1992年のNFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1992年のNFL
レギュラーシーズン
日程 1992年9月6日 - 1992年12月28日
プレイオフ
開幕日 1993年1月2日
AFC優勝 バッファロー・ビルズ
NFC優勝 ダラス・カウボーイズ
第27回スーパーボウル
開催日 1993年1月31日
開催都市 カリフォルニア州パサデナ
スタジアム ローズボウル
チャンピオン ダラス・カウボーイズ
プロボウル
開催日 1993年2月7日
開催都市 ハワイ州ホノルル
スタジアム アロハ・スタジアム
NFLシーズン
 < 1991 1993 > 

1992年のNFL1992年9月6日NFL73回目のレギュラーシーズンが開幕し、1993年1月31日カリフォルニア州パサデナで開催された第27回スーパーボウルを経て、2月7日ハワイ州ホノルルでプロボウルが開催されてシーズンが終了した。

主なルール変更[編集]

  • インスタント リプレイの廃止[1]
  • 既に他のオフェンス選手と組み合っている状態のディフェンス選手に対しての、プレイ開始時バックフィールドに位置していた選手によるチョップ ブロックの禁止。

レギュラーシーズン順位表[編集]

  • 背景色が緑のチームはプレイオフ進出チーム
  • 括弧内はプレイオフシード順
AFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
(2) マイアミ・ドルフィンズ 11 5 .688 340 281
(4) バッファロー・ビルズ 11 5 .688 381 283
インディアナポリス・コルツ 9 7 .563 216 302
ニューヨーク・ジェッツ 4 12 .250 220 315
ニューイングランド・ペイトリオッツ 2 14 .125 205 363
AFC中地区
チーム 勝率 得点 失点
(1) ピッツバーグ・スティーラーズ 11 5 .688 299 225
(5) ヒューストン・オイラーズ 10 6 .625 352 258
クリーブランド・ブラウンズ 7 9 .438 272 275
シンシナティ・ベンガルズ 5 11 .313 274 364
AFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
(3) サンディエゴ・チャージャーズ 11 5 .688 335 241
(6) カンザスシティ・チーフス 10 6 .625 348 282
デンバー・ブロンコス 8 8 .500 262 329
ロサンゼルス・レイダーズ 7 9 .438 249 281
シアトル・シーホークス 2 14 .125 140 312
NFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
(2) ダラス・カウボーイズ 13 3 .813 409 243
(5) フィラデルフィア・イーグルス 11 5 .688 354 245
(6) ワシントン・レッドスキンズ 9 7 .563 300 255
ニューヨーク・ジャイアンツ 6 10 .375 306 367
フェニックス・カージナルス 4 12 .250 243 332
NFC中地区
チーム 勝率 得点 失点
(3) ミネソタ・バイキングス 11 5 .688 374 249
グリーンベイ・パッカーズ 9 7 .563 276 296
タンパベイ・バッカニアーズ 5 11 .313 267 365
シカゴ・ベアーズ 5 11 .313 295 361
デトロイト・ライオンズ 5 11 .313 273 332
NFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
(1) サンフランシスコ・49ers 14 2 .875 431 236
(4) ニューオーリンズ・セインツ 12 4 .750 330 202
アトランタ・ファルコンズ 6 10 .375 327 414
ロサンゼルス・ラムズ 6 10 .375 313 383


プレイオフ[編集]

トーナメント表[編集]

                                   
1月3日
リッチ・スタジアム
  1月9日
スリー・リバース・スタジアム
         
 5  オイラーズ  38
 4  ビルズ  24
 4  ビルズ  41     1月17日
ジョー・ロビー・スタジアム
 1  スティーラーズ  3  
AFC
1月2日
ジャック・マーフィー・スタジアム
 4  ビルズ  29
1月10日
ジョー・ロビー・スタジアム
   2  ドルフィンズ  10  
 6  チーフス  0 AFC チャンピオンシップ
 3  チャージャーズ  0
 3  チャージャーズ  17   1月31日
ローズボウル
 2  ドルフィンズ  31  
ワイルドカード・プレイオフ  
ディビジョナル・プレイオフ
1月3日
ルイジアナ・スーパードーム
 A4  ビルズ  17
1月10日
テキサス・スタジアム
   N2  カウボーイズ  52
 5  イーグルス  36 第27回スーパーボウル
 5  イーグルス  10
 4  セインツ  20     1月17日
キャンドルスティック・パーク
 2  カウボーイズ  34  
NFC
1月2日
HHHメトロドーム
 2  カウボーイズ  30
1月9日
キャンドルスティック・パーク
   1  49ers  20  
 6  レッドスキンズ  24 NFC チャンピオンシップ
 6  レッドスキンズ  13
 3  バイキングス  7  
 1  49ers  20  
  • 対戦カードはシード順で決定され、そのラウンドに登場する最上位チームが最下位チームとホームで対戦、残った2チームが上位チームのホームで対戦する[2]
  • チーム名の左の数字はシード順。
  • * は延長戦決着

受賞者[編集]

受賞者 ポジション チーム
スーパーボウルMVP トロイ・エイクマン QB ダラス・カウボーイズ
MVP スティーブ・ヤング QB サンフランシスコ・49ers
最優秀攻撃選手 スティーブ・ヤング QB サンフランシスコ・49ers
最優秀守備選手 コーテス・ケネディ DT シアトル・シーホークス
最優秀コーチ ビル・カウワー HC デトロイト・ライオンズ
最優秀新人攻撃選手 カール・ピケンズ WR シンシナティ・ベンガルズ
最優秀新人守備選手 デイル・カーター CB カンザスシティ・チーフス

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ MNF History: 1992”. ABC (2002年8月29日). 2013年6月1日閲覧。
  2. ^ ワイルドカードプレイオフの第3シード対第6シードの結果によって、ディヴィジョナルプレイオフの対戦カードが変わることになる