとりやめている[29]

2010年8月25日、プレシーズンゲームのキックオフ90分前を切った時間におけるTwitterへの書き込みで2万5000ドルの罰金を科された[30][31]

改名[編集]

2006年10月25日にスペイン語85を"Ochenta y cinco"と呼ぶことからOcho Cincoと改名したと発表、10月29日のアトランタ・ファルコンズ戦で彼はチャド・ジョンソンではなくOcho Cincoと書かれたユニフォームで登場した。試合中にはオチョシンコと書かれたユニフォームで出場しなかったものの5,000ドルの罰金が課された[32]。その後2008年8月29日に法的に本名をオチョシンコに変更した[33]が、2008年はリーボックとNFLの契約もありチャド・ジョンソンの名前が書かれたユニフォームでプレーを続けた[34]。2009年のプレシーズンゲームからオチョシンコの名前が入ったユニフォームでプレーすることが許可された[33]

2011年、自身の名前を再びチャド・ジョンソンに戻したい意向を明らかにした[35]。2012年には名前を戻したい理由を夏に結婚を控えている「妻に作り上げた姓を名乗って欲しくないから」と語った[36]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ベンガルズ WRチャド・ジョンソンと契約延長”. TSPスポーツ (2006年4月21日). 2010年2月20日閲覧。
  2. ^ Skins offer '08 first-rounder, '09 pick for Johnson; Cincy says no”. ESPN (2008年4月23日). 2010年2月20日閲覧。
  3. ^ ベンガルズHC、オチョシンコのトレード報道にうんざり”. NFL JAPAN (2009年4月22日). 2010年2月20日閲覧。
  4. ^ Bengals' Ochocinco plans to Tweet during games”. daytondailynews.com (2009年7月9日). 2010年2月20日閲覧。
  5. ^ オチョシンコがツウィッター禁止規約の抜け穴発見?”. NFL JAPAN (2010年9月10日). 2010年2月20日閲覧。
  6. ^ サッカー大好きWRオチョシンコ、急きょKで出場も「キックは楽勝」”. NFL JAPAN (2009年8月21日). 2010年2月20日閲覧。
  7. ^ ベンガルズのWRオチョシンコ、プロボウルでキック挑戦か?”. NFL JAPAN (2010年1月29日). 2010年2月20日閲覧。
  8. ^ 「俺をカバーできない」、オチョシンコがレビスに宣戦布告”. NFL JAPAN (2009年12月31日). 2010年2月20日閲覧。
  9. ^ WRオチョシンコ、最適の移籍先候補チームは?”. NFL JAPAN (2011年5月18日). 2011年8月2日閲覧。
  10. ^ WRオチョシンコ、ペイトリオッツにトレード移籍”. NFL JAPAN. 2011年8月2日閲覧。
  11. ^ WRオチョシンコ、背番号85で新天地デビュー”. NFL JAPAN (2011年7月30日). 2011年8月2日閲覧。
  12. ^ オチョシンコが無口キャラに?「俺はカメレオンだから」”. NFL JAPAN (2011年7月31日). 2011年8月2日閲覧。
  13. ^ WRオチョシンコ、父親の葬儀のため南フロリダへ”. NFL JAPAN (2012年1月22日). 2012年1月22日閲覧。
  14. ^ 近藤祐司 (2012年2月3日). ““悪童”から優等生に変貌 夢の舞台に立つオチョシンコ【後編】”. NFL JAPAN. 2012年6月17日閲覧。
  15. ^ ペイトリオッツ、WRオチョシンコを解雇”. NFL JAPAN (2012年6月8日). 2012年6月17日閲覧。
  16. ^ WRオチョシンコ、残留へ契約見直し実施”. NFL JAPAN (2012年3月26日). 2012年6月17日閲覧。
  17. ^ WRオチョシンコ、ドルフィンズと1年契約で合意”. NFL JAPAN (2012年6月12日). 2012年6月17日閲覧。
  18. ^ WRジョンソン、新婚妻へのDVでキャリア初逮捕”. NFL JAPAN (2012年8月12日). 2012年8月21日閲覧。
  19. ^ ドルフィンズ、新妻へのDVで逮捕のWRジョンソンを放出”. NFL JAPAN (2012年8月13日). 2012年8月23日閲覧。
  20. ^ 元WRジョンソン、法廷での不真面目な態度で刑務所入り決定” (2013年6月11日). 2013年6月18日閲覧。
