1990年のNFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1990年のNFL
レギュラーシーズン
日程 1990年9月9日 - 1990年12月31日
プレイオフ
開幕日 1991年1月5日
AFC優勝 バッファロー・ビルズ
NFC優勝 ニューヨーク・ジャイアンツ
第25回スーパーボウル
開催日 1991年1月27日
開催都市 フロリダ州タンパ
スタジアム タンパ・スタジアム
チャンピオン ニューヨーク・ジャイアンツ
プロボウル
開催日 1991年2月3日
開催都市 ハワイ州ホノルル
スタジアム アロハ・スタジアム
NFLシーズン
 < 1989 1991 > 

1990年のNFL1990年9月9日NFL71回目のレギュラーシーズンが開幕し、1991年1月27日フロリダ州タンパで開催された第25回スーパーボウルを経て、2月3日ハワイ州ホノルルでプロボウルが開催されてシーズンが終了した。

この年より、プレーオフに出場できるチームが10チームから12チームに増やされた。バイウィークが設けられた[1]

主なルール変更[編集]

  • アンネセサリー ラフネスの明確化。頭突き等の行為を行った選手は、退場処分の対象とされることになった。
  • スクリメージ ラインを越えてのイリーガル フォワード パスの反則は、パサーの体の一部が出た場合でも適用されるようになった。
  • タイムアウトおよび その他審判による中断後のプレー クロックは25秒から始めるとされた(30秒からの変更)。
  • 前半残り2分以上、後半残り5分以上の時間帯では、前のプレイで選手がアウト オブ バウンズに出た場合でも 審判がボールをセットした時点でゲーム クロックを再稼動させるものとした。
  • 前半残り2分以上、後半残り5分以上の時間帯では、反則の適用放棄の場合でもゲーム クロックをすぐさま再稼動させるものとした。

レギュラーシーズン順位表[編集]

  • 背景色が緑のチームはプレイオフ進出チーム
  • 括弧内はプレイオフシード順
AFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
(1) バッファロー・ビルズ 13 3 .813 428 263
(4) マイアミ・ドルフィンズ 12 4 .750 336 242
インディアナポリス・コルツ 7 9 .438 281 353
ニューヨーク・ジェッツ 6 10 .375 295 345
ニューイングランド・ペイトリオッツ 1 15 .063 181 446
AFC中地区
チーム 勝率 得点 失点
(3) シンシナティ・ベンガルズ 9 7 .563 360 352
(6) ヒューストン・オイラーズ 9 7 .563 405 307
ピッツバーグ・スティーラーズ 9 7 .563 292 240
クリーブランド・ブラウンズ 3 13 .188 228 462
AFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
(2) ロサンゼルス・レイダーズ 12 4 .750 337 268
(5) カンザスシティ・チーフス 11 5 .688 369 257
シアトル・シーホークス 9 7 .563 306 286
サンディエゴ・チャージャーズ 6 10 .375 315 281
デンバー・ブロンコス 5 11 .313 331 374
NFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
(2) ニューヨーク・ジャイアンツ 13 3 .813 335 211
(4) フィラデルフィア・イーグルス 10 6 .625 396 299
(5) ワシントン・レッドスキンズ 10 6 .625 381 301
ダラス・カウボーイズ 7 9 .438 244 308
フェニックス・カージナルス 5 11 .313 268 396
NFC中地区
チーム 勝率 得点 失点
(3) シカゴ・ベアーズ 11 5 .688 348 280
タンパベイ・バッカニアーズ 6 10 .375 264 367
デトロイト・ライオンズ 6 10 .375 373 413
グリーンベイ・パッカーズ 6 10 .375 271 347
ミネソタ・バイキングス 6 10 .375 351 326
NFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
(1) サンフランシスコ・49ers 14 2 .875 353 239
(6) ニューオーリンズ・セインツ 8 8 .500 274 275
ロサンゼルス・ラムズ 5 11 .313 345 412
アトランタ・ファルコンズ 5 11 .313 348 365


プレイオフ[編集]

トーナメント表[編集]

                                   
1月6日
リバーフロント・スタジアム
  1月13日
ロサンゼルス・メモリアル・コロシアム
         
 6  オイラーズ  14
 3  ベンガルズ  10
 3  ベンガルズ  41     1月20日
リッチ・スタジアム
 2  レイダーズ  20  
AFC
1月5日
ジョー・ロビー・スタジアム
 2  レイダーズ  3
1月12日
リッチ・スタジアム
   1  ビルズ  51  
 5  チーフス  16 AFC チャンピオンシップ
 4  ドルフィンズ  34
 4  ドルフィンズ  17   1月27日
タンパ・スタジアム
 1  ビルズ  44  
ワイルドカード・プレイオフ  
ディビジョナル・プレイオフ
1月6日
ソルジャー・フィールド
 A1  ビルズ  19
1月13日
ジャイアンツ・スタジアム
   N2  ジャイアンツ  20
 6  セインツ  6 第25回スーパーボウル
 3  ベアーズ  3
 3  ベアーズ  16     1月20日
キャンドルスティック・パーク
 2  ジャイアンツ  31  
NFC
1月5日
ベテランズ・スタジアム
 2  ジャイアンツ  15
1月12日
キャンドルスティック・パーク
   1  49ers  13  
 5  レッドスキンズ  20 NFC チャンピオンシップ
 5  レッドスキンズ  10
 4  イーグルス  6  
 1  49ers  28  
  • 対戦カードはシード順で決定され、そのラウンドに登場する最上位チームが最下位チームとホームで対戦、残った2チームが上位チームのホームで対戦する[2]
  • チーム名の左の数字はシード順。
  • * は延長戦決着

受賞者[編集]

受賞者 ポジション チーム
スーパーボウルMVP オーティス・アンダーソン RB ニューヨーク・ジャイアンツ
MVP ジョー・モンタナ QB サンフランシスコ・49ers
最優秀攻撃選手 ウォーレン・ムーン QB ヒューストン・オイラーズ
最優秀守備選手 ブルース・スミス DE バッファロー・ビルズ
最優秀コーチ ジミー・ジョンソン HC ダラス・カウボーイズ
最優秀新人攻撃選手 エミット・スミス RB ダラス・カウボーイズ
最優秀新人守備選手 マーク・キャリアー S シカゴ・ベアーズ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ MNF History: 1990”. ABC (2002年8月29日). 2013年6月1日閲覧。
  2. ^ ワイルドカードプレイオフの第3シード対第6シードの結果によって、ディヴィジョナルプレイオフの対戦カードが変わることになる