第47回スーパーボウル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第47回スーパーボウル
Super Bowl XLVII
1 2 3 4
BAL 7 14 7 6 34
SF 3 3 17 8 31
開催日 2013年2月3日
スタジアム メルセデス・ベンツ・スーパードーム
開催地 ルイジアナ州ニューオーリンズ
MVP ジョー・フラッコ
国歌斉唱 アリシア・キーズ
ハーフタイム ビヨンセ
アメリカにおけるテレビ放送
ネットワーク CBS
実況と解説 ジム・ナンツ英語版(実況)、フィル・シムズ英語版(解説)
 < 第46回 スーパーボウル 第48回 > 

第47回スーパーボウル(Super Bowl XLVII)は2013年2月3日にルイジアナ州ニューオーリンズメルセデス・ベンツ・スーパードームで開催されたアメリカンフットボールNFL)の試合。

開催地決定まで[編集]

2009年5月に開催されたNFLオーナー会議で、グレンデールマイアミを破り開催が決定された[1]。 ニューオーリンズでのスーパーボウル開催は2002年2月3日に行われた第36回スーパーボウル以来のことである。スーパーボウルの開催地としてはこの大会で10回目の開催となり、開催回数が同じく10回のマイアミと並び最多になる。

エンターテイメント[編集]

ハーフタイムショーは、グラミー賞歌手のビヨンセが出演することが2012年10月16日に発表された[2]。本番ではビヨンセがかつて所属していたデスティニーズ・チャイルドのメンバーが共演した。

国歌斉唱はアリシア・キーズが行った。それに先立つプレゲームショーには、サンディフック小学校のコーラス隊と家族が参加、アメリカ・ザ・ビューティフル英語版を歌った[3]

放送[編集]

CBSが担当する。CMの放送枠が過去最高の30秒あたり380万ドルで販売されている。7月初め時点ですでに80%の放送枠が売却済みとなっている[4]。放送終了後には『Elementary』が放映される予定になっている[5]

ニールセンの調査によると、全米で1億840万人が観戦、歴代3位の視聴者数であった[6]

日本ではBS放映権を持つNHK BS1に加え、日テレG+でも生中継された。

  • NHK BS1

試合概要[編集]

AFC代表としてレイブンズ、NFC代表として49ersが進出した。レイブンズヘッドコーチのジョン・ハーボー、49ersヘッドコーチのジム・ハーボーは兄弟であり、史上初の「スーパーボウル兄弟対決」となった。また長年レイブンズの守備陣を支えたレイ・ルイスがシーズン終了時点での引退を表明しており、ルイスが優勝という形で選手生活を終えられるかという点にも注目が集まっていた。49ersでは新進QBコリン・キャパニックが注目の的となっていた。

レイブンズのキックオフで試合開始。最初の得点はQBジョー・フラッコのWRアンクワン・ボールディンへの13ヤード・タッチダウンパスでレイブンズが得る(「レイブンズ」7-「49ers」0)。49ersも直後の攻撃で相手陣8ヤードまで攻め込むがタッチダウンは奪えず、Kデイビッド・エイカーズのフィールドゴールに終わる(7-3)。

第2Q序盤は49ersが攻撃を進めたが、RBラマイケル・ジェームスがファンブルを犯しターンオーバーを許す。レイブンズはこれを最終的にフラッコからTEデニス・ピッタへのパスでタッチダウンにつなげた(エクストラ・ポイントも決まり14-3。以降失敗した場合を除きエクストラ・ポイントについては省略する)。再び49ersの攻撃となったが、今度はキャパニックのパスがレイブンズFSエド・リードにインターセプトされ、立て続けに不本意な形で攻撃権を失う。レイブンズは奪い返したボールを相手陣19ヤードまで持ち込む。ここからの攻撃が4thダウンとなったところでキッカーのジャスティン・タッカーが現れるが、タッカーは受けたボールを持ちランを敢行。49ers守備陣はゴール寸前でタッカーを押さえ込み、フェイクは未遂に終わらせた。しかし続く49ersの攻撃は自陣間際からのスタートとなり、ほとんど前進することができず、パントでボールをレイブンズに明け渡す。続くレイブンズの攻撃で、フラッコの56ヤードのパスがWRジャコビー・ジョーンズに渡り、相手ゴール際でそれを受けたジョーンズは49ers守備陣の追撃をかわしタッチダウン(21-3)。防戦一方だった49ersは前半終了間際に相手陣深くまで攻め込むが、エイカーズのフィールドゴールが決まった時点で前半終了となった(21-6)。

