第42回スーパーボウル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第42回スーパーボウル
Super Bowl XLII
1 2 3 4
NYG 3 0 0 14 17
NE 0 7 0 7 14
開催日 2008年2月3日
スタジアム フェニックス大学スタジアム
開催地 フェニックス
MVP イーライ・マニング(QB)
優勝予想 ペイトリオッツ(13.5点)
国歌斉唱 ジョーダン・スパークス
コイントス ロニー・ロット, ジェリー・ライス, スティーブ・ヤング, ビル・ウォルシュの子供2人
審判 マイク・ケイリー
ハーフタイム トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ
入場者数 71,101人
アメリカにおけるテレビ放送
ネットワーク FOX
実況と解説 ジョー・バックトロイ・エイクマン
視聴率 43.3
占有率 65
CM広告料
(30秒)
2,700,000ドル
 < 第41回 スーパーボウル 第43回 > 

第42回スーパーボウル(Super Bowl XLII)は2008年2月3日アリゾナ州ユニバーシティ・オブ・フェニックス・スタジアムで開催されたアメリカンフットボールの試合。NFLの2007年レギュラーシーズン、プレオーオフを勝ち上がったNFCニューヨーク・ジャイアンツAFCニューイングランド・ペイトリオッツがNFLチャンピオンシップを争った。

試合は10勝6敗でNFC第5シードのワイルドカードから勝ちあがったニューヨーク・ジャイアンツがレギュラーシーズン16戦全勝のニューイングランド・ペイトリオッツを17-14で破る大番狂わせを演じ1991年の第25回スーパーボウル以来となる3度目の優勝を果たした。両チームはレギュラーシーズンの最終節で対戦し38-35でペイトリオッツが勝利し、1972年マイアミ・ドルフィンズ以来となるレギュラーシーズン全勝を達成した。これは1978年にレギュラーシーズンが14試合から16試合に増加した後初の快挙であった。両チームの対戦に対してラスベガスブックメーカーはペイトリオッツが13.5点有利とハンディをつけた[1]。試合は第3Qまでは両チームのディフェンスが頑張りペイトリオッツが7-3でリードして第4Qを迎えた。残り11分05秒でジャイアンツがTDをあげて10-7と逆転したが残り2分42秒でペイトリオッツが逆転TDで14-10とリードした。ジャイアンツの攻撃、残り1分15秒で3アンド5、自陣44ヤード地点からの攻撃の場面でQBサックされそうになったイーライ・マニングからデビッド・タイリーへの32ヤードのパスが通り敵陣24ヤードまでボールが前進した。4プレイ後残り時間35秒にプラキシコ・バレスへのTDパスが決まり17-14でジャイアンツが勝利した。MVPには第4Qに2本のTDパスを決めたジャイアンツのQB・イーライ・マニングが選ばれた。

背景[編集]

当初NFLはフェニックスではなくアメリカ同時多発テロ事件からの回復をアピールしようとニューヨークまたはワシントンD.C.での開催を考えていた。まずドーム球場がなくスタジアムの老朽化しているニューヨークは厳しい気象条件から外された。ワシントンD.C.にはドーム球場はなかったものの新しいスタジアムであるフェデックスフィールドがあり、ニューヨークよりは気象条件が穏やかであることから候補に残った。最終的にフェニックス、ワシントンD.C.、タンパが開催地候補となり、2003年10月にイリノイ州シカゴで開かれたNFLオーナー会議の結果、フェニックスでの開催が決定した。この試合はヒューストンリライアント・スタジアムで行われた第38回スーパーボウルに次いで2度目の開閉式ドーム球場での試合となった。2007年2月6日、アリゾナ州知事ジャネット・ナポリターノによってフェニックス・スカイハーバー国際空港でスーパーボウル開催のための組織委員会設立のセレモニーが行われた。スーパーボウルのロゴはアリゾナ州の形である赤地の背景にアリゾナ州におけるネイティブアメリカンの文化を表すターコイズブルーでXLIIの文字、赤い星がAFCを青い星がNFCを表した。

