第10回スーパーボウル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第10回スーパーボウル
Super Bowl X
1 2 3 4
DAL 7 3 0 7 17
PIT 7 0 0 14 21
開催日 1976年1月18日
スタジアム マイアミ・オレンジボウル
開催地 フロリダ州マイアミ
MVP リン・スワン,スティーラーズ
優勝予想 Steelers by 7
国歌斉唱 トム・サリバン
コイントス ジョン・ワーナー・シニア
ハーフタイム アップウィズピープル
入場者数 80,187
アメリカにおけるテレビ放送
ネットワーク CBS
実況と解説 パット・サマロールトム・ブルックシャー
視聴率 42.3 (全米)
占有率 78 (全米)
CM広告料
(30秒)
11万ドル
 < 第9回 スーパーボウル 第11回 > 

第10回スーパーボウル(だい10かいスーパーボウル、Super Bowl X)は1976年1月18日フロリダ州マイアミマイアミ・オレンジボウルで行われた10回目のスーパーボウルNFCチャンピオンであるダラス・カウボーイズAFCチャンピオンであるピッツバーグ・スティーラーズが対戦した。スタジアムをアメリカ建国200年祭の垂れ幕が埋め、選手のユニフォームにも200年祭のマークが着けられた。スティーラーズがカウボーイズを21-17で破って、2年連続2度目のスーパーボウル制覇を果たした[1]MVPはスティーラーズのワイドレシーバーであるリン・スワンが受賞した。

テレビ中継はCBSが担当した。全米では、アポロ11号の宇宙飛行士が月面に第一歩を踏み出した際を上回る、8,500万人が観戦した[1]

プレーオフ[編集]

カウボーイズは、ミネソタ・バイキングスとのプレーオフでは、残り時間24秒からロジャー・ストーバックの投げたヘイルメリーパスをドリュー・ピアソンがキャッチし、TDをあげて逆転勝利した。このプレーでピアソンはボールを捕球前にネイト・ライトを押していたがフラッグは投げられず、反則は取られなかった[2]

試合開催前の話題[編集]

スティーラーズのエースWRリン・スワンは、オークランド・レイダーズ戦でハードヒットを受けて、脳震盪を起こし、2日間入院した。当初スワンは欠場を噂されていたが、カウボーイズのクリフ・ハリスの挑発的なコメントを受けて試合出場を決心した。

試合経過[編集]

第1Q、カウボーイズはロジャー・ストーバックからドリュー・ピアソンへの29ヤードのTDパスで7-0と先制、スティーラーズはテリー・ブラッドショーからランディ・グロスマンへの7ヤードのTDパスで7-7と同点にする。第2Qにトニ・フリッチュが36ヤードのFGを成功させ、10-7として前半を折り返した。

スティーラーズのキッカー、ロイ・ジェレラはカウボーイズのキックオフリターンを自ら止めたがこのプレーで肋骨を痛めてしまいFGを何度も失敗した。FG失敗直後にカウボーイズのクリフ・ハリスはジェレラのヘルメットをたたいて挑発したが[3]、このプレーに怒ったジャック・ランバートはハリスを引きずり倒した[4]。後にスティーラーズの守備選手たちはこのプレーで闘志を燃やしたと語っている。

第4Qにスティーラーズはレジー・ハリソンが敵陣エンドゾーン内でパントをブロック、セイフティとなり、10-9と1点差に詰め寄った。

その後、ジェレラが36ヤード、18ヤードのFGを決めて15-10とリードしたスティーラーズは、ブラッドショーからスワンへの64ヤードのTDパスを成功、トライフォーポイントは失敗したものの21-10とリードを広げる。その後カウボーイズは、パーシー・ハワードへの34ヤードのTDパスで21-17としたものの、最後の攻撃でストーバックが投げたヘイルメリーパスをグレン・エドワーズがインターセプト、スティーラーズが2年連続2度目の優勝を果たした。

スターティングラインアップ[編集]

ダラス・カウボーイズ ポジション ピッツバーグ・スティーラーズ
オフェンス
ドリュー・ピアソン

Drew Pearson

WR フランク・ルイス

Frank Lewis

ラルフ・ニーリー

Ralph Neely

LT ジョン・コルブ

Jon Kolb

バートン・ローレス

Burton Lawless

LG ジム・クラーク

Jim Clark

ジョン・フィッツジェラルド

John Fitzgerald

C レイ・マンスフィールド

Ray Mansfield

ブレイン・ナイ

Blaine Nye

RG ジェリー・マリンズ

Gerry Mullins

レイフィールド・ライト

Rayfield Wright

RT ゴードン・グラベル

Gordon Gravele

ジーン・フュージェット

Jean Fugett

TE ラリー・ブラウン

Larry Brown

ゴールデン・リチャーズ

Golden Richards

WR リン・スワン

Lynn Swann

ロジャー・ストーバック

Roger Staubach

QB テリー・ブラッドショー

Terry Bradshaw

プレストン・ピアソン

Preston Pearson

HB ロッキー・ブライアー

Rocky Bleier

ロバート・ニューハウス

Robert Newhouse

FB フランコ・ハリス

Franco Harris

ディフェンス
ツー・トール・ジョーンズ

Ed "Too Tall" Jones

LE L・C・グリーンウッド

L. C. Greenwood

ラリー・コール

Larry Cole

LDT ジョー・グリーン

Joe Greene

ジェスロ・ピュー

Jethro Pugh

RDT アーニー・ホームズ

Ernie Holmes

ハーベイ・マーティン

Harvey Martin

RDE ドワイト・ホワイト

Dwight White

デイブ・エドワーズ

Dave Edwards

LOLB ジャック・ハム

Jack Ham

リー・ロイ・ジョーダン

Lee Roy Jordan

MLB ジャック・ランバート

Jack Lambert

D・D・ルイス

D. D. Lewis

ROLB アンディ・ラッセル

Andy Russell

メル・レンフロ

Mel Renfro

LCB メル・ブラント

Mel Blount

マーク・ワシントン

Mark Washington

RCB J・T・トーマス

J. T. Thomas

チャーリー・ウォーターズ

Charlie Waters

SS グレン・エドワーズ

Glen Edwards

クリフ・ハリス

Cliff Harris

FS マイク・ワグナー

Mike Wagner

スペシャルチーム
トニ・フリッチュ

Toni Fritsch

K ロイ・ジェレラ

Roy Gerela

ミッチ・フープス

Mitch Hoopes

P ボビー・ワルデン
Bobby Walden
ヘッドコーチ
トム・ランドリー

Tom Landry

チャック・ノル

Chuck Noll

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 八千五百万人がテレビ観戦 スーパーボウル スチーラーズ決勝 朝日新聞 1976年1月20日朝刊17ページ
  2. ^ Brian Ditullio (2010年12月2日). “The Hail Mary”. bleacherreport.com. 2013年8月4日閲覧。
  3. ^ History of Steelers”. ピッツバーグ・ポスト・ガゼット (1976年1月18日). 2012年1月28日閲覧。
  4. ^ An Unanswered Hail Mary Brings Pure Joy”. bleacherreport.com (2009年5月13日). 2012年1月28日閲覧。

外部リンク[編集]