アントレル・ロール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アントレル・ロール

Antrel Rolle
シカゴ・ベアーズ No. 31

Antrel Rolle 2014.jpg
フリーセイフティ
コーナーバック
生年月日:1982年12月16日(32歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国フロリダ州ホームステッド
身長:6' 0" =約182.9cm 体重:208 lb =約94.3kg
NFLデビュー
2005年アリゾナ・カージナルス
経歴
大学マイアミ大学
NFLドラフト2005年 / 1巡目(全体の8番目)
 所属チーム:
通算成績
(2014年までの成績)
タックル     758回
QBサック     4回
インターセプト     26回
ファンブルフォース     8回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

アントレル・ロール(Antrel Rolle 1982年12月16日- )はフロリダ州ホームステッド出身のアメリカンフットボール選手。現在NFLシカゴ・ベアーズに所属している。ポジションはフリーセイフティ

経歴[編集]

プロ入りまで[編集]

マイアミ大学に入学した彼は1年次には8試合に出場し8タックル、2年次には11試合に出場しビッグ・イースト・カンファレンスのファーストチームに選ばれた。3年次には51タックル(3.5ロスタックル)、7パスブロック、2インターセプトをあげた。4年次の2004年には58タックル(6.5ロスタックル)、6パスブロック、1インターセプトの成績でオールアメリカンに選抜された[1]。この年終盤、足の負傷によりバージニア工科大学戦は欠場した。

この間ラリー・フィッツジェラルドを3回26ヤード、カルビン・ジョンソンを2回10ヤードに抑えた試合もあった[1]

アリゾナ・カージナルス[編集]

カージナルス時代のロール

2005年NFLドラフト1巡目8位(コーナーバックとしてはテネシー・タイタンズに全体6位で指名されたパックマン・ジョーンズに続いて2人目)でアリゾナ・カージナルスに指名された。

ホールドアウトを9日間行い、8月9日にカージナルスと6年最大4300万ドルの契約を結んだ[2]

同年9月25日のシアトル・シーホークス戦で左膝の軟骨を負傷し、10月3日には手術を行ったためシーズンの大半を棒に振った。12月11日のワシントン・レッドスキンズ戦で復帰した。

2007年プレシーズンに彼は先発ポジションを失ったが[3]11月18日のシンシナティ・ベンガルズ戦でカーソン・パーマーから3インターセプトを奪い、55ヤード、54ヤードのリターンTDをあげた。残り1回も71ヤードをリターンしたが、アントニオ・スミスが反則を取られて3インターセプトリターンTDにはならなかった[4][5]。この週のNFC守備部門MVPに選ばれた[6]。この年彼は先発8試合を含む16試合に出場し61タックル、5インターセプト(NFL9位タイ)、3リターンタッチダウンの成績を残した。

2008年2月にヘッドコーチのケン・ウィゼンハントによって2008年シーズンからフリーセイフティとして起用する予定であることが発表された。この年のプレーオフ、アトランタ・ファルコンズ戦ではファンブルリカバーTDをあげる活躍を見せ[7]、その後チームは第43回スーパーボウル出場を果たしたがピッツバーグ・スティーラーズに敗れて優勝はならなかった。

2009年9月21日のジャクソンビル・ジャガーズ戦ではキャライス・キャンベルがブロックした相手FGのこぼれ球を拾い、83ヤードのリターンタッチダウンをあげた[8]。この年、4インターセプトでプロボウルに初めて選出される[9][10]と共にワイルドキャットオフェンス時にはQBに起用された[11]。2010年1月16日のニューオーリンズ・セインツとの試合ではドミニク・ロジャース=クロマティと共に試合途中で負傷退場、チームは14-45で大敗した[12]。同年3月4日、カージナルスは彼に400万ドルのボーナスを支払うのを避けるため契約の見直し交渉をしていたが[13]合意に至らず解雇され[14]、その翌日にニューヨーク・ジャイアンツと5年、3700万ドルの契約を結びリーグで最高給クラスのセイフティとなった[15]

ニューヨーク・ジャイアンツ[編集]

2010年6月には、新本拠地となるメドウランズ・スタジアムの芝が滑るのでチェックをすべきだとESPNの取材に対して主張した[16]。第2週のインディアナポリス・コルツ戦で14-38で大敗した後、ラジオ番組でチーム批判を行った[17]。この年もプロボウルに選ばれた[18]

2011年シーズン終盤、ニッケル要員とされた彼はそれに不満を持ち対談したいと口にしたが、ペリー・フェウェルディフェンスコーディネーター、デビッド・メリットセイフティコーチの説得により改心[19]、チームは第46回スーパーボウルで優勝、初のスーパーボウルリングを手に入れた。

2012年、第6週のサンフランシスコ・フォーティナイナーズ戦で2インターセプトをあげて[20]、NFC週間MVP守備部門に選ばれた[21]

2013年、11月17日のグリーンベイ・パッカーズ戦では残り2分にスコット・トルジーンからインターセプトを奪った[22]

2014年、第4週のワシントン・レッドスキンズ戦で大勝した後、その前2試合で70得点以上をあげたカーク・カズンズが過大評価されていると語った[23]。その試合でレシーバー凝視傾向のあるカズンズに対してロールを含む4人がインターセプトを奪った[24]。この年、87タックル、1ファンブルフォース、3インターセプト、9パスディフェンスの成績を残した。

