1991年のNFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1991年のNFL
レギュラーシーズン
日程 1991年9月1日 - 1991年12月23日
プレイオフ
開幕日 1991年12月28日
AFC優勝 バッファロー・ビルズ
NFC優勝 ワシントン・レッドスキンズ
第26回スーパーボウル
開催日 1992年1月26日
開催都市 ミネソタ州ミネアポリス
スタジアム メトロドーム
チャンピオン ワシントン・レッドスキンズ
プロボウル
開催日 1992年2月2日
開催都市 ハワイ州ホノルル
スタジアム アロハ・スタジアム
NFLシーズン
 < 1990 1992 > 

1991年のNFL1991年9月1日NFL72回目のレギュラーシーズンが開幕し、1992年1月26日ミネソタ州ミネアポリスで開催された第26回スーパーボウルを経て、2月2日ハワイ州ホノルルでプロボウルが開催されてシーズンが終了した。

主なルール変更[編集]

  • ドロップキック、フィールドゴール、パントは、全てスクリメージライン後方から行う、と変更された[1]
  • 前・後半残り 2 分以降を除き、反則により相手に怪我をさせた場合、チームタイムアウトを没収されなくなった。
  • 選手がアウトオブバウンズに出たとしても、攻守交代の際は次のスナップまでゲームクロックを動かさない。
  • 守備側のオフサイドで、クォーターバックへの威嚇の意図が明白な場合、審判は直ちにプレイを止める[2]
  • ファンブルしたボールが相手のエンドゾーンからアウトオブバウンズへ出た場合は、タッチバックになる。
  • ファンブルしたボールが自軍のエンドゾーンへ入り、相手側選手によりアウトオブバウンズへ出された場合は、セイフティではなく、タッチバックになる。
  • 攻撃側選手は、バックワードパスを故意に叩いてはならない。
  • ジャージの首元とパンツの左太ももに、リーグのマークを付けることになった。

レギュラーシーズン順位表[編集]

  • 背景色が緑のチームはプレイオフ進出チーム
  • 括弧内はプレイオフシード順
AFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
(1) バッファロー・ビルズ 13 3 .813 458 318
(6) ニューヨーク・ジェッツ 8 8 .500 314 293
マイアミ・ドルフィンズ 8 8 .500 343 349
ニューイングランド・ペイトリオッツ 6 10 .375 211 305
インディアナポリス・コルツ 1 15 .063 143 381
AFC中地区
チーム 勝率 得点 失点
(3) ヒューストン・オイラーズ 11 5 .688 386 251
ピッツバーグ・スティーラーズ 7 9 .438 292 344
クリーブランド・ブラウンズ 6 10 .375 293 298
シンシナティ・ベンガルズ 3 13 .188 263 435
AFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
(2) デンバー・ブロンコス 12 4 .750 304 235
(4) カンザスシティ・チーフス 10 6 .625 322 252
(5) ロサンゼルス・レイダーズ 9 7 .563 298 297
シアトル・シーホークス 7 9 .438 276 261
サンディエゴ・チャージャーズ 4 12 .250 274 342
NFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
(1) ワシントン・レッドスキンズ 14 2 .875 485 224
(5) ダラス・カウボーイズ 11 5 .688 342 310
フィラデルフィア・イーグルス 10 6 .625 285 244
ニューヨーク・ジャイアンツ 8 8 .500 281 297
フェニックス・カージナルス 4 12 .250 196 344
NFC中地区
チーム 勝率 得点 失点
(2) デトロイト・ライオンズ 12 4 .750 339 295
(4) シカゴ・ベアーズ 11 5 .688 299 269
ミネソタ・バイキングス 8 8 .500 301 306
グリーンベイ・パッカーズ 4 12 .250 273 313
タンパベイ・バッカニアーズ 3 13 .188 199 365
NFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
(3) ニューオーリンズ・セインツ 11 5 .688 341 211
(6) アトランタ・ファルコンズ 10 6 .625 361 338
サンフランシスコ・49ers 10 6 .625 393 239
ロサンゼルス・ラムズ 3 13 .188 234 390


プレイオフ[編集]

トーナメント表[編集]

                                   
12月29日
ソルジャー・フィールド
  1月5日
ポンティアック・シルバードーム
         
 5  カウボーイズ  17
 5  カウボーイズ  6
 4  ベアーズ  13     1月12日
RFKスタジアム
 2  ライオンズ  38  
NFC
12月28日
ルイジアナ・スーパードーム
 2  ライオンズ  10
1月4日
RFKスタジアム
   1  レッドスキンズ  41  
 6  ファルコンズ  27 NFC チャンピオンシップ
 6  ファルコンズ  7
 3  セインツ  20   1月26日
HHHメトロドーム
 1  レッドスキンズ  24  
ワイルドカード・プレイオフ  
ディビジョナル・プレイオフ
12月29日
アストロドーム
 N1  レッドスキンズ  37
1月4日
マイルハイ・スタジアム
   A1  ビルズ  24
 6  ジェッツ  24 第26回スーパーボウル
 3  オイラーズ  24
 3  オイラーズ  17     1月12日
リッチ・スタジアム
 2  ブロンコス  26  
AFC
12月28日
アローヘッド・スタジアム
 2  ブロンコス  7
1月5日
リッチ・スタジアム
   1  ビルズ  10  
 5  レイダーズ  6 AFC チャンピオンシップ
 4  チーフス  14
 4  チーフス  10  
 1  ビルズ  37  
  • 対戦カードはシード順で決定され、そのラウンドに登場する最上位チームが最下位チームとホームで対戦、残った2チームが上位チームのホームで対戦する[3]
  • チーム名の左の数字はシード順。
  • * は延長戦決着

受賞者[編集]

受賞者 ポジション チーム
スーパーボウルMVP マーク・リッピン QB ワシントン・レッドスキンズ
MVP サーマン・トーマス RB バッファロー・ビルズ
最優秀攻撃選手 サーマン・トーマス RB バッファロー・ビルズ
最優秀守備選手 パット・スウィリング LB ニューオーリンズ・セインツ
最優秀コーチ ウェイン・フォンテス HC デトロイト・ライオンズ
最優秀新人攻撃選手 レナード・ラッセル RB ニューイングランド・ペイトリオッツ
最優秀新人守備選手 マイク・クロール LB デンバー・ブロンコス

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ これまでは、フィールドのどこからでもドロップキックでフィールドゴールを行えた
  2. ^ 普通、守備側のオフサイドは、スナップされなければ成立しない
  3. ^ ワイルドカードプレイオフの第3シード対第6シードの結果によって、ディヴィジョナルプレイオフの対戦カードが変わることになる