プレーオフ[編集]

ペイトリオッツはプレーオフ初戦のディビジョナルプレーオフでジャクソンビル・ジャガーズ戦でブレイディは28本中26本のパス成功(パス成功率92.9%のNFL記録)、268ヤードを投げて3本のタッチダウンパスを通し31-20で勝利した。またロドニー・ハリソンはNFLタイ記録となるプレーオフ4試合連続でのインターセプトを決めた。AFCチャンピオンシップゲームではブレイディが3回のインターセプトを喫したがローレンス・マロニーが122ヤードを走る活躍を見せると共にディフェンスがサンディエゴ・チャージャーズをFG4本に抑え21-12でスーパーボウルに勝ち上がった。

一方ジャイアンツはNFCのチームとしてロードでのプレーオフを3連勝してスーパーボウルに勝ち上がった最初のチームとなった。第4シードのタンパベイ・バッカニアーズを24-14で破ると第1シードのダラス・カウボーイズとの対戦でR・W・マクォーターズがエンドゾーンでトニー・ロモのパスをインターセプトする活躍を見せ21-17で勝利しNFCチャンピオンシップゲームに進出した。グリーンベイ・パッカーズとの対戦は氷点下18.3度(体感気温氷点下31.1度)のランボー・フィールドで行われた[2]。オーバータイムにもつれたこの試合でコリー・ウェブスターブレット・ファーヴのパスをインターセプト、最後はローレンス・タインズがポストシーズンにランボー・フィールドでプレイしたアウェイのキッカーとしては最長となる47ヤードのFGを決めて23-20でスーパーボウルに勝ち上がった。

試合経過[編集]

キックオフ後、ジャイアンツのドライブは自陣23ヤードから、9分57秒かけて(スーパーボウル記録)16プレイで63ヤード前進し、32ヤードのフィールドゴールで3点を先制した。

第1Q最後、トム・ブレイディからベンジャミン・ワトソンへのパスをアントニオ・ピアースがエンドゾーン内でパスインターフェアランスの反則を犯し、ペイトリオッツはゴール前1ヤードからのファーストダウンの権利を得た。

第2Qに入り、1プレイ目に、ローレンス・マロニーの1ヤードランで、7-3と逆転した。

その後、両チームとも得点が無く第4Qに入った。

ジャイアンツは自陣20ヤードから、ケビン・ボスへの45ヤードのパスが決まり敵陣に攻め込むと、残り11分05秒、最後はデビッド・タイリーへの5ヤードのタッチダウンパスが決まり10-7と逆転した。

その後、1回ずつパントを蹴り合った後、ペイトリオッツは自陣20ヤードからのドライブで、10プレイで75ヤード進むと、残り2分42秒、最後はランディ・モスへの5ヤードのタッチダウンパスが決まり、14-10と再逆転した。

後が無くなったジャイアンツは、自陣17ヤードからの攻撃となった。7プレイで27ヤード前進し、残り1分15秒で3アンド5となった。

自陣44ヤード地点からの攻撃の場面でQBサックされそうになったイーライ・マニングは、ユニフォームをつかまれながらも辛くもQBサックを免れると、デビッド・タイリーへの32ヤードのパスを決め、敵陣24ヤードまで前進した。次の2プレイで1ヤード後退したが、3ダウン11でスティーブ・スミスへのパスが決まり、敵陣13ヤードまで進んだ。次のプレイ、残り時間35秒にプラキシコ・バレスへのTDパスが決まり17-14と、再度ジャイアンツがリードした。

ペイトリオッツは、残り29秒という時間の中、自陣26ヤードからの最後の攻撃に賭けた。ブレイディはロングパスを4回試みたが、サック1回、不成功3回に終わり、ジャイアンツの勝利が決定した。

MVPには第4Qに2本のTDパスを決めたジャイアンツのQB・イーライ・マニングが選ばれた。

両チーム合計31点は、第40回スーパーボウルと並び、第10回スーパーボウル以降ではもっともロースコアとなった。また、試合前劣勢を伝えられていたジャイアンツが勝利したことで、NFLの世紀の番狂わせTOP10の第2位に選ばれている。

