第7回スーパーボウル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第7回スーパーボウル
Super Bowl VII
1 2 3 4
MIA 7 7 0 0 14
WAS 0 0 0 7 7
開催日 1973年1月14日
スタジアム ロサンゼルス・メモリアル・コロシアム
開催地 カリフォルニア州ロサンゼルス
MVP ジェイク・スコット, ドルフィンズ
優勝予想 Redskins by 1
国歌斉唱 シカゴ・ホリーエンジェルズ教会
コイントス レフリー
ハーフタイム ミシガン大学マーチングバンド、ウッディー・ハーマン
入場者数 90,182
アメリカにおけるテレビ放送
ネットワーク NBC
実況と解説 カート・ゴウディアル・デロガティス
視聴率 42.7 (全米)
占有率 72 (全米)
CM広告料
(30秒)
8万8千ドル
 < 第6回 スーパーボウル 第8回 > 

第7回スーパーボウル(だい7かいスーパーボウル、Super Bowl VII)は1973年1月14日カリフォルニア州ロサンゼルスロサンゼルス・メモリアル・コロシアムで行われた7回目のスーパーボウルAFCチャンピオンであるマイアミ・ドルフィンズNFCチャンピオンであるワシントン・レッドスキンズの対戦。ドルフィンズがレッドスキンズを14-7で破って、2年連続2度目のスーパーボウル制覇を果たした。MVPはドルフィンズのセイフティであるジェイク・スコットが受賞した。

ドルフィンズはレギュラーシーズンを14勝0敗で終え、プレーオフ2試合を勝ち上がり、2年連続スーパーボウル出場を決めた。スーパーボウルではノーネーム・ディフェンス(トム・ランドリーの発言が由来)[1]と呼ばれた守備陣が第3Qまで相手を無得点に抑え、ガロ・イェプレミアンがFGをブロックされた後、パスを投げようとしてファンブルしたボールをマイク・バスが拾い49ヤードリターンしたタッチダウンによる7点に抑えて勝利、17戦無敗、パーフェクトシーズンでスーパーボウルを制した[2]。 それまでのスーパーボウルで最多の90,182人の観客が訪れた[3]

スターティングラインアップ[編集]

マイアミ・ドルフィンズ ポジション ワシントン・レッドスキンズ
オフェンス
ポール・ウォーフィールド
Paul Warfield
WR チャーリー・テイラー
Charley Taylor
ウェイン・ムーア
Wayne Moore
LT テリー・ハームリング
Terry Hermeling
ボブ・クーチェンバーグ
Bob Kuechenberg
LG ポール・ラアヴェグ
Paul Laaveg
ジム・ランガー
Jim Langer
C レン・ホース
Len Hauss
ラリー・リトル
Larry Little
RG ジョン・ウィルバー
John Wilbur
ノーム・エバンズ
Norm Evans
RT ウォルト・ロック
Walt Rock
マーブ・フレミング
Marv Fleming
TE ジェリー・スミス
Jerry Smith
ハワード・トゥウィリー
Howard Twilley
WR ロイ・ジェファーソン
Roy Jefferson
ボブ・グリーシー
Bob Griese
QB ビリー・キルマー
Billy Kilmer
ラリー・ゾンカ
Larry Csonka
FB チャーリー・ハラウェイ
Charley Harraway
ジム・キイク
Jim Kiick
RB ラリー・ブラウン
Larry Brown
ディフェンス
ヴァーン・デン・ヘルダー
Vern Den Herder
LE ロン・マクドール
Ron McDole
マニー・フェルナンデス
Manny Fernandez
LDT ビル・ブルンディジ
Bill Brundige
ボブ・ハインツ
Bob Heinz
RDT ディロン・タルバート
Diron Talbert
ビル・スタンフィル
Bill Stanfill
RDE ヴァーロン・ビグズ
Verlon Biggs
ダグ・スウィフト
Doug Swift
LOLB ジャック・パーディー
Jack Pardee
ニック・ブオニコンティ
Nick Buoniconti
MLB マイロン・ポティオス
Myrono Pottios
マイク・コーレン
Mike Kolen
ROLB クリス・ハンバーガー
Chris Hanburger
ロイド・マンフォード
Lloyd Mumphord
LCB パット・フィッシャー
Pat Fischer
カーティス・ジョンソン
Curtis Johnson
RCB マイク・バス
Mike Bass
ディック・アンダーソン
Dick Anderson
SS ブリッグ・オーエンズ
Brig Owens
ジェイク・スコット
Jake Scott
FS ルーズベルト・テイラー
Roosevelt Taylor
スペシャルチーム
ガロ・イェプレミアン
Garo Yepremian
K カート・ナイト
Curt Knight
ラリー・シープル
Larry Seiple
P マイク・ブラッグ
Mike Bragg
ヘッドコーチ
ドン・シュラ
Don Shula
ジョージ・アレン
George Allen