シカゴ・ベアーズ[編集]

2015年3月、シカゴ・ベアーズと3年1125万ドル(500万ドルの保証)で契約を結んだ[25]

人物[編集]

歯に衣を着せぬ発言で知られているが[26]第46回スーパーボウルの前には大胆発言を封印した[27]

2010年6月、ジャイアンツの新本拠地となったニュー・メドウランズ・スタジアムの芝について、滑りやすくいい感触が全くないと語った[28]

従兄弟のチャド・ジョンソンキーショーン・ジョンソンブライアン・ロールマイロン・ロールサマリ・ロールもNFL選手となっている[29]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Marcus Session (2010年4月28日). “The 50 Greatest Miami Hurricanes”. bleacherreport.com. 2011年10月23日閲覧。
  2. ^ Odeen Domingo (2005年8月10日). “Rolle, Cardinals agree to six-year deal”. USAトゥデイ. 2015年5月24日閲覧。
  3. ^ Cardinals notebook: Cornerback Rolle loses starting spot”. EAST VALLEY Tribune (2007年8月20日). 2010年4月27日閲覧。
  4. ^ Arizona 35, Cincinnati 27”. Yahoo! SPORTS. 2010年4月27日閲覧。
  5. ^ Cards' Rolle collects 3 INTs, 2 TDs as Cards continue surging”. ESPN (2007年11月19日). 2015年5月24日閲覧。
  6. ^ Rolle gets defense award”. azcentral.com (2007年11月20日). 2010年4月27日閲覧。
  7. ^ Dockett Says He Forgives His Mother's Murderer”. Yahoo!スポーツ (2009年1月28日). 2010年4月29日閲覧。
  8. ^ FGブロックのDEキャンベルらがスペシャルチームMVPに”. NFL JAPAN (2009年9月24日). 2011年10月23日閲覧。
  9. ^ 「プロボウル選出は誇り」、雰囲気を楽しむ選手たち”. NFL JAPAN (2010年1月29日). 2010年4月27日閲覧。
  10. ^ Rolle will test free-agent market”. ESPN (2010年2月28日). 2010年4月27日閲覧。
  11. ^ 【第14週注目コメント】FSロール”. NFL JAPAN (2009年12月13日). 2010年4月27日閲覧。
  12. ^ 強力オフェンス爆発、セインツが大勝”. NFL JAPAN (2010年1月17日). 2011年8月2日閲覧。
  13. ^ カーディナルス、Sロールに契約見直し要請へ”. NFL JAPAN (2010年3月2日). 2010年4月27日閲覧。
  14. ^ カーディナルス、Sロールを解雇も再契約に意欲”. NFL JAPAN (2010年3月5日). 2010年4月27日閲覧。
  15. ^ カーディナルス解雇のロール、S最高給でジャイアンツ入り”. NFL JAPAN (2010年3月6日). 2010年4月27日閲覧。
  16. ^ NYの新スタジアム、いきなり故障者発生で賛否両論”. NFL JAPAN (2010年6月20日). 2011年10月23日閲覧。
  17. ^ ジャイアンツSロール、チーム批判の撤回は「必要ない」”. NFL JAPAN (2010年9月23日). 2011年10月23日閲覧。
  18. ^ 2011年プロボウル選出メンバー発表 -NFC守備-”. NFL JAPAN (2010年12月29日). 2011年10月23日閲覧。
  19. ^ 盟友のため、Sロールを改心させたコーチの言葉とは?”. NFL JAPAN (2012年2月4日). 2012年2月6日閲覧。
  20. ^ ジャイアンツ3INT奪取、49ersのお株奪って返り討ち”. NFL JAPAN (2012年10月15日). 2012年10月22日閲覧。
  21. ^ 週間MVPにバードとロールの両S選出 -守備部門-”. NFL JAPAN (2012年10月18日). 2012年10月29日閲覧。
  22. ^ ジャイアンツ 4連勝 QB トルジン後半 3インターセプト”. TSPスポーツ (2013年11月18日). 2015年5月24日閲覧。
  23. ^ Dan Steinberg (2014年10月1日). “Giants Antrel Rolle says he took the Kirk Cousins hype personally”. ワシントン・ポスト. 2015年5月24日閲覧。
  24. ^ カーク・カズンズ、レシーバー凝視傾向を攻略される”. アメフトNewsJapan (2014年9月26日). 2015年5月24日閲覧。
  25. ^ ベアーズが守備陣も補強、プロボウル3回のSロールと3年契約”. NFL JAPAN (2015年3月13日). 2015年3月14日閲覧。
  26. ^ 絶口調のSロール、今度はTEデービスに噛みつく”. NFL JAPAN (2012年1月18日). 2012年1月20日閲覧。
  27. ^ 大胆発言封印のSロール、「SB勝利に必要なのは自信」”. NFL JAPAN (2012年2月1日). 2012年2月6日閲覧。
  28. ^ NYの新スタジアム、いきなり故障者発生で賛否両論”. NFL JAPAN (2010年6月20日). 2012年1月20日閲覧。
  29. ^ NFL Football Sattistics”. pro-football-reference.com. 2015年5月24日閲覧。

外部リンク[編集]