レイ・チルドレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レイ・チルドレス

Ray Childress  No. 79, 72

ディフェンシブエンド
ディフェンシブタックル
生年月日:1962年10月20日(51歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テネシー州メンフィス
身長:6' 6" =約198.1cm 体重:272 lb =約123.4kg
NFLデビュー
1985年ヒューストン・オイラーズ
経歴
大学テキサス農工大学
NFLドラフト1985年 / 1巡目(全体の3番目)
 所属チーム:
通算成績
(1996年までの成績)
QBサック     76.5回
ファンブルフォース     19回
ファンブルリカバー     19回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録
  • プロボウル選出5回:(1988年、1990年-1993年)
  • オールプロ選出3回:(1990年-、1992年)
  • 1試合3ファンブルリカバー(NFL記録)
カレッジフットボール殿堂入り

レイ・チルドレス(Ray Childress 1962年10月20日- )はテネシー州メンフィス出身のアメリカンフットボール選手。NFLヒューストン・オイラーズなどで1985年から1996年までプレーした。ポジションはディフェンシブエンドディフェンシブタックルプロボウルに5回選出されている[1]

経歴[編集]

テキサス農工大学3年次の1983年に15サック、117タックルをあげてオールアメリカンのファーストチームに選ばれた。1984年にも10サック、124タックルをあげてオールアメリカンに選ばれている。大学であげた25サックはラインバッカーを除く当時の学校記録であった。また360タックルは当時大学歴代4位の記録であった。2010年にカレッジフットボール殿堂入りを果たした[2]

1985年NFLドラフト全体3位でヒューストン・オイラーズに指名されて入団した[3]

1988年10月30日のワシントン・レッドスキンズ戦ではNFL記録タイの3ファンブルリカバーを記録した[4][5]。この年にはリーグ歴代3位タイの7ファンブルリカバーを記録した[1]

1990年にオイラーズのディフェンスコーディネーター、ジム・エディが3-4ディフェンスから4-3ディフェンスに切り替えた際、ディフェンシブエンドとしてプロボウルに選ばれたこともあり、ノーズガードとしても起用されていた彼は、ディフェンシブタックルにコンバートされ、その後4回ディフェンシブタックルとしてプロボウルに選ばれた。1990年から1993年までの間、オイラーズは強力なランディフェンスを誇った。

彼はランディフェンスだけでなくパスディフェンスでも力を発揮、オイラーズの歴代2位のサック、歴代6位のタックルをあげている。サック、タックルでオイラーズの歴代10傑に入っているディフェンシブラインマンは他にエルビン・ベセアのみである。

1986年から1989年までチームトップのQBサックをあげ、1992年にはディフェンシブタックルとしてのシーズン記録である13サックをあげた。また11年間のキャリアで13試合で2サック以上をあげた。

サラリーキャップ制が導入された影響でキャリアの最後のシーズンとなった1996年だけダラス・カウボーイズで控え選手としてプレーした。

1985年から1994年までの10シーズンで欠場したのはストライキのあった1987年を除くとわずか3試合であり、154試合に出場した。

現役引退後、1999年にテキサス州のカーディーラー企業ローレンス・マーシャルを買収したがアメリカの景気の後退もあり2009年会社は営業を停止した[6]

2008年にテキサス州スポーツの殿堂入りを果たしている[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b NFLレジェンド:タイタンズ”. NFL JAPAN (2010年7月29日). 2011年9月4日閲覧。
  2. ^ a b HALL OF FAME INDUCTEE”. カレッジフットボール殿堂. 2011年9月4日閲覧。
  3. ^ 大学別ドラフトTOP20”. NFL JAPAN (2009年4月3日). 2011年9月4日閲覧。
  4. ^ 個人別レコード ファンブル”. NFL JAPAN. 2011年9月4日閲覧。
  5. ^ Top 50 Players in 50 Years of Tennessee Titans/Houston Oilers Football”. bleacherreport.com (2010年3月25日). 2011年9月4日閲覧。
  6. ^ Lawrence Marshall dealership shuts down”. ABC (2009年2月4日). 2011年9月4日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
リチャード・ジョンソン
ヒューストン・オイラーズ
ドラフト1巡指名
1985年
次代:
ジム・エバレット