1982年のNFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1982年のNFL
レギュラーシーズン
日程 1982年9月12日 - 1983年1月3日
プレイオフ
開幕日 1983年1月8日
AFC優勝 マイアミ・ドルフィンズ
NFC優勝 ワシントン・レッドスキンズ
第17回スーパーボウル
開催日 1983年1月30日
開催都市 カリフォルニア州パサデナ
スタジアム ローズボウル
チャンピオン ワシントン・レッドスキンズ
プロボウル
開催日 1983年2月6日
開催都市 ハワイ州ホノルル
スタジアム アロハ・スタジアム
NFLシーズン
 < 1981 1983 > 

1982年のNFL1982年9月12日に開幕したNFL63回目のレギュラーシーズンである。

57日間の長期に渡るストライキの影響で7週分の試合が中止となり、レギュラーシーズンは各チーム9試合しか行われなかった。そのため、地区別の成績ではなく、各カンファレンス上位8チームがプレイオフに進出することになった。その8チームによるトーナメントで各カンファレンスのチャンピオンが決定され、1983年1月30日カリフォルニア州パサデナ第17回スーパーボウルが開催された。翌週2月6日ハワイ州ホノルルでプロボウルが開催されてシーズンが終了した。

ストライキ中、選手側はワシントンとロサンゼルスでオールスターゲームを開始をしたが、観客はあまり集まらなかった[1]

ルール変更[編集]

  • 偶発的にフェイスマスクに手が触れた場合の罰則が、「5 ヤードの罰退とオートマチックファーストダウン」から、5 ヤードの罰退のみになる。
  • ボールへの不正なキッキング、バッティング、パンチングの罰退が、15 ヤードから 10 ヤードに。

レギュラーシーズン順位表[編集]

  • 背景色が緑のチームはプレイオフ進出チーム
  • 数字はシード順
AFC
チーム 勝率 得点 失点
(1) ロサンゼルス・レイダーズ 8 1 0 .889 260 200
(2) マイアミ・ドルフィンズ 7 2 0 .778 198 131
(3) シンシナティ・ベンガルズ 7 2 0 .778 232 177
(4) ピッツバーグ・スティーラーズ 6 3 0 .667 204 146
(5) サンディエゴ・チャージャーズ 6 3 0 .667 288 221
(6) ニューヨーク・ジェッツ 6 3 0 .667 245 166
(7) ニューイングランド・ペイトリオッツ 5 4 0 .556 143 157
(8) クリーブランド・ブラウンズ 4 5 0 .444 140 182
バッファロー・ビルズ 4 5 0 .444 150 154
シアトル・シーホークス 4 5 0 .444 127 147
カンザスシティ・チーフス 3 6 0 .333 176 184
デンバー・ブロンコス 2 7 0 .222 148 226
ヒューストン・オイラーズ 1 8 0 .111 136 245
ボルチモア・コルツ 0 8 1 .056 113 236
NFC
チーム 勝率 得点 失点
(1) ワシントン・レッドスキンズ 8 1 0 .889 190 128
(2) ダラス・カウボーイズ 6 3 0 .667 226 145
(3) グリーンベイ・パッカーズ 5 3 1 .611 226 169
(4) ミネソタ・バイキングス 5 4 0 .556 187 198
(5) アトランタ・ファルコンズ 5 4 0 .556 183 199
(6) セントルイス・カージナルス 5 4 0 .556 135 170
(7) タンパベイ・バッカニアーズ 5 4 0 .556 158 178
(8) デトロイト・ライオンズ 4 5 0 .444 181 176
ニューオーリンズ・セインツ 4 5 0 .444 129 160
ニューヨーク・ジャイアンツ 4 5 0 .444 164 160
サンフランシスコ・49ers 3 6 0 .333 209 206
シカゴ・ベアーズ 3 6 0 .333 141 174
フィラデルフィア・イーグルス 3 6 0 .333 191 195
ロサンゼルス・ラムズ 2 7 0 .222 200 250


プレイオフ[編集]

トーナメント表[編集]

ストライキにより、試合数が大幅に減ったため、16チームによるトーナメントでプレイオフが行われた。

1回戦 2回戦 カンファレンス決勝 第17回スーパーボウル
                           
1月9日
リバーフロント・スタジアム
           
 6) ジェッツ 44
1月15日
LAメモリアル・コロシアム
 3) ベンガルズ 17  
 6) ジェッツ 17
1月8日
LAメモリアル・コロシアム
   1) レイダーズ 14  
 8) ブラウンズ 10
1月23日
マイアミ・オレンジボウル
 1) レイダーズ 27  
 6) ジェッツ 0
1月9日
スリー・リバース・スタジアム
   2) ドルフィンズ 14  
 5) チャージャーズ 31
1月16日
マイアミ・オレンジボウル
 4) スティーラーズ 28  
 5) チャージャーズ 13
1月8日
マイアミ・オレンジボウル
   2) ドルフィンズ 34  
 7) ペイトリオッツ 13
1月30日
ローズボウル
 2) ドルフィンズ 28  
 A2) ドルフィンズ 17
1月8日
ランボー・フィールド
   N1) レッドスキンズ 27
 6) カージナルス 16
1月16日
テキサス・スタジアム
 3) パッカーズ 41  
 3) パッカーズ 26
1月9日
テキサス・スタジアム
   2) カウボーイズ 37  
 7) バッカニアーズ 17
1月22日
RFKスタジアム
 2) カウボーイズ 30  
 2) カウボーイズ 17
1月9日
メトロドーム
   1) レッドスキンズ 31  
 5) ファルコンズ 24
1月15日
RFKスタジアム
 4) バイキングス 30  
 4) バイキングス 7
1月8日
RFKスタジアム
   1) レッドスキンズ 21  
 8) ライオンズ 7
 1) レッドスキンズ 31  

受賞者[編集]

受賞者 ポジション チーム
スーパーボウルMVP ジョン・リギンズ RB ワシントン・レッドスキンズ
MVP マーク・モーズリー K ワシントン・レッドスキンズ
最優秀攻撃選手 ダン・ファウツ QB サンディエゴ・チャージャーズ
最優秀守備選手 ローレンス・テイラー LB ニューヨーク・ジャイアンツ
最優秀コーチ ジョー・ギブス HC ワシントン・レッドスキンズ
最優秀新人攻撃選手 マーカス・アレン RB ロサンゼルス・レイダーズ
最優秀新人守備選手 チップ・バンクス LB クリーブランド・ブラウンズ
カムバック賞 ライル・アルゼイド DE ロサンゼルス・レイダーズ

脚注[編集]

[ヘルプ]