ホグス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ホグス(The Hogs)とは、NFLワシントン・レッドスキンズ1980年代から1990年代初めにかけてのオフェンスラインマンのニックネームである。スクリメージラインを支配した彼らはジョー・ギブスヘッドコーチの下でレッドスキンズが3度のスーパーボウルを制覇するのに大きく貢献した。

歴史[編集]

ホグスは当時のオフェンスラインコーチのジョー・ビューゲルが1982年のトレーニングキャンプで用いた用語だった[1]

センターのジェフ・ボスティック、ガードのラス・グリムマーク・メイ、タックルのジョー・ジャコビージョージ・スターク、タイトエンドのドン・ウォレンリック・ウォーカーがオリジナルのメンバーである。スタークはチームがスーパーボウルで初優勝した後、1984年にチームを離れたが大部分のメンバーは1990年代初めまでチームに在籍した。

1982年のオフェンスラインは平均273ポンドだった[2]。このメンバーには6フィート7インチで300ポンドの巨漢だったジャコビーを含んでいない。

ホグスはランニングバックのジョン・リギンズやクォーターバックのジョー・サイズマンの攻撃を助け翌1983年の第17回スーパーボウルを制覇するのに貢献した。1984年の第18回スーパーボウルロサンゼルス・レイダーズに9-38で敗れた後、スタークとリギンズが引退した。サイズマンも1985年11月18日のマンデーナイトフットボールニューヨーク・ジャイアンツ戦でローレンス・テイラーにサックされた時に受けた怪我が原因でその年引退した。しかしレッドスキンズは1985年のドラフトでテネシー大学のガード、ラルフ・マッケンジー、1989年のドラフトではアイダホ大学のガード、マーク・シュレーレスが加わり、1988年のシーズン中にはプロボウルに選ばれたことのあるタックルのジム・ラシェイをレイダーズから獲得した。彼らの活躍もあり、レッドスキンズは1988年の第22回スーパーボウル、1992年の第26回スーパーボウルを制覇した。(第26回スーパーボウルにいたるまでの1991年レギュラーシーズン16試合、プレーオフ2試合で彼らは相手ディフェンスに9サックしか許さなかった[3]。)

関連項目[編集]

  • ティミー・スミス - ルーキーシーズンとなったレギュラーシーズンでは目立った活躍していなかったが[4]、第22回スーパーボウルで当時のスーパーボウルラッシング獲得ヤード新記録となる204ヤードを走り2本のタッチダウンを獲得した。
  • ダグ・ウィリアムス - クォーターバック。第22回スーパーボウルMVP
  • マーク・リッピン - クォーターバック。第26回スーパーボウルMVP

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]