第3Qは49ersのキックオフで始まったが、ジャコビー・ジョーンズがこのリターンを108ヤードのランの末にタッチダウンに持ち込む(28-6)。このキックオフリターン・タッチダウンはポストシーズン最高記録である[7]。レイブンズの一方的な試合になりかけた矢先、会場のメルセデス・ベンツ・スーパードームが停電し、約30分間試合が中断する[8]。これを境に49ersが反撃に出る。第3Q中盤でキャパニックがWRマイケル・クラブツリーへのタッチダウン・パスを決めると(28-13)、レイブンズの反撃をOLBアーマド・ブルックスがフラッコをなぎ倒して断ち切り、直後の攻撃でもRBフランク・ゴアが相手エンドゾーンを陥れる(28-20)。さらにレイブンズRBレイ・ライスのファンブルからボールを奪い返すと、フィールド・ゴールを決める(28-23)。わずか5分で49ersが17点を奪い、5点差に詰め寄った。レイブンズはこのクォーターでDEハロティ・ナータを負傷で失う。

第4Qはまずレイブンズがフィールド・ゴールを決めるが(31-23)、直後に49ersがキャパニック得意のスクランブル・ランが飛び出しタッチダウンを奪う(31-29)。ここで49ersは同点を狙うべくツーポイント・コンバージョンを選択。だがキャパニックのWRランディ・モスを狙ったパスは高く外れ失敗に終わる。レイブンズはこの後の攻撃でフィールド・ゴールを決めるが(34-29)、依然1タッチダウンで逆転という情勢は変わらなかった。49ersは残り4分19秒時点で逆転勝利をかけて攻撃に乗り出す。49ersはタッチバックによる自陣20ヤードからの攻撃を、キャパニックのスクランブルやクラブツリーへの24ヤードパス、ゴアの33ヤードランを交えて進め、残り2分39秒時点で相手陣7ヤードに到達。この試合最大の山場が訪れた。1stダウン、ジェームスが2ヤードラン。2ndダウン、ボールを受けたキャパニックが右側へ流れながらクラブツリーへのパスを狙うが失敗。3rdダウン、キャパニックは再びエンドゾーン間際にいたクラブツリーを狙い、クラブツリーは一度はボールを掴んだが、レイブンズ守備陣のプレッシャーを受け落球(パス不成功)。4thダウン、三度クラブツリーへのパスを狙ったが、キャパニックのボールは高く外れ、逆転をかけた攻撃は終わった。ジム・ハーボーはこのプレイの時、レイブンズ守備陣がクラブツリーに対しパス・インターフェアランスを犯したと主張している[9]

ボールを得たレイブンズは、3度の攻撃をランで進め、最後はPサム・コックがパントをせずに自陣エンドゾーンを逃げ回った後、故意に外に出てセイフティを献上(34-31)。残り時間を最大限につぶした。49ersは残り4秒でのリターンに賭けたが、リターナーのテッド・ギン・ジュニアがハーフウェーライン付近でつかまり、万事休した。

MVPはジョー・フラッコ。レイ・ルイスは現役生活をスーパーボウルリングを手にして終えることになった[10]

停電[編集]

第3Q開始直後、34分間停電が続き、試合が中断された[11]。この停電に関して試合中、ソーシャルメディアに4,770万の投稿がされた[6]。停電前には、レイブンズが22点リードしていたが、その後、ナイナーズは一時2点差まで詰め寄った。この追い上げに停電が影響したか論議を呼んだ[12]。その後、スタジアムに電力を供給していた会社は、継電器が原因であったと公表した[13]

スターティングラインアップ[編集]

ボルチモア・レイブンズ ポジション サンフランシスコ・49ers
オフェンス
トリー・スミス
Torrey Smith
WR マイケル・クラブツリー
Michael Crabtree
ブライアント・マッキニー
Bryant McKinnie
LT ジョー・ステイリー
Joe Staley
ケレチ・オセメレ
Kelechi Osemele
LG マイク・アイウパティ
Mike Iupati
マット・バーク
Matt Birk
C ジョナサン・グッドウィン
Jonathan Goodwin
マーシャル・ヤンダ
Marshal Yanda
RG アレックス・ブーン
Alex Boone
マイケル・オアー
Michael Oher
RT アンソニー・デービス
Anthony Davis
アンクワン・ボルディン
Anquan Boldin
WR-TE バーノン・デービス
Vernon Davis
ジャコビー・ジョーンズ
Jacoby Jones
WR ランディ・モス
Randy Moss
デニス・ピタ
Dennis Pitta
TE デラニー・ウォーカー
Delanie Walker
レイ・ライス
Ray Rice
RB フランク・ゴア
Frank Gore
ジョー・フラッコ
Joe Flacco
RB コリン・キャパニック
Colin Kaepernick
ディフェンス
ハロティ・ナータ
Haloti Ngata
DT-LDT レイ・マクドナルド
Ray McDonald
マーケ・キイモイアトゥ
Ma'ake Kemoeatu
DE-NT アイザック・ソポアガ
Isaac Sopoaga
アーサー・ジョーンズ
Arthur Jones
DE-RDT ジャスティン・スミス
Justin Smith
テレル・サッグス
Terrell Suggs
OLB アーマド・ブルックス
Ahmad Brooks
ダネル・イラーブ
Dannell Ellerbe
ILB ナバーロ・ボウマン
NaVorro Bowman
レイ・ルイス
Ray Lewis
ILB パトリック・ウィリス
Patrick Willis
コートニー・アップショー
Courtney Upshaw
OLB アルドン・スミス
Aldon Smith
コーリー・グレアム
Corey Graham
LCB カルロス・ロジャース
Carlos Rogers
ケアリー・ウィリアムズ
Cary Williams
RCB タレル・ブラウン
Tarell Brown
エド・リード
Ed Reed
FS デイション・ゴールドソン
Dashon Goldson
バーナード・ポラード
Bernard Pollard
SS ドンテ・ウィットナー
Donte Whitner
スペシャルチーム
ジャスティン・タッカー
Justin Tucker
K デビッド・エイカーズ
David Akers
サム・コック
Sam Koch
P アンディ・リー
Andy Lee
ヘッドコーチ
ジョン・ハーボー
John Harbaugh
ジム・ハーボー
Jim Harbaugh

