第4回スーパーボウル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第4回スーパーボウル
Super Bowl IV
1 2 3 4
MIN 0 0 7 0 7
KC 3 13 7 0 23
開催日 1970年1月11日
スタジアム チューレイン・スタジアム
開催地 ルイジアナ州ニューオーリンズ
MVP レン・ドーソン,チーフス
優勝予想 Vikings by 12
国歌斉唱 アル・ハート
コイントス レフェリー
ハーフタイム キャロル・チャニング
入場者数 80,562
アメリカにおけるテレビ放送
ネットワーク CBS
実況と解説 ジャック・バックパット・サマロールフランク・ギフォード
視聴率 39.4 (全米)
占有率 69 (全米)
CM広告料
(30秒)
7万8千ドル
 < 第3回 スーパーボウル 第5回 > 

第4回スーパーボウル(だい4かいスーパーボウル、Super Bowl IV)は1970年1月11日ルイジアナ州ニューオーリンズチューレイン・スタジアムで行われた4回目のスーパーボウルAFL-NFL合併前、最後のスーパーボウル。NFLチャンピオンであるミネソタ・バイキングスAFLチャンピオンであるカンザスシティ・チーフスの対戦。チーフスがバイキングスを23-7で破って、初のスーパーボウル制覇を果たした。

前年の第3回スーパーボウルでAFLのニューヨーク・ジェッツが勝利したものの、多くのスポーツライターやファンは、これをフロックと考えており、NFLチームがAFLチームより優れていると信じており、バイキングスがチーフスを破ることを期待していた。

バイキングスは、NFLチャンピオンシップゲームでクリーブランド・ブラウンズを27-7で破りスーパーボウル初出場を果たした。

この試合ではNFLフィルムズがチーフスのヘッドコーチ、ハンク・ストラムマイクロフォンをつけていたことでも知られている。

背景[編集]

ミネソタ・バイキングス[編集]

バド・グラントヘッドコーチに率いられたバイキングスはNFLトップの12勝2敗でシーズンを終えた。NFL最多得点の379点をあげ、相手にはNFL最少の133点しか許さなかった。このうちの3試合では50得点以上をあげている。シーズン開幕週と最終週の試合に敗れたが間の12試合を連勝した。シーズン12連勝は、過去35年間達成したチームがなかった。ディフェンスは、NFLで最も相手に恐れられており、ディフェンシブラインは、パープル・ピープル・イーターズと呼ばれるゲイリー・ラーセンアラン・ペイジカール・エラージム・マーシャルの4人で構成された。ディフェンシブバックは、ボビー・ブライアントが8インターセプト、アーセル・マックビーが6インターセプト、ポール・クラウスが5インターセプト、1タッチダウンをあげた。

オフェンスではジョー・カップが優れたリーダーシップを発揮した。スクランブルの際に多くのQBがタックルを受けることを避け、スライディングするのと異なり、彼はタックラーにショルダーチャージした。クリーブランド・ブラウンズとのNFLチャンピオンシップゲームで彼は相手ラインバッカーのジム・ヒューストンと激しく接触し、ヒューストンは途中退場した。彼はチームのMVPに選ばれたが、自分だけが活躍したのではないとMVPを辞退するような面も持ち合わせていた。ランニングバックのデイブ・オズボーンがチームトップの643ヤードを走り、7タッチダウン、22回のレシーブで236ヤード、1タッチダウンをあげた。パスオフェンスではプロボウルに選ばれたワイドレシーバー・ジーン・ワシントンが39回のレシーブで821ヤード(平均21.1ヤード)、9タッチダウン、ジョン・ヘンダーソンが34回のレシーブで553ヤード、5タッチダウンをあげた。オフェンスラインでゃグレイディ・アルダーマンミック・ティンゲルホフがプロボウルに選ばれた。

カンザスシティ・チーフス[編集]

チーフスはハンク・ストラムヘッドコーチに率いられ、11勝3敗のAFL西地区2位でシーズンを終えた。AFLチャンピオンシップゲームでオークランド・レイダーズを17-7で破り3年ぶり2度目のスーパーボウル出場を果たした。

レギュラーシーズンの第2週にエースQBのレン・ドーソンがひざを負傷、南メソジスト大学から入団した2年目の控えQBマイク・リビングストンが6試合に先発出場した。

試合経過[編集]

