第22回スーパーボウル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第22回スーパーボウル
Super Bowl XXII
1 2 3 4
WAS 0 35 0 7 42
DEN 10 0 0 0 10
開催日 1988年1月31日
スタジアム ジャック・マーフィー・スタジアム
開催地 カリフォルニア州サンディエゴ
MVP ダグ・ウィリアムス,レッドスキンズ
優勝予想 Broncos by 3
国歌斉唱 ハーブ・アルパート
コイントス ドン・ハトソン
ハーフタイム チャビー・チェッカーザ・ロケッツ
入場者数 73,302
アメリカにおけるテレビ放送
ネットワーク ABC
実況と解説 アル・マイケルズフランク・ギフォードダン・ディアドルフ
視聴率 41.9 (全米)
占有率 62 (全米)
CM広告料
(30秒)
64万5千ドル
 < 第21回 スーパーボウル 第23回 > 

第22回スーパーボウル(だい22かいスーパーボウル、Super Bowl XXII)は1988年1月31日カリフォルニア州サンディエゴジャック・マーフィー・スタジアムで行われた22回目のスーパーボウルNFCチャンピオンであるワシントン・レッドスキンズAFCチャンピオンであるデンバー・ブロンコスの対戦、レッドスキンズがブロンコスを42-10で破って5年ぶり2度目のスーパーボウル制覇を果たした。MVPはレッドスキンズのクォーターバックであるダグ・ウィリアムスが受賞した。

テレビ中継はABCが担当した。テレビの視聴率は前半で大差がついたこともあり、後半急落した[1]

背景[編集]

第21回スーパーボウル、第22回スーパーボウル、第23回スーパーボウル第24回スーパーボウルの開催地には、アナハイムデトロイトヒューストンジャクソンビルマイアミミネアポリスニューオーリンズパサデナフィラデルフィアサンフランシスコサンディエゴシアトルタンパテンピの14都市が立候補した[2]

1984年5月23日から25日にかけて行われたNFLオーナー会議で、サンディエゴジャック・マーフィー・スタジアムでの開催が決まった。前年の第21回スーパーボウルも同じカリフォルニア州のパサデナに決まっており、スーパーボウルが同じ州で2年連続開催されたことは、他には第2回スーパーボウル第3回スーパーボウルマイアミ・オレンジボウルで開催されたときと、第43回スーパーボウルレイモンド・ジェームス・スタジアム第44回スーパーボウルサンライフ・スタジアムで開催されたケースしかない。

1987年シーズンは、選手のストライキにより、1試合少ない15試合で行われた。また、大部分の選手が3週間に渡り欠場、その間代替選手が多くプレーしたが、一部のスター選手はスト破りを行った。

ウィリアムスとワシントン・レッドスキンズ[編集]

レッドスキンズのQBダグ・ウィリアムスは、1978年NFLドラフト1巡でタンパベイ・バッカニアーズに指名され、5シーズンプレーした後、契約問題からチームを去り、USFLオクラホマ・アウトローズでプレーした。USFLが崩壊した後、ジョー・ギブスヘッドコーチに声をかけられて、ジェイ・シュローダーの控えQBとしてレッドスキンズに入団した。1986年にはわずか1試合の出場、1987年の大部分をベンチで過ごしたが、シュローダーが負傷したことから、先発QBに昇格し、5試合の出場で1,156ヤードを獲得、11TD、5INTの成績を残した。シュローダーが怪我から回復した後もギブスはウィリアムスを先発QBとして起用し続けた。

WRゲイリー・クラークが56回のレシーブで1,066ヤード(平均19ヤード)を獲得、ディープスリートのリッキー・サンダースアート・モンクが合計で80レシーブ、1,130ヤードを獲得した。。RBジョージ・ロジャースがチームトップの613ヤードを走ったが、ロジャースは負傷のためスーパーボウルではあまり出場できず、早く現役を引退することとなり、スーパーボウルでは彼の代役を新人RBティミー・スミスが務めた。FBケルビン・ブライアントは406ヤードを走るとともに、43回のレシーブで490ヤードを獲得した。

レッドスキンズはディフェンスも優れており、ディフェンスバックのバリー・ウィルバーンは9インターセプトで135ヤードをリターン、1TDをあげた。またトッド・ボールズダレル・グリーンが4インターセプトをあげた。ディフェンスラインでは、チャールズ・マンが9.5サック、1ファンブルリカバー、デクスター・マンリーが8.5サックをあげた。

レギュラーシーズンを11勝4敗で終えたチームは第3シードでプレーオフに進出した。

エルウェイとデンバー・ブロンコス[編集]

ダン・リーブスヘッドコーチのブロンコスはAFCトップの10勝4敗1分でシーズンを終えた。レギュラーシーズンで引分試合のあったチームがスーパーボウルに出場するのは、その後第47回スーパーボウルに11勝4敗1分のサンフランシスコ・フォーティナイナーズまでない珍しい記録であった。

