ブルース・ピケンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブルース・ピケンズ

Bruce Pickens  No. 39, 38

コーナーバック
生年月日:1968年5月9日(46歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミズーリ州カンザスシティ
身長:5' 11" =約180.3cm 体重:190 lb =約86.2kg
NFLデビュー
1991年アトランタ・ファルコンズ
経歴
大学ネブラスカ大学
NFLドラフト1991年 / 1巡目(全体の3番目)
 所属チーム:
通算成績
(1995年までの成績)
タックル     88回
QBサック     0回
インターセプト     2回
ファンブルリカバー     1回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

ブルース・ピケンズ(Bruce Pickens 1968年5月9日- )はミズーリ州カンザスシティ出身のアメリカンフットボール選手。ポジションはコーナーバック

経歴[編集]

ジュニアカレッジから、ネブラスカ大学に編入し、コーナーバックとしてバンプ・アンド・ランカバレッジやマンカバーディフェンスを学んだ[1]。1988年にはビッグ・エイト・カンファレンスの最優秀ニューカマーに選ばれた。1989年には先発左コーナーバックとして起用され、同年カンファレンスのファーストチームに選ばれた。1990年にもカンファレンスのセカンドチームに選ばれている[2]

ドラフト前のスカウティングコンバインでは40ヤード走で4秒43を記録した[3]

ドラフト前の予想では、ディフェンスバックとしてトッド・ライトエリック・ターナースタンリー・リチャードとともに、その年のドラフト1巡上位指名が予想された[1]1991年NFLドラフト1巡全体3位でアトランタ・ファルコンズに指名された。リーグ最高のコーナーバックであるディオン・サンダースとのコンビが期待されたが[4]、10月まで契約をホールドアウトし、1991年は7試合しか出場しなかった[5]。ファルコンズでは8試合の先発出場で2インターセプトにとどまり、1993年シーズン途中の10月にグリーンベイ・パッカーズにトレードされた[6]。その後、カンザスシティ・チーフスに加入、バッファロー・ビルズとのプレーオフではアルバート・ルイスジェイ・テイラーケビン・ロスマーティン・ベイレスチャールズ・ミンシーとともにダイムディフェンスの一員として起用された[7]

1995年オークランド・レイダーズに加入、1996年8月の最終ロースターカットでレイダーズを解雇された[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Need Cornerback? It`s Lyght, Pickens”. サン・センティネル (1991年4月20日). 2014年1月11日閲覧。
  2. ^ 732 - Bruce Pickens RC, UER - Atlanta Falcons”. PROSET. 2014年1月11日閲覧。
  3. ^ Dan Rachel (2013年4月3日). “Atlanta Falcons: Best and worst draft picks”. nfl.com. 2014年1月11日閲覧。
  4. ^ 28 - Bruce Pickens RC - Atlanta Falcons”. BOWMAN. 2014年1月11日閲覧。
  5. ^ Matt Ryan (2013年4月25日). “NFL Draft: Biggests Busts in Atlanta Falcons History”. CBS. 2014年1月11日閲覧。
  6. ^ Atlanta Falcons: Best and worst draft picks”. nfl.com (2013年4月23日). 2014年1月11日閲覧。
  7. ^ Bob Gretz. “Hail to the Chiefs”. pp. 6. 2014年1月11日閲覧。
  8. ^ PRO FOOTBALL DAILY REPORT : Raiders Trade Ismail and Cut Jaeger”. ロサンゼルス・タイムズ (1996年8月26日). 2014年1月11日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
スティーブ・ブロザード
アトランタ・ファルコンズ
ドラフト1巡指名
マイク・プリチャード
1991年
次代:
トニー・スミス