チーフスがヤン・ステナルードの3本のFGで9-0とリードした後、チーフスのヘッドコーチ、ハンク・ストラムは、ほとんど使っていない"65-toss power trap"のプレーをコール、マイク・ギャレットが5ヤードのTDランをあげて16-0とリードを広げた[1]。この試合でストラムにはマイクロホンが着けられており"65-toss power trap"のプレーコールでタッチダウンをあげた後の"Chinese fire drill"(奴らはあわてふためいている)という発言が知られている[2]

バイキングスはデイブ・オズボーンの4ヤードのTDランで16-7としたが、チーフスはオーティス・テイラーへの46ヤードのTDパスで23-7とリードを広げ、そのまま勝利した。

チーフスディフェンスはバイキングスのラン攻撃を67ヤードに抑え、3インターセプトを奪取、2ファンブルリカバーをあげた。またチーフスのQBレン・ドーソンはパス17回中12回成功、142ヤード、1TD、1IINTの成績でMVPに選ばれた。

この年のチーフスの勝利でAFLとNFLの統合を前にしてAFLがスーパーボウルで2連勝となった。

スターティングラインアップ[編集]

ミネソタ・バイキングス ポジション カンザスシティ・チーフス
オフェンス
ジーン・ワシントン
Gene Washington
WR フランク・ピッツ
Frank Pitts
グレイディ・アルダーマン
Grady Alderman
LT ジム・タイラー
Jim Tyrer
ジム・ヴェロン
Jim Vellone
LG エド・バッデ
Ed Budde
ミック・ティンゲルホフ
Mick Tingelhoff
C E・J・ホラブ
E. J. Holub
ミルト・サンデ
Milt Sunde
RG モー・ムーアマン
Mo Moorman
ロン・ヤーリー
Ron Yary
RT デイブ・ヒル
Dave Hill
ジョン・ビーズリー
John Beasley
TE フレッド・アルバナス
Fred Arbanas
ジョン・ヘンダーソン
John Henderson
WR オーティス・テイラー
Otis Taylor
ジョー・カップ
Joe Kapp
QB レン・ドーソン
Len Dawson
デイブ・オズボーン
Dave Osborn
RB マイク・ギャレット
Mike Garrett
ビル・ブラウン
Bill Brown
RB ロバート・ホームズ
Robert Holmes
ディフェンス
カール・エラー
Carl Eller
LE ジェリー・メイズ
Jerry Mays
ゲイリー・ラーセン
Gary Larsen
LDT カーリー・カルプ
Curley Culp
アラン・ペイジ
Alan Page
RDT バック・ブキャナン
Buck Buchanan
ジム・マーシャル
Jim Marshall
RDE アーロン・ブラウン
Aaron Brown
ロイ・ウィンストン
Roy Winston
LOLB ボビー・ベル
Bobby Bell
ロニー・ウォーウィック
Lonnie Warwick
MLB ウィリー・レニアー
Willie Lanier
ウォリー・ヒルゲンバーグ
Wally Hilgenberg
ROLB ジム・リンチ
Jim Lynch
アーセル・マックビー
Earsell Mackbee
LCB ジム・マーサリス
Jim Marsalis
エド・シャロックマン
Ed Sharockman
RCB エミット・トーマス
Emmitt Thomas
カール・カサルキー
Karl Kassulke
SS ジム・カーニー
Jim Kearney
ポール・クラウス
Paul Krause
FS ジョニー・ロビンソン
Johnny Robinson
スペシャルチーム
フレッド・コックス
Fred Cox
K ヤン・ステナルード
Jan Stenerud
ボブ・リー
Bob Lee
P ジェレル・ウィルソン
Jerrel Wilson
ヘッドコーチ
バド・グラント
Bud Grant
ハンク・ストラム
Hank Stram

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Michael Ielpi (2009年6月3日). “My Top 10 Super Bowl Coaching Decisions”. bleacherreport.com. 2012年6月13日閲覧。
  2. ^ Joe Posnanski (2010年2月3日). “How NFL Films transformed football”. スポーツ・イラストレイテッド. 2012年6月13日閲覧。

外部リンク[編集]