QBジョン・エルウェイは3,198ヤードを投げて19TDをあげた。またランでもチーム2位の304ヤードを獲得した。WRバンス・ジョンソンリッキー・ナティール、TEクラレンス・ケイは合計104回のレシーブで1,754ヤードを獲得した。RBサミー・ワインダーがチームトップの741ヤードを走り6TDをあげ、FBジーン・ラングは304ヤードを走るとともに17レシーブを記録した。

ディフェンスの中心は7サック、3インターセプトをあげたカール・メクレンバーグであり、ディフェンスバックのマイク・ハーデンが4インターセプト、DEルロン・ジョーンズがチームトップの7サックをあげた。

プレーオフ[編集]

ブロンコスは、ディビジョナルプレーオフで、ヒューストン・オイラーズを34-10で破った。この試合、エルウェイはパス25回中14回成功、259ヤード、2TD、バンス・ジョンソンが4回のレシーブで55ヤードのTDレシーブを含む105ヤードを獲得した。だがジョンソンはこの試合で負傷し、残り試合絶望となった。

ブロンコスは、AFC中地区優勝のクリーブランド・ブラウンズとのAFCチャンピオンシップゲームを38-33で勝利し、2年連続のスーパーボウル出場を果たした。前半試合を一方的に支配したブロンコスは21-3でハーフタイムを迎えたが、ブラウンズのQBバーニー・コーザーが活躍し、第4Qに31-31の同点となった。残り5分を切って、エルウェイからサミー・ワインダーへの20ヤードのTDパスが決まり、38-31となったが、ブラウンズも敵陣8ヤードまでボールを進め、同点TDのチャンスを作った。ここでボールを持ったアーネスト・バイナーからジェレマイア・カスティーユがボールを掻き出し、ファンブルしたボールをブロンコスがリカバー、その後、意図的なセイフティによる2点の失点に抑えて勝利した。

レッドスキンズは、シカゴ・ベアーズに敵地ソルジャー・フィールドで21-17と勝利した。この試合では、ダレル・グリーンが52ヤードのパントリターンTDをあげた。NFCチャンピオンシップゲームでは、12勝3敗のニューオーリンズ・セインツに44-10、13勝2敗のサンフランシスコ・フォーティナイナーズに36-24で勝利したシーズン8勝7敗のミネソタ・バイキングスと対戦した。第15週に27-24で勝利した相手に対して、残り時間5分、ウィリアムスからゲイリー・クラークへのパスで17-10とリードし、自陣6ヤード地点まで攻め込まれたものの、残り時間56秒にエンドゾーン内で、バイキングスRBダリン・ネルソンへダレル・グリーンがハードヒットを行い、TDレシーブを阻止して勝利した。

試合開始前の話題[編集]

ブロンコスの方が3点有利と予想された。多くの識者は、エルウェイの方がウィリアムスより優れていると見た。エルウェイはこの年、最優秀選手に選ばれており、プロボウルの先発QBにも選ばれていたのに対し、ウィリアムスはこの年レギュラーシーズンで5試合しか先発していなかった。

試合経過[編集]

第1Q、レッドスキンズの最初の攻撃は3回でパントに終わり、試合開始から1分57秒に、ブロンコスは最初のプレーで、ジョン・エルウェイが、リッキー・ナティールへ56ヤードのTDパスを決めて7-0と先制した。試合開始から1分57秒でのタッチダウンは、スーパーボウル史上最速のものであった(後に第29回スーパーボウルでのジェリー・ライス第41回スーパーボウルでのデビン・ヘスターが記録を更新)。

ブロンコスは、レッドスキンズの攻撃を止めてパントを蹴らせると、マーク・ジャクソンへの32ヤードのパス、スティーブ・スウェルからエルウェイの23ヤードのパスで前進した(エルウェイがパスレシーブするこのプレーは、前年のロサンゼルス・レイダーズとの開幕戦でも行われTDをあげていた。)。レッドスキンズは、デンバーの攻撃を自陣6ヤード地点で食い止めたが、リッチ・カーリスのFGで10-0とブロンコスはリードを広げた。

レッドスキンズの次の攻撃もパントとなり、ブロンコスは続く攻撃で、ジーン・ラングの2回のランで24ヤード、スウェルへの18ヤードのパスで、敵陣30ヤードまでボールを進めた。しかし、ブロンコスは、第3ダウンの攻撃で、ワシントンのSアルビン・ウォルトンにエルウェイがサックされて18ヤードをロスし、追加点を奪えなかった。第1Qのレッドスキンズの攻撃はいずれもパントに終わっていた。また第1Q終盤にダグ・ウィリアムスがサックされた際、足を負傷、交代出場したジェイ・シュローダーは最初のプレーでカール・メクレンバーグにサックされた。第1Qの獲得ヤードは、レッドスキンズは64ヤードに対してブロンコスは2倍以上の142ヤードを獲得して、10-0とリードした。それまでのスーパーボウルで10点差以上をつけられた後、逆転したチームはいなかった。