  21. ^ http://jimikei.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2007/09/17/fulljgetty75557839gs002_cincinnati_.jpg
  22. ^ オチョシンコ、敵地で “ランボー・リープ” に挑戦?”. NFL JAPAN (2009年9月17日). 2010年2月20日閲覧。
  23. ^ Chad Ochocinco planted those Bengals fans in the endzone”. Yahoo!スポーツ (2009年9月23日). 2010年2月20日閲覧。
  24. ^ ベンガルズHC、WRオチョシンコのマスタード送付を阻止”. NFL JAPAN (2009年11月12日). 2010年2月20日閲覧。
  25. ^ WRオチョシンコ、審判にわいろのジョークで罰金処分”. NFL JAPAN (2009年12月10日). 2010年2月20日閲覧。
  26. ^ オチョシンコまた罰金、TD後の“コスプレ”で約270万円”. NFL JAPAN (2009年12月9日). 2010年2月20日閲覧。
  27. ^ 罰金常習のオチョシンコ、パフォーマンス続行を明言”. NFL JAPAN (2009年12月10日). 2010年2月20日閲覧。
  28. ^ オチョシンコ、因縁のメリマンに「かかってこい」”. NFL JAPAN (2009年12月17日). 2010年2月20日閲覧。
  29. ^ オチョシンコ、ヘンリーのジャージーを着る案は取り止め”. NFL JAPAN (2009年12月20日). 2010年2月20日閲覧。
  30. ^ オチョシンコ、ツイッター書き込みで罰金200万円”. NFL JAPAN (2010年8月25日). 2011年8月2日閲覧。
  31. ^ 近藤祐司 (2010年8月27日). “高級時計2個分の罰金も気にしない!“お騒がせ”なオチョシンコ【前編】”. NFL JAPAN. 2011年8月2日閲覧。
  32. ^ Chad Johnson to cough up $5K for 'Ocho Cinco' stunt”. ESPN (2006年11月3日). 2010年2月20日閲覧。
  33. ^ a b ジョンソンから「オチョシンコ」へ、NFLが登録名変更を許可”. NFL JAPAN date=2009-05-15. 2010年2月20日閲覧。
  34. ^ WRチャド・ジョンソン賠償金が障害「オチョシンコ」は来季から”. TSPスポーツ (2008年10月24日). 2010年2月20日閲覧。
  35. ^ WRオチョシンコ、再びジョンソンに改名へ”. NFL JAPAN (2011年1月26日). 2012年6月17日閲覧。
  36. ^ 結婚式控えるWRオチョシンコ、再びジョンソンに改名か”. NFL JAPAN (2012年2月10日). 2012年6月17日閲覧。
  37. ^ Chad Johnson Covers NFL Street 3” (2006年6月24日). 2010年2月20日閲覧。
  38. ^ Ochocinco, Ragnar meet and make nice”. スター・トリビューン (2009年12月13日). 2010年2月20日閲覧。
  39. ^ オチョシンコ・ニュース・ネットワーク、スーパーボウル密着取材”. NFL JAPAN (2010年2月2日). 2010年2月20日閲覧。
  40. ^ NFL lockout would force Ochocinco to become Ochocincodinho” (2010年2月17日). 2010年2月20日閲覧。
  41. ^ オチョシンコがMLSトライアウト受験、「息切れも予想通り」”. NFL JAPAN (2011年3月24日). 2011年8月2日閲覧。
  42. ^ オチョシンコ、MLSトライアウト2日目を終了”. NFL JAPAN (2011年3月25日). 2011年8月2日閲覧。
  43. ^ NFLスター選手がMLSの名誉選手に” (2011年3月31日). 2011年4月4日閲覧。
  44. ^ オチョシンコが雄牛乗りにチャレンジ、その結果は?”. NFL JAPAN (2011年5月15日). 2011年8月2日閲覧。
  45. ^ オーナーがオチョシンコに忠告、「欲しいのはフットボール選手」”. NFL JAPAN (2011年5月26日). 2011年8月2日閲覧。
  46. ^ オチョシンコ、無免許運転認めて罰金確定”. NFL JAPAN (2012年2月7日). 2012年6月17日閲覧。
  47. ^ 渡辺史敏 (2012年3月9日). “オチョシンコが遭遇した驚きの“事件”とは? publisher=NFL JAPAN”. 2012年6月17日閲覧。

外部リンク[編集]