デリック・ジョンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デリック・ジョンソン

Derrick Johnson
カンザスシティ・チーフス No. 56

Derrick Johnson.JPG
ラインバッカー
生年月日:1982年11月22日(32歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テキサス州ウェーコ
身長:6' 3" =約190.5cm 体重:242 lb =約109.8kg
NFLデビュー
2005年カンザスシティ・チーフス
経歴
大学テキサス大学
NFLドラフト2002年 / 1巡目(全体の15番目)
 所属チーム:
通算成績
(2013年までの成績)
タックル     870回
サック     22.5回
インターセプト     11回
ファンブルフォース     20回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録
  • ディック・バトカス賞(2004年)
  • ブロンコ・ナグルスキー賞(2004年)
  • ジャック・ランバート賞(2004年)
  • マック・リー・ヒル賞(2005年)
  • プロボウル選出2回:(2011年、2013年)

デリック・ジョンソン(Derrick "DJ" Johnson 1982年11月22日- )はテキサス州ウェーコ出身のアメリカンフットボール選手。ポジションはラインバッカー。兄のドワイト・ジョンソンはNFLでプレーしたことがあるディフェンシブエンド[1]

経歴[編集]

高校時代には170タックル(103タックル)、6.0サック、5ファンブルフォース、2インターセプト(1回はリターンタッチダウンをあげた。)の成績を残した。ある試合では30タックル、4ファンブルフォースを記録した。2000年にセドリック・グリフィンジョナサン・スコットらと共にUSアーミー・オールアメリカンボウルに出場している。

その後、テキサス大学に進学した彼は4年次にディック・バトカス賞ブロンコ・ナグルスキー賞ジャック・ランバート賞を受賞、チームは10勝1敗の成績を残し2005年1月1日のローズボウルではミシガン大学を破った。

2005年NFLドラフト1巡目でカンザスシティ・チーフスに指名された。1ヶ月ほどホールドアウトした後、彼はチーフスと5年間1,040万ドルの契約を結んだ[2]。この年全16試合全てで先発出場を果たしたがこれはチーフスの新人ラインバッカーとしては20年ぶりのことであった。そして彼はマック・リー・ヒル賞(その年最も活躍したチーフスの新人に送られる賞)を受賞した。

2009年シーズン途中に足首の負傷でデモリオ・ウィリアムズに先発の座を奪われたが、2010年シーズン、先発に復帰し好スタートを切ったチーフス守備陣の中で多くのタックルをマークしている[3]。11月、5年間で3400万ドル(1500万ドルの保証を含む)の契約延長を果たした[4][3]

2010年1月3日のデンバー・ブロンコス戦で相手QBカイル・オートンのパスを2回インターセプトし、いずれもリターンタッチダウンをあげた[5]。ラインバッカーの選手が1試合で2インターセプトリターンタッチダウンをあげたのは1970年にNFLがAFLと統合して以来ケン・ノートン・ジュニアに続いて史上2人目のことであった[6]

2010年、第15週のセントルイス・ラムズ戦では13タックルをあげて勝利に貢献、AFCの週間MVP守備部門に選ばれた[7]

2011年サンディエゴ・チャージャーズ戦では13タックル、1サック、1インターセプトをあげる活躍でオーバータイムでの勝利に貢献、4度目の週間MVPに選ばれた[8]。この年初めてプロボウルに選出された。プロボウルではエリック・ウェドルからのラテラルパスを受けてタッチダウンをあげた[9]

2013年もプロボウルに選ばれ、9タックル、1ファンブルフォースをあげて、守備MVPに選ばれた[10]

人物[編集]

チーフスに入団した選手としてはデリック・トーマスパーシー・スノーに続いて3人目のディック・バトカス賞受賞者(その年カレッジフットボールで最も活躍したラインバッカー)である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Chiefs linebacker Derrick Johnson let his play speak for him”. kansascity.com (2010年11月13日). 2010年11月23日閲覧。
  2. ^ Chiefs Ink Top Draft Pick Derrick Johnson”. kan.scout.com (2005年7月31日). 2010年11月23日閲覧。
  3. ^ a b Chiefs LB Derrick Johnson signs new contract”. boston.com (2010年11月8日). 2010年11月23日閲覧。
  4. ^ チーフス、ようやく開花の元ドラ1LBと契約5年延長”. NFL JAPAN (2010年11月9日). 2010年11月23日閲覧。
  5. ^ 【第17週】チーフスが大勝、同地区ブロンコスに引導渡す”. NFL JAPAN (2010年1月4日). 2011年11月5日閲覧。
  6. ^ 第7週から7つの偉大な記録、“T・O”史上5人目の快挙”. NFL JAPAN (2010年10月26日). 2010年11月23日閲覧。
  7. ^ LBジョンソン、CBグリムスが選出 週間MVP守備部門”. NFL JAPAN (2010年12月23日). 2010年12月23日閲覧。
  8. ^ LBジョンソン、DEアブリルが受賞 週間MVP守備部門”. NFL JAPAN (2011年11月3日). 2011年11月5日閲覧。
  9. ^ AFCが空中戦制す、MVPはWRマーシャル”. NFL JAPAN (2012年1月30日). 2012年2月6日閲覧。
  10. ^ 白熱のプロボウル、チーム・ライスが接戦制す”. NFL JAPAN (2014年1月27日). 2014年2月1日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
ラリー・ジョンソン
カンザスシティ・チーフス
ドラフト1巡目指名
2005年
次代:
タンバ・ハリ