2001年のNFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2001年のNFL
レギュラーシーズン
日程 2001年9月9日 - 2002年1月7日
プレイオフ
開幕日 2002年1月12日
AFC優勝 ニューイングランド・ペイトリオッツ
NFC優勝 セントルイス・ラムズ
第36回スーパーボウル
開催日 2002年2月3日
開催都市 ルイジアナ州ニューオーリンズ
スタジアム ルイジアナ・スーパードーム
チャンピオン ニューイングランド・ペイトリオッツ
プロボウル
開催日 2002年2月9日
開催都市 ハワイ州ホノルル
スタジアム アロハ・スタジアム
NFLシーズン
 < 2000 2002 > 

2001年のNFL2001年9月9日NFL82回目のレギュラーシーズンが開幕し、2002年2月3日ルイジアナ州ニューオーリンズで開催された第36回スーパーボウルを経て、2月9日ハワイ州ホノルルでプロボウルが開催されてシーズンが終了した。

翌年から1チーム拡張し、32チームによる2カンファレンス各4地区の8地区制に移行したため、1970年シーズンより続いた6地区制でレギュラーシーズンを行った最後の年である。

主なルール変更[編集]

  • ファンブルリカバーの際、リカバーした選手が故意でなく移動した場合、移動後の地点ではなく、ボールをリカバーした地点からの攻撃再開が認められるようになった。これはファンブルをリカバーした際にボールを拾った勢いで自陣のエンドゾーンに入り、セイフティとなった事例が2000年シーズンのファルコンズ対パンサーズ、レイダーズ対シーホークスの2試合で生じたためである。
  • 侮辱行為の反則をより厳格に適用するようになった。
  • ラフィング・ザ・パサーの反則をより厳格に適用するようになった。

アメリカ同時多発テロ事件の影響[編集]

9月11日に起きたアメリカ同時多発テロ事件の影響で、9月16日、17日に予定されていた第2週の試合は、翌年1月6日、7日に延期された。この結果、第36回スーパーボウルを始めとするすべてのプレーオフ、プロボウルは1週間延期された。第2週のESPNサンデーナイトフットボールは、クリーブランド・ブラウンズピッツバーグ・スティーラーズだったが、フィラデルフィア・イーグルスタンパベイ・バッカニアーズに変更された。

レギュラーシーズン順位表[編集]

  • 背景色が緑のチームはプレイオフ進出チーム
  • 括弧内はプレイオフシード順
AFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
(2) ニューイングランド・ペイトリオッツ 11 5 .688 371 272
(4) マイアミ・ドルフィンズ 11 5 .688 344 290
(6) ニューヨーク・ジェッツ 10 6 .625 308 295
インディアナポリス・コルツ 6 10 .375 413 486
バッファロー・ビルズ 3 13 .188 265 420
AFC中地区
チーム 勝率 得点 失点
(1) ピッツバーグ・スティーラーズ 13 3 .813 352 212
(5) ボルチモア・レイブンズ 10 6 .625 303 265
クリーブランド・ブラウンズ 7 9 .438 285 319
テネシー・タイタンズ 7 9 .438 336 388
ジャクソンビル・ジャガーズ 6 10 .375 294 286
シンシナティ・ベンガルズ 6 10 .375 226 309
AFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
(3) オークランド・レイダーズ 10 6 .625 399 327
シアトル・シーホークス 9 7 .563 301 324
デンバー・ブロンコス 8 8 .500 340 339
カンザスシティ・チーフス 6 10 .375 320 344
サンディエゴ・チャージャーズ 5 11 .313 332 321
NFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
(3) フィラデルフィア・イーグルス 11 5 .688 343 208
ワシントン・レッドスキンズ 8 8 .500 256 303
ニューヨーク・ジャイアンツ 7 9 .438 294 321
アリゾナ・カージナルス 7 9 .438 295 343
ダラス・カウボーイズ 5 11 .313 246 338
NFC中地区
チーム 勝率 得点 失点
(2) シカゴ・ベアーズ 13 3 .813 338 203
(4) グリーンベイ・パッカーズ 12 4 .750 390 266
(6) タンパベイ・バッカニアーズ 9 7 .563 324 280
ミネソタ・バイキングス 5 11 .313 290 390
デトロイト・ライオンズ 2 14 .125 270 424
NFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
(1) セントルイス・ラムズ 14 2 .875 503 273
(5) サンフランシスコ・49ers 12 4 .750 409 282
ニューオーリンズ・セインツ 7 9 .438 333 409
アトランタ・ファルコンズ 7 9 .438 291 377
カロライナ・パンサーズ 1 15 .063 253 410


プレイオフ[編集]

トーナメント表[編集]

                                   
1月12日
ベテランズ・スタジアム
  1月19日
ソルジャー・フィールド
         
 6  バッカニアーズ  9
 3  イーグルス  33
 3  イーグルス  31     1月27日
ドーム・アット・アメリカズ・センター
 2  ベアーズ  19  
NFC
1月13日
ランボー・フィールド
 3  イーグルス  24
1月20日
ドーム・アット・アメリカズ・センター
   1  ラムズ  29  
 5  49ers  15 NFC チャンピオンシップ
 4  パッカーズ  17
 4  パッカーズ  25   2月3日
ルイジアナ・スーパードーム
 1  ラムズ  45  
ワイルドカード・プレイオフ  
ディビジョナル・プレイオフ
1月12日
ネットワーク・アソシエイツ・コロシアム
 N1  ラムズ  17
1月19日
フォックスボロ・スタジアム
   A2  ペイトリオッツ  20
 6  ジェッツ  24 第36回スーパーボウル
 3  レイダーズ  13
 3  レイダーズ  38     1月27日
ハインツ・フィールド
 2  ペイトリオッツ  16*  
AFC
1月13日
プロプレーヤー・スタジアム
 2  ペイトリオッツ  24
1月20日
ハインツ・フィールド
   1  スティーラーズ  17  
 5  レイブンズ  20 AFC チャンピオンシップ
 5  レイブンズ  10
 4  ドルフィンズ  3  
 1  スティーラーズ  27  
  • 対戦カードはシード順で決定され、そのラウンドに登場する最上位チームが最下位チームとホームで対戦、残った2チームが上位チームのホームで対戦する[1]
  • チーム名の左の数字はシード順。
  • * は延長戦決着

受賞者[編集]

受賞者 ポジション チーム
スーパーボウルMVP トム・ブレイディ QB ニューイングランド・ペイトリオッツ
MVP カート・ワーナー QB セントルイス・ラムズ
最優秀攻撃選手 マーシャル・フォーク RB セントルイス・ラムズ
最優秀守備選手 マイケル・ストレイハン DE ニューヨーク・ジャイアンツ
最優秀コーチ ディック・ジャーロン HC シカゴ・ベアーズ
最優秀新人攻撃選手 アンソニー・トーマス RB シカゴ・ベアーズ
最優秀新人守備選手 ケンドレル・ベル LB ピッツバーグ・スティーラーズ
カムバック賞 ガリソン・ハースト RB サンフランシスコ・49ers

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ワイルドカードプレイオフの第3シード対第6シードの結果によって、ディヴィジョナルプレイオフの対戦カードが変わることになる