スターティングラインアップ[編集]

ニューヨーク・ジャイアンツ ポジション ニューイングランド・ペイトリオッツ
オフェンス
プラキシコ・バレス
Plaxico Burress
WR ウェズ・ウェルカー
Wes Welker
デビッド・ディール
David Diehl
LT マット・ライト
Matt Light
リッチ・ソーバート
Rich Seubert
LG ローガン・マンキンス
Logan Mankins
ショーン・オハラ
Shaun O'Hara
C ダン・コッペン
Dan Koppen
クリス・スニー
Chris Snee
RG スティーブン・ニール
Stephen Neal
カリーム・マッケンジー
Kareem McKenzie
RT ニック・カクザー
Nick Kaczur
ケビン・ボス
Kevin Boss
TE ベンジャミン・ワトソン
Benjamin Watson
アマニ・トゥーマー
Amani Toomer
WR ランディ・モス
Randy Moss
イーライ・マニング
Eli Manning
QB トム・ブレイディ
Tom Brady
ブランドン・ジェイコブス
Brandon Jacobs
RB ローレンス・マロニー
Laurence Maroney
マイケル・マシューズ
Michael Matthews
TE カイル・ブレイディ
Kyle Brady
ディフェンス
マイケル・ストレイハン
Michael Strahan
LE タイ・ウォレン
Ty Warren
バリー・コフィールド
Barry Cofield
LDT-NT ビンス・ウィルフォーク
Vince Wilfork
フレッド・ロビンズ
Fred Robbins
RDT-RE リチャード・シーモア
Richard Seymour
オウシ・ウメニオーラ
Osi Umenyiora
RE-LOLB マイク・ブラベル
Mike Vrabel
レジー・トーバー
Reggie Torbor
LOLB-MLB テディ・ブルスキ
Tedy Bruschi
アントニオ・ピアース
Antonio Pierce
MLB-ROLB エイドリアス・トーマス
Adalius Thomas
カウィカ・ミッチェル
Kawika Mitchell
ROLB-DB ブランドン・メリウェザー
Brandon Meriweather
アーロン・ロス
Aaron Ross
LCB アサンテ・サミュエル
Asante Samuel
コリー・ウェブスター
Corey Webster
RCB エリス・ホブス
Ellis Hobbs
ジェームズ・バトラー
James Butler
SS ロドニー・ハリソン
Rodney Harrison
ジブリル・ウィルソン
Gibril Wilson
FS ジェームズ・サンダース
James Sanders
スペシャルチーム
ジェフ・フィーグルス
Jeff Feagles
K スティーブン・ゴストコウスキー
Stephen Gostkowski
スティーブ・ウェザーフォード
Steve Weatherford
P クリス・ハンソン
Chris Hanson
ヘッドコーチ
トム・コフリン
Tom Coughlin
ビル・ベリチック
Bill Belichick

エンターテイメント[編集]

NFLが主催したプレゲームパーティではウィリー・ネルソノサラ・エバンズとデュエットで熱唱した。

放送[編集]

全米でのテレビ中継はFOXが担当し、国際映像はNFLネットワークを通じて全世界に中継された。また、ハーフタイムショーの冠スポンサーには日本のタイヤメーカーブリヂストンが務めた。テレビ中継の全米視聴率は歴代1位となる43.3%、視聴者数は約9,750万人を記録した。この数値はアメリカの全スポーツ中継の中でも史上最高、TV放送全体でも史上2位となる記録である。

日本国内の放送[編集]

気象条件[編集]

摂氏21度(華氏70度)開閉式ドームは屋根が閉じられた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Pats' historic season earns large point spread in Super Bowl ESPN 2008年1月20日
  2. ^ この試合は同じくランボー・フィールドで行われた1967年NFLチャンピオンシップゲームフリーザーボウルシンシナティで行われたプレーオフ)、NFL史上3番目に低い気温でのゲームとなった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]