第2Q、残り14分17秒にウィリアムスはフィールドに復帰し、第21回スーパーボウルの後半にニューヨーク・ジャイアンツが見せたように、ブロンコスのディフェンスを崩壊に追い込んだ。

第2Q最初のプレーで、リッキー・サンダースがスクリメージラインで彼を止めようとしたマーク・ヘインズを振り切り、80ヤードのTDレシーブをあげた。続くブロンコスの攻撃はパントに終わり、レッドスキンズは敵陣27ヤードまで前進し、第3ダウン残り1ヤード、ブロンコスディフェンスがランプレーを予想したのに対してパスを選択、ゲイリー・クラークがエンドゾーンへのダイビングキャッチを見せて14-10と逆転した。

ブロンコスは、サミー・ワインダーの27ヤードレシーブ、エルウェイの21ヤードのランで、敵陣26ヤードまで前進したが、43ヤードのFGをカーリスは失敗した。レッドスキンズは、次のドライブでクラークの16ヤードのレシーブ、キャリア初先発のRBティミー・スミスが58ヤードのTDランを見せて、21-10とリードを広げた。次の攻撃でリッキー・サンダースへの50ヤードのTDパスで28-10となった。サンダースはスーパーボウル史上初の1クォーターに2TDレシーブをあげた選手となった。続くブロンコスの攻撃は、4プレー目にレッドスキンズのディフェンスバックバリー・ウィルバーンがエルウェイのパスを自陣21ヤード地点でインターセプトした。レッドスキンズは、スミスの43ヤードのラン、サンダースへの2本のパスで敵陣7ヤードまで前進すると、2プレー後にTEクリント・ディディアーへの8ヤードのTDパスで35-10となった。ブロンコスは、次の攻撃でエルウェイが3本連続でパスを成功し、40ヤードを獲得、敵陣36ヤード地点まで前進したが、前半残り7秒に新人ディフェンスバックのブライアン・デービスが自陣21ヤード地点でエルウェイのパスをインターセプトして、反撃の芽を摘んだ

第2Qにレッドスキンズの攻撃は、ウィリアムスがパス11回中9回成功、228ヤード、4TD、スミスが5回のランで122ヤードを走り、1TD、サンダースが4回のレシーブで169ヤード、2TDレシーブをあげるなど、18プレーで35得点をあげた[3][4]。この猛攻はThe Quarterと呼ばれている。

レッドスキンズは第4Qにスミスの4ヤードのTDランで42-10と追加点をあげた。この68ヤードのTDドライブでは、リバースプレーからのクラークの25ヤードのラン、スミスが3回のランで43ヤードを獲得した。

レッドスキンズのディフェンスは、エルウェイを5サック、3インターセプトして、第2Q以降、追加点を許さなかった[5]

ダグ・ウィリアムスはアフリカ系アメリカ人QBとして初めてスーパーボウルに出場し、MVPに選ばれた[5]

レギュラーシーズンではほとんど活躍していなかったティミー・スミス第18回スーパーボウルマーカス・アレンが作ったスーパーボウル記録を破る204ヤード(平均9.3ヤード)を走り、2TDをあげた[6][7]

リッキー・サンダースのレシーブでの193ヤード獲得、レッドスキンズのトータルオフェンスが602ヤードを獲得したのもスーパーボウル記録となった[5]

ゲイリー・クラークは、3回のレシーブで55ヤード、1TD、ランでも25ヤードを走った。バリー・ウィルバーンが2インターセプト、アルビン・ウォルトンが2サックをあげた。

ジーン・ラングがブロンコスのリーディングラッシャーであったが、5回のランで38ヤードに終わった。エルウェイは38回のパス中14回成功、257ヤード、1TD、3INT、3回のランで32ヤードの成績であった。この試合はエルウェイが出場した5試合中唯一TDランをあげなかった試合である。マーク・ジャクソンがブロンコストップの4回のレシーブで76ヤードを獲得した。

スーパーボウル記録[編集]

レッドスキンズが作った記録

  • トータル獲得ヤード 602ヤード
  • ラン獲得ヤード 280ヤード
  • 最多タッチダウン 6回
  • 1クォーターでの獲得ヤード 356ヤード
  • 1クォーター及びハーフでの得点記録 35点
  • 1クォーターでのタッチダウン 5回
  • 最多得点差からの逆転 10点差

両軍が作った記録

  • トータル獲得ヤード 929ヤード

スターティングラインアップ[編集]

