2005年のNFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2005年のNFL
レギュラーシーズン
日程 2005年9月8日 - 2006年1月1日
プレイオフ
開幕日 2006年1月7日
AFC優勝 ピッツバーグ・スティーラーズ
NFC優勝 シアトル・シーホークス
第40回スーパーボウル
開催日 2006年2月5日
開催都市 ミシガン州デトロイト
スタジアム フォード・フィールド
チャンピオン ピッツバーグ・スティーラーズ
プロボウル
開催日 2006年2月12日
開催都市 ハワイ州ホノルル
スタジアム アロハ・スタジアム
NFLシーズン
 < 2004 2006 > 

2005年のNFL2005年9月8日NFL86回目のレギュラーシーズンが開幕し、2006年2月5日ミシガン州デトロイトで開催された第40回スーパーボウルを経て、2月5日ハワイ州ホノルルでプロボウルが開催されて終了した。

主なルール変更[編集]

ホースカラータックル英語版が反則となり、15ヤードの罰退が与えられることとなった[1]

背後から腰回りにブロックするピールバックブロックが反則となり、15ヤードの罰退が与えられることとなった[2]

日程[編集]

レギュラーシーズン[編集]

2005年のレギュラーシーズンは9月8日に開幕し、翌年1月1日に全17週の日程を終了した。

日程は上記の経緯で規定されたNFLの規則によって組まれ、各チームは同地区のチームと各2試合(ホーム&アウェイ、計6試合)、カンファレンス内の他地区1地区と総当たり各1試合(計4試合)、カンファレンス外1地区と総当たり各1試合(計4試合)、カンファレンス内で前述以外の地区の前年シーズン同順位チームと各1試合(計2試合)、計16試合を行った。

2005年の地区外との対戦ルールは以下のようである。

カンファレンス内

カンファレンス外

レギュラーシーズン順位表[編集]

  • 背景色が緑のチームはプレイオフ進出チーム
  • 括弧内はプレイオフシード順
AFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
(4) ニューイングランド・ペイトリオッツ 10 6 .625 379 338
マイアミ・ドルフィンズ 9 7 .562 318 317
バッファロー・ビルズ 5 11 .312 271 367
ニューヨーク・ジェッツ 4 12 .250 240 355
AFC北地区
チーム 勝率 得点 失点
(3) シンシナティ・ベンガルズ 11 5 .688 421 350
(6) ピッツバーグ・スティーラーズ 11 5 .688 389 258
ボルチモア・レイブンズ 6 10 .375 265 299
クリーブランド・ブラウンズ 6 10 .375 232 301
AFC南地区
チーム 勝率 得点 失点
(1) インディアナポリス・コルツ 14 2 .875 439 247
(5) ジャクソンビル・ジャガーズ 12 4 .750 361 269
テネシー・タイタンズ 4 12 .250 299 421
ヒューストン・テキサンズ 2 14 .125 260 431
AFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
(2) デンバー・ブロンコス 13 3 .812 395 258
カンザスシティ・チーフス 10 6 .625 403 325
サンディエゴ・チャージャーズ 9 7 .562 418 312
オークランド・レイダーズ 4 12 .250 290 383
NFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
(4) ニューヨーク・ジャイアンツ 11 5 .688 422 314
(6) ワシントン・レッドスキンズ 10 6 .625 359 293
ダラス・カウボーイズ 9 7 .562 325 308
フィラデルフィア・イーグルス 6 10 .375 310 388
NFC北地区
チーム 勝率 得点 失点
(2) シカゴ・ベアーズ 11 5 .688 260 202
ミネソタ・バイキングス 9 7 .562 306 344
デトロイト・ライオンズ 5 11 .312 254 345
グリーンベイ・パッカーズ 4 12 .250 298 344
NFC南地区
チーム 勝率 得点 失点
(3) タンパベイ・バッカニアーズ 11 5 .688 300 274
(5) カロライナ・パンサーズ 11 5 .688 391 259
アトランタ・ファルコンズ 8 8 .500 351 341
ニューオーリンズ・セインツ 3 13 .188 235 398
NFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
(1) シアトル・シーホークス 13 3 .812 452 271
セントルイス・ラムズ 6 10 .375 363 429
アリゾナ・カージナルス 5 11 .312 311 387
サンフランシスコ・49ers 4 12 .250 239 428


プレイオフ[編集]

トーナメント表[編集]

                                   
1月8日
ジャイアンツ・スタジアム
  1月15日
ソルジャー・フィールド
         
 5  パンサーズ  23
 5  パンサーズ  29
 4  ジャイアンツ  0     1月22日
クエスト・フィールド
 2  ベアーズ  21  
NFC
1月7日
レイモンド・ジェームス・スタジアム
 5  パンサーズ  14
1月14日
クエスト・フィールド
   1  シーホークス  34  
 6  レッドスキンズ  17 NFC チャンピオンシップ
 6  レッドスキンズ  10
 3  バッカニアーズ  10   2月5日
フォード・フィールド
 1  シーホークス  20  
ワイルドカード・プレイオフ  
ディビジョナル・プレイオフ
1月8日
ポール・ブラウン・スタジアム
 N1  シーホークス  10
1月15日
RCAドーム
   A6  スティーラーズ  21
 6  スティーラーズ  31 第40回スーパーボウル
 6  スティーラーズ  21
 3  ベンガルズ  17     1月22日
インベスコ・フィールド
 1  コルツ  18  
AFC
1月7日
ジレット・スタジアム
 6  スティーラーズ  34
1月14日
インベスコ・フィールド
   2  ブロンコス  17  
 5  ジャガーズ  3 AFC チャンピオンシップ
 4  ペイトリオッツ  13
 4  ペイトリオッツ  28  
 2  ブロンコス  27  
  • 対戦カードはシード順で決定され、そのラウンドに登場する最上位チームが最下位チームとホームで対戦、残った2チームが上位チームのホームで対戦する[3]
  • チーム名の左の数字はシード順。
  • * は延長戦決着

受賞者[編集]

受賞者 ポジション チーム
スーパーボウルMVP ハインズ・ウォード WR ピッツバーグ・スティーラーズ
MVP ショーン・アレキサンダー RB シアトル・シーホークス
最優秀コーチ ラビー・スミス HC シカゴ・ベアーズ
最優秀攻撃選手 ショーン・アレキサンダー RB シアトル・シーホークス
最優秀守備選手 ブライアン・アーラッカー LB シカゴ・ベアーズ
最優秀新人攻撃選手 カーネル・ウィリアムズ RB タンパベイ・バッカニアーズ
最優秀新人守備選手 ショーン・メリマン LB サンディエゴ・チャージャーズ
カムバック賞 スティーブ・スミス
テディ・ブルスキ
WR
LB
カロライナ・パンサーズ
ニューイングランド・ペイトリオッツ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Eric O'Keefe (2005年5月27日). “Roy Williams Will Play by Rules, Including His Own”. ニューヨーク・タイムズ. 2013年1月2日閲覧。
  2. ^ ジェッツG、クッシングを今季絶望にしたブロックで罰金処分”. NFL JAPAN (2012年10月12日). 2012年10月21日閲覧。
  3. ^ ワイルドカードプレイオフの第3シード対第6シードの結果によって、ディヴィジョナルプレイオフの対戦カードが変わることになる