ダグ・ウィリアムス (アメリカンフットボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダグ・ウィリアムス

Doug Williams  No. 17

Doug Williams - cropped.jpg
2008年のウィリアムス
クォーターバック
生年月日:1955年8月9日(58歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ルイジアナ州ザカリー
身長:6' 4" =約193cm 体重:220 lb =約99.8kg
NFLデビュー
1978年タンパベイ・バッカニアーズ
経歴
大学グランブリング州立大学
NFLドラフト1978年 / 1巡目(全体の17番目)
 所属チーム:
通算成績
(1989年までの成績)
通算TD/INT     100回/93回
通算パス獲得ヤード     16,998ヤード
QBレイティング     69.4
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録
  • 第22回スーパーボウルMVP
カレッジフットボール殿堂入り

ダグ・ウィリアムスDoug Williams1955年8月9日 - )はアメリカ合衆国ルイジアナ州ザカリー出身の元アメリカンフットボール選手。黒人QBとして初めてスーパーボウルMVPに輝いたことで知られる[1]

経歴[編集]

アフリカ系米国人主なを対象とするルイジアナ州グランブリング州立大学出身。4年時の1977には、QBとして、3,286パス・ヤード、38タッチダウン(共に全米一)を記録して、AP通信選出のオール・アメリカンに選ばれる。大学通算8,411パス・ヤード、8,354トータル攻撃ヤード、93タッチダウンはNCAA記録(当時)。1976年9月4日、日本の後楽園球場で行われた初のアメリカ以外でのNCAA公式戦であったパイオニア・ボウルパイオニア後援)出場のためで来日、翌1977年12月11日にも、第1回ミラージュボウル三菱自動車後援)に出場するために来日した[2][3]

1978年NFLドラフト前に当時、タンパベイ・バッカニアーズの攻撃コーディネーターであったジョー・ギブスに注目され、タンパベイ・バッカニアーズからドラフト1巡目(全体17番目)で指名されて契約を結んだ[1]。NFLの先発QBとしては、最低年俸の12万ドルであった1979年NFCチャンピオンシップゲームに進出するが[1]ロサンゼルス・ラムズに敗れている。1982年まで5シーズンをバッカニアーズで過ごしチームは3度プレーオフに進出したが[1]、1982年シーズン終了後、当時オーナーだったヒュー・カルバーハウスHugh Culverhouse)との契約でもめてチームを退団[4]、1983年から1985年まで、新興リーグUSFLUnited States Football League)のオクラホマ・アウトローズでプレーした。

1986年にUSFL消滅に伴いNFLに戻り、バッカニアーズ時代にQBコーチだったジョー・ギブスがヘッドコーチをしているワシントン・レッドスキンズに加入した[4][1]。当初は先発QBジェイ・シュローダーの控えだったが、1987年のシーズン開幕前は出場機会の少なさからトレードをギブスに訴えたが[1]、途中に肩を故障したシュローダーに代わり先発するようになった[4]。プレーオフでシカゴ・ベアーズミネソタ・バイキングスを破りチームを第22回スーパーボウルへ導いた彼は黒人QBとして初めてスーパーボウルに出場、第1Q途中にQBサックされた際に左膝を痛めて退場し、シュローダーが2プレー彼の代わりを務めた後フィールドに復帰し、第2Qになりフィールドに復帰すると4つのタッチダウンパスを決める活躍を見せ[3]、レッドスキンズは1Qに35得点をあげる猛攻を見せて(ザ・クォーターデンバー・ブロンコスに42-10で圧勝し[1]、パス29回中18回成功、340ヤード(当時のスーパーボウル記録)を投げた彼がMVPに選ばれた。翌1988年もエースQBとしてプレーしたが怪我でマーク・リッピンに先発の座を奪われ[3][4]1989年シーズン終了後、プランBリストに掲載され、フリーエージェント市場に出たが[5]、そのまま引退した。

引退後はジョージア州アトランタモアハウス・カレッジや、母校であるグランブリング州立大学などでコーチを歴任した後、2004年から、タンパベイ・バッカニアーズの役員を務めている。

1998年に行われた第32回スーパーボウルではコイントスを行っている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g Greg Garber (2013年1月29日). “Doug Williams embraces history”. ESPN. 2013年12月7日閲覧。
  2. ^ 力と力 男のスポーツ アメリカン・フットボール 読売新聞 1977年12月9日夕刊3ページ
  3. ^ a b c ダグ・ウィリアムス
  4. ^ a b c d 渡辺史敏「ついにリーグの頂点に立った英雄ダグ・ウィリアムズ」、『2005年版NFLアメリカンフットボールを知り尽くす!』、ベースボールマガジン社2005年、 pp.30-31、 ISBN 4-583-03862-3
  5. ^ Plan B List Has Some Big Names”. ロサンゼルス・タイムズ (1990年2月3日). 2012年12月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]