ワシントン・レッドスキンズ ポジション デンバー・ブロンコス
オフェンス
リッキー・サンダース
Ricky Sanders
WR リッキー・ナティール
Ricky Nattiel
ジョー・ジャコビー
Joe Jacoby
LT デイブ・スタッダード
Dave Studdard
ラリー・マッケンジー
Raleigh McKenzie
LG キース・ビショップ
Keith Bishop
ジェフ・ボスティック
Jeff Bostic
C マイク・フリーマン
Mike Freeman
R・C・ティールマン
R.C. Thielemann
RG ステファン・ハンフリーズ
Stefan Humphries
マーク・メイ
Mark May
RT ケン・ラニアー
Ken Lanier
ドン・ウォーレン
Don Warren
TE クラレンス・ケイ
Clarence Kay
ゲイリー・クラーク
Gary Clark
WR マーク・ジャクソン
Mark Jackson
ダグ・ウィリアムス
Doug Williams
QB ジョン・エルウェイ
John Elway
クリント・ディディアー
Clint Didier
TE/RB ジーン・ラング
Gene Lang
ティミー・スミス
Timmy Smith
RB サミー・ワインダー
Sammy Winder
ディフェンス
チャールズ・マン
Charles Mann
LE アンドレ・タウンゼント
Andre Townsend
デイブ・バッツ
Dave Butz
LDT-NT グレッグ・クラーゲン
Greg Kragen
ダリル・グラント
Darryl Grant
RDT-RE ルーロン・ジョーンズ
Rulon Jones
デクスター・マンリー
Dexter Manley
RDE-LOLB サイモン・フレッチャー
Simon Fletcher
メル・カウフマン
Mel Kaufman
LOLB-LILB カール・メクレンバーグ
Karl Mecklenburg
ニール・オルケウィック
Neal Olkewicz
MLB-RILB リッキー・ハンリー
Ricky Hunley
モンテ・コールマン
Monte Coleman
ROLB ジム・ライアン
Jim Ryan
ダレル・グリーン
Darrell Green
LCB マーク・ヘインズ
Mark Haynes
バリー・ウィルバーン
Barry Wilburn
RCB スティーブ・ウィルソン
Steve Wilson
アルビン・ウォルトン
Alvin Walton
SS デニス・スミス
Dennis Smith
トッド・ボールズ
Todd Bowles
FS トニー・リリー
Tony Lilly
スペシャルチーム
アリ・ハジ=シェイク
Ali Haji-Sheikh
K リッチ・カーリス
Rich Karlis
スティーブ・コックス
Steve Cox
P マイク・ホーラン
Mike Horan
ヘッドコーチ
ジョー・ギブス
Joe Gibbs
ダン・リーブズ
Dan Reeves

トーナメント表[編集]

                                   
ディヴィジョナルプレイオフ
    1月9日
キャンドルスティック・パーク
       
NFC ワイルドカード NFC チャンピオンシップ
 5  バイキングス  36
1月3日
ルイジアナ・スーパードーム
    1月17日
RFKスタジアム
 1  49ers  24  
 5  バイキングス  44  5  バイキングス  10
1月10日
ソルジャー・フィールド
 4  セインツ  10      3  レッドスキンズ  17   第22回スーパーボウル
 3  レッドスキンズ  21
    1月31日
ジャック・マーフィー・スタジアム
 2  ベアーズ  17  
 N3  レッドスキンズ  42
1月9日
クリーブランド・スタジアム
AFC ワイルドカード AFC チャンピオンシップ    A1  ブロンコス  10
 3  コルツ  21
1月3日
アストロドーム
    1月17日
マイル・ハイ・スタジアム
 2  ブラウンズ  38  
 5  シーホークス  20  2  ブラウンズ  33
1月10日
マイル・ハイ・スタジアム
 4  オイラーズ (OT)  23      1  ブロンコス  38  
 4  オイラーズ  10
   
 1  ブロンコス  34  


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ The 10 Worst Super Bowls”. スポーツ・イラストレイテッド. 2013年12月5日閲覧。
  2. ^ N.F.L. Approves Sale of Broncos”. ニューヨーク・タイムズ (1984年5月24日). 2013年12月7日閲覧。
  3. ^ Greg Garber (2013年1月29日). “Doug Williams embraces history”. ESPN. 2013年12月7日閲覧。
  4. ^ 1988 Super Bowl XXII”. super-bowl-history.us. 2012年1月28日閲覧。
  5. ^ a b c [アメリカンフットボール スーパーボウル] 31日 レッドスキンズが圧勝 読売新聞 1988年2月2日 朝刊16ページ
  6. ^ Federal Bureau of Prisons Inmate Locator”. 2012年1月28日閲覧。
  7. ^ Top Ten One Shot Wonders: Timmy Smith”. NFL (2008年3月17日). 2012年1月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]