トーナメント表[編集]

ディビジョナルプレイオフ カンファレンス決勝 第7回スーパーボウル
                   
12月24日
マイアミ・オレンジボウル
       
 クリーブランド・ブラウンズ 14
12月31日
スリー・リバース・スタジアム
 マイアミ・ドルフィンズ 20  
 マイアミ・ドルフィンズ 21
12月23日
スリー・リバース・スタジアム
   ピッツバーグ・スティーラーズ 17  
 オークランド・レイダーズ 7
1月14日
ロサンゼルス・メモリアル・コロシアム
 ピッツバーグ・スティーラーズ 13  
 マイアミ・ドルフィンズ 14
12月23日
キャンドルスティック・パーク
   ワシントン・レッドスキンズ 7
 ダラス・カウボーイズ 30
12月31日
RFKスタジアム
 サンフランシスコ・49ERS 28  
 ダラス・カウボーイズ 3
12月24日
RFKスタジアム
   ワシントン・レッドスキンズ 26  
 グリーンベイ・パッカーズ 3
 ワシントン・レッドスキンズ 16  

その後[編集]

2007年ニューイングランド・ペイトリオッツがレギュラーシーズン16勝0敗でプレーオフを勝ち上がり、第42回スーパーボウルに出場したがニューヨーク・ジャイアンツに敗れており、この年のドルフィンズ以外にパーフェクトシーズンでスーパーボウルを制覇したチームはない。

ガロ・イェプレミアンのプレーは、「Garo's Gaffe」と呼ばれるようになった。2012年10月12日、タンパベイ・バッカニアーズのパンターマイケル・コーネンはパントをブロックされた後、ボールを拾いパスを投げた。これがカンザスシティ・チーフスエドガー・ジョーンズにインターセプトされ、そのままリターンTDされた。このプレイの後、バッカニアーズのヘッドコーチ、グレッグ・シアーノは、コーネンが生まれる前に第7回スーパーボウルでガロ・イェプレミアンが同じようなプレーをしたことを伝えた。NFLフィルムズが拾ったコーチの肉声ではそれほど怒りは見られなかった[4]

スーパーボウル優勝チーム恒例のホワイトハウス訪問は、ウォーターゲート事件の影響で実施されなかった。2013年8月バラク・オバマアメリカ合衆国大統領の時に実現した[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 印象に残る守備陣のニックネームTOP6”. NFL JAPAN (2012年5月17日). 2012年5月17日閲覧。
  2. ^ Brian Ditullio (2010年12月2日). “Garo's Gaffe”. bleacherreport.com. 2013年8月4日閲覧。
  3. ^ 放送権九億円、飛行船も動員 豪華ずくめスーパーボウル朝日新聞 1977年1月9日
  4. ^ Michael David Smith (2012年10月18日). “Bucs’ punter reminds Greg Schiano of Garo Yepremian”. NBCスポーツ. 2012年11月2日閲覧。
  5. ^ Cindy Boren (2013年8月20日). “1972 Miami Dolphins visit President Obama, White House”. ワシントン・ポスト. 2013年12月13日閲覧。

外部リンク[編集]