トーナメント表[編集]

                                   
1月6日
M&Tバンク・スタジアム
  1月12日
スポーツオーソリティ・フィールド
         
 5  コルツ  9
 4  レイブンズ  38*
 4  レイブンズ  24     1月20日
ジレット・スタジアム
 1  ブロンコス  35  
AFC
1月5日
リライアント・スタジアム
 4  レイブンズ  28
1月13日
ジレット・スタジアム
   2  ペイトリオッツ  13  
 6  ベンガルズ  13 AFC チャンピオンシップ
 3  テキサンズ  28
 3  テキサンズ  19   2月3日
メルセデス・ベンツ・スーパードーム
 2  ペイトリオッツ  41  
ワイルドカード・プレイオフ  
ディビジョナル・プレイオフ
1月5日
ランボー・フィールド
 4  レイブンズ  34
1月12日
キャンドルスティック・パーク
   2  49ERS  31
 6  バイキングス  10 第47回スーパーボウル
 3  パッカーズ  31
 3  パッカーズ  24     1月20日
ジョージア・ドーム
 2  49ERS  45  
NFC
1月6日
フェデックスフィールド
 2  49ERS  28
1月13日
ジョージア・ドーム
   1  ファルコンズ  24  
 5  シーホークス  24 NFC チャンピオンシップ
 5  シーホークス  28
 4  レッドスキンズ  14  
 1  ファルコンズ  30  
  • 対戦カードはシード順で決定され、そのラウンドに登場する最上位チームが最下位チームとホームで対戦、残った2チームが上位チームのホームで対戦する[14]
  • チーム名の左の数字はシード順。
  • * は延長戦決着

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Welcome back: Super Bowl will return to New Orleans in 2013”. NFL.com (2009年5月20日). 2012年2月6日閲覧。
  2. ^ ビヨンセに決定! 今季のSBハーフタイムショー”. NFL JAPAN (2012年10月17日). 2012年10月26日閲覧。
  3. ^ 銃乱射で犠牲の小学校、スーパーボウルイベントに参加へ”. NFL JAPAN (2013年1月31日). 2013年2月2日閲覧。
  4. ^ 史上最高額の380万ドルで販売!第47回スーパーボウルCM枠”. NFL JAPAN (2012年7月2日). 2012年7月15日閲覧。
  5. ^ http://tvline.com/2012/11/05/elementary-super-bowl-xlvii-2012/
  6. ^ a b 第47回スーパーボウル、全米TV歴代3位の視聴者数”. NFL JAPAN (2013年2月5日). 2013年5月3日閲覧。
  7. ^ WRジョーンズ、キックオフリターンTDでポストシーズン新記録樹立”. NFL JAPAN (2013年2月4日). 2013年3月20日閲覧。
  8. ^ スーパーボウル、停電で34分中断のアクシデント”. NFL JAPAN (2013年2月4日). 2013年3月20日閲覧。
  9. ^ 49ersのハーボーHC、第4ダウンギャンブルでの相手反則を主張”. NFL JAPAN (2013年2月4日). 2013年3月20日閲覧。
  10. ^ レイブンズ、SB前のLBルイス最後のスピーチに涙”. NFL JAPAN (2013年2月5日). 2013年5月3日閲覧。
  11. ^ 停電原因はハーフタイムショーの憶測をコミッショナーが否定”. NFL JAPAN (2013年2月5日). 2013年5月3日閲覧。
  12. ^ アナリストが考察!停電は49ersの猛追に影響したか”. NFL JAPAN (2013年2月5日). 2013年5月3日閲覧。
  13. ^ スーパーボウルの停電、原因は継電器と発表”. NFL JAPAN (2013年2月9日). 2013年5月9日閲覧。
  14. ^ ワイルドカードプレイオフの第3シード対第6シードの結果によって、ディヴィジョナルプレイオフの対戦カードが変わることになる