1987年のNFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1987年のNFL
レギュラーシーズン
日程 1987年9月13日 - 1987年12月28日
プレイオフ
開幕日 1988年1月3日
AFC優勝 デンバー・ブロンコス
NFC優勝 ワシントン・レッドスキンズ
第22回スーパーボウル
開催日 1988年1月31日
開催都市 カリフォルニア州サンディエゴ
スタジアム ジャック・マーフィー・スタジアム
チャンピオン ワシントン・レッドスキンズ
プロボウル
開催日 1988年2月7日
開催都市 ハワイ州ホノルル
スタジアム アロハ・スタジアム
NFLシーズン
 < 1986 1988 > 

1987年のNFL1987年9月13日に開幕したNFL68回目のレギュラーシーズンである。

第2週のマンデーナイトフットボール終了後の9月22日、NFL選手会はストライキを通告、第3週の試合は中止となり、第4週から第6週にかけてはジョー・モンタナなど一部の選手はスト破りを行ったが、NFL選手会に所属する大半の選手が欠場、代替選手により試合が行われた。代替選手の中にはショーン・ペイトンニューオーリンズ・セインツのヘッドコーチとして第44回スーパーボウルで優勝)などがいる。ストライキに参加した選手は、10月25日、26日に復帰した[1]

1988年1月31日カリフォルニア州サンディエゴで開催された第22回スーパーボウルを経て、2月7日ハワイ州ホノルルでプロボウルが開催されてシーズンが終了した。

主なルール変更[編集]

  • エンド ゾーン内でディフェンスがパス インターフェアランスの反則を犯した場合、次のプレイは1ヤード地点からとされた(ただし、既に敵陣2ヤード以内に進入している場合はエンドゾーンまでの距離の2分の1の罰退となる)。
  • 2度目のオンサイド キックもアウト オブ バウンスに出てしまった場合、リターン側はキックオフ位置から30ヤードの地点またはボールが出た地点からの攻撃とされた。
  • 時計を止める目的での、クオーターバックがボールをスパイクする(またはサイドラインへ投げ捨てる)行為が許可された。
  • パスプレイ時の、オフェンス選手によるチョップ ブロック(既にオフェンスの選手と組み合っている状態のディフェンス選手に対する、足元へのブロック)の禁止。
  • パント フォーメーションの相手に対しては、スクリメージ ラインから5ヤード以上離れたエリアでのイリーガル コンタクトの反則を適用しないとした。
  • キックオフ/パント時の、リターン チームの選手による腰から下へのブロックの禁止。腰から下へのブロックは、ボールが蹴られるまでの間でキッキング チームの選手によるもののみを許可するとされた。

レギュラーシーズン順位表[編集]

  • 背景色が緑のチームはプレイオフ進出チーム
  • 括弧内はプレイオフシード順
AFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
(3) インディアナポリス・コルツ 9 6 0 .600 300 238
ニューイングランド・ペイトリオッツ 8 7 0 .533 320 293
マイアミ・ドルフィンズ 8 7 0 .533 362 335
バッファロー・ビルズ 7 8 0 .467 270 305
ニューヨーク・ジェッツ 6 9 0 .400 334 360
AFC中地区
チーム 勝率 得点 失点
(2) クリーブランド・ブラウンズ 10 5 0 .667 390 239
(4) ヒューストン・オイラーズ 9 6 0 .600 345 349
ピッツバーグ・スティーラーズ 8 7 0 .533 285 299
シンシナティ・ベンガルズ 4 11 0 .267 285 370
AFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
(1) デンバー・ブロンコス 10 4 1 .700 379 288
(5) シアトル・シーホークス 9 6 0 .600 371 314
サンディエゴ・チャージャーズ 8 7 0 .533 253 317
ロサンゼルス・レイダーズ 5 10 0 .333 301 289
カンザスシティ・チーフス 4 11 0 .267 273 388
NFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
(3) ワシントン・レッドスキンズ 11 4 0 .733 379 285
ダラス・カウボーイズ 7 8 0 .467 340 348
セントルイス・カージナルス 7 8 0 .467 362 368
フィラデルフィア・イーグルス 7 8 0 .467 337 380
ニューヨーク・ジャイアンツ 6 9 0 .400 280 312
NFC中地区
チーム 勝率 得点 失点
(2) シカゴ・ベアーズ 11 4 0 .733 356 282
(5) ミネソタ・バイキングス 8 7 0 .533 336 335
グリーンベイ・パッカーズ 5 9 1 .367 255 300
タンパベイ・バッカニアーズ 4 11 0 .267 286 360
デトロイト・ライオンズ 4 11 0 .267 269 384
NFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
(1) サンフランシスコ・49ers 13 2 0 .867 459 253
(4) ニューオーリンズ・セインツ 12 3 0 .800 422 283
ロサンゼルス・ラムズ 6 9 0 .400 317 361
アトランタ・ファルコンズ 3 12 0 .200 205 436


プレイオフ[編集]

トーナメント表[編集]

                                   
ディヴィジョナルプレイオフ
    1月9日
キャンドルスティック・パーク
       
NFC ワイルドカード NFC チャンピオンシップ
 5  バイキングス  36
1月3日
ルイジアナ・スーパードーム
    1月17日
RFKスタジアム
 1  49ers  24  
 5  バイキングス  44  5  バイキングス  10
1月10日
ソルジャー・フィールド
 4  セインツ  10      3  レッドスキンズ  17   第22回スーパーボウル
 3  レッドスキンズ  21
    1月31日
ジャック・マーフィー・スタジアム
 2  ベアーズ  17  
 N3  レッドスキンズ  42
1月9日
クリーブランド・スタジアム
AFC ワイルドカード AFC チャンピオンシップ    A1  ブロンコス  10
 3  コルツ  21
1月3日
アストロドーム
    1月17日
マイル・ハイ・スタジアム
 2  ブラウンズ  38  
 5  シーホークス  20  2  ブラウンズ  33
1月10日
マイル・ハイ・スタジアム
 4  オイラーズ (OT)  23      1  ブロンコス  38  
 4  オイラーズ  10
   
 1  ブロンコス  34  


受賞者[編集]

受賞者 ポジション チーム
スーパーボウルMVP ダグ・ウィリアムス QB ワシントン・レッドスキンズ
MVP ジョン・エルウェイ QB デンバー・ブロンコス
最優秀攻撃選手 ジェリー・ライス WR サンフランシスコ・49ers
最優秀守備選手 レジー・ホワイト DE フィラデルフィア・イーグルス
最優秀コーチ ジム・E・モーラ HC ニューオーリンズ・セインツ
最優秀新人攻撃選手 トロイ・ストラトフォード RB マイアミ・ドルフィンズ
最優秀新人守備選手 シェーン・コンラン LB バッファロー・ビルズ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ MNF History: 1987”. ABC (2002年8月29日). 2013年6月1日閲覧。