バーノン・デービス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バーノン・デービス

Vernon Davis
サンフランシスコ・フォーティナイナーズ No. 85

Vernon Davis in 49ers Uniform.jpg
タイトエンド
生年月日:1984年1月31日(30歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ワシントンD.C
身長:6' 3" =約190.5cm 体重:255 lb =約115.7kg
NFLデビュー
2006年サンフランシスコ・フォーティナイナーズ
経歴
大学メリーランド大学
NFLドラフト2006年 / 1巡目(全体の6番目)
 所属チーム:
通算成績
(2013年までの成績)
レシーブ     397回
レシーブ獲得ヤード     5,201ヤード
TDレシーブ     53回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

バーノン・デービスVernon Davis, 1984年1月31日 - )は、ワシントンD.C.出身のアメリカンフットボール選手である[1]。現在はNFLサンフランシスコ・フォーティナイナーズに所属している。ポジションはタイトエンド。愛称は父親に似ているためその名を取ってデューク。大学時代はチームメートにサイボーグと呼ばれた。弟のボンテ・デービスマイアミ・ドルフィンズに所属している。

経歴[編集]

プロ入りまで[編集]

高校時代はフットボールの他にバスケットボール陸上競技を行った。100m走で10秒7、走高跳では196cm[2]をクリアしてワシントンD.C.の高校生チャンピオンとなった。フットボールでは主にタイトエンド、セイフティとして起用されたがワイドレシーバーやキックリターナー、ラインバッカー、ディフェンスエンドなど様々なポジションでプレーした[1]。2年次には35回のキャッチで385ヤードを獲得、3年次には21回のキャッチで511ヤードを獲得し5タッチダウンをあげたが足を骨折し3試合に欠場した。キックオフリターン、パントリターンでもそれぞれ2タッチダウンをあげた。全米の高校生のオールスターゲームである「U.S. Army All-American Bowl」にも出場を果たした。彼は多くのメディアによって高く評価されESPNはタイトエンドとして全米3位、USAトゥデイはオールUSAのセカンドチームに、ワシントン・ポストはファーストチームに彼を選んだ。

メリーランド大学に進学した彼は[1]1年次の2003年から全13試合に出場し5回のキャッチで87ヤードを稼ぐと共にキックオフの際のスペシャルチームにも起用され8回のソロタックルを決めた。

2年次の2004年にはノーザンイリノイ大学デューク大学ジョージア工科大学クレムゾン大学バージニア工科大学ウェイクフォレスト大学戦で先発ハーフバックとして起用された。彼はチームで2番目の27回のキャッチで441ヤード(平均16.3ヤード)、3タッチダウンをあげた。

3年時の2005年に全試合で先発出場し、チームトップの51回のキャッチで871ヤード(平均17.1ヤード)を獲得、6TDをあげると共にブロックでもしっかり仕事を果たし、オールアメリカン及びアトランティックコースト・カンファレンスのファーストチームに選ばれた。彼は全米トップのタイトエンドに贈られるジョン・マッキー賞の最終選考に残った。

彼が3年間で残した数字は83回のキャッチで1371ヤードを獲得し、パスキャッチ1回あたり平均16.5ヤードを獲得したがこれはそれまでにNFLのドラフト1巡目で指名されたトニー・ゴンザレスジェレミー・ショッキーカイル・ブレイディ、ケレン・ウィンスロー2世などの記録より優れていた。

大学4年には進まずに2006年NFLドラフトの1巡6位でサンフランシスコ・フォーティナイナーズに指名を受けて[1]、当時タイトエンドとしては史上最高額の5年間2300万ドルの契約を結び入団した。彼のドラフトでの指名順位、全体での6位は1957年のロン・クレイマーの全体4位、マイク・ディトカの全体5位に次ぎ、タンパベイ・バッカニアーズケレン・ウィンスローと並んで歴代3位タイとなっている。

ドラフト前に行われたドラフトコンバインでは40ヤード走で4秒38、ベンチプレスで217.7kg(480ポンド)、垂直跳びで107cmなど[2]走力、俊敏性、捕球能力などの項目でトップクラスのランニングバックあるいはワイドレシーバーに見劣りしない成績を残した。これまでタイトエンドで最も良い数字を出したと見られるベンジャミン・ワトソンの4秒42を上回っていた。大学時代の実績もさることながら、このドラフトコンバインでの成績がタイトエンドとしては非常に高位でドラフト指名を受けた理由と考えられている。

サンフランシスコ・フォーティナイナーズ[編集]

2006年9月10日のアリゾナ・カージナルス戦で先発出場を果たしプロ入り初のレシーブは31ヤードのタッチダウンとなった。9月24日のフィラデルフィア・イーグルス腓骨骨折して6試合に欠場したが[2]11月19日のシアトル・シーホークス戦で復帰、12月10日のグリーンベイ・パッカーズ戦ではショートパスをキャッチした後のラン・アフターキャッチで自己最高の52ヤードのタッチダウンをあげた。10試合の出場で20回のキャッチ、265ヤードを獲得、3タッチダウンをあげた[1]

2007年の第3週、ピッツバーグ・スティーラーズ戦でアレックス・スミスのパスをキャッチしようとした際に右ひざを負傷して続く2試合に欠場した。2年目のシーズン彼は52回のキャッチで509ヤードを獲得、4タッチダウンをあげた。

2008年のシアトル・シーホークス戦、第3Qにパスキャッチした後、相手セイフティのブライアン・ラッセルをフェイスマスクで小突いた。このプレーは15ヤードの反則となり、マイク・シングレタリーコーチはベンチを飛び出し彼をロッカールームに連れて行きこの試合から外した[3]。この年彼は16戦全試合に先発出場し31回のキャッチで358ヤードを獲得、2タッチダウンをあげた。

2009年シーズンマイク・シングレタリーヘッドコーチからオフェンスのキャプテンに指名された。この年78回のキャッチで965ヤードを獲得、13タッチダウンをあげてプロボウルにも選出された[1][4]

バンクーバーオリンピックにおけるカーリング競技の男子代表名誉キャプテンになったデービス

2010年2月に行われたバンクーバーオリンピックカーリング競技で男子アメリカ代表の名誉キャプテンに就任した[5]。3月には同じくプロボウルに選ばれたジョー・トーマスマリオ・ウィリアムスジェイソン・ウィッテンと共にアフガニスタンのアメリカ軍基地の慰問ツアーに参加した[6]この年7月、NFLネットワークのチャールズ・デービスによって現役TEベスト5に選ばれた[7]。シーズン開幕戦直前にチームと契約延長を果たしアントニオ・ゲイツを上回るTEとしては史上最高額の契約を結んだ[8]。この年チームトップの913ヤード、7TDをあげた。平均16.3ヤード獲得はこの年のNFLのタイトエンドではトップとなった[1]

2011年シーズン、第5週のタンパベイ・バッカニアーズ戦では3回のキャッチで39ヤード、2TDをあげた[9]。この年、67回のキャッチでチームトップの6TDをあげた[10]。2012年1月14日のニューオーリンズ・セインツとのディビジョナルプレーオフでは残り40秒から47ヤードのパスレシーブ、さらに残り9秒に逆転TDパスをレシーブした[11][12]ニューヨーク・ジャイアンツとのNFCチャンピオンシップゲームでは112ヤードを獲得、2TDをあげたがチームは17-20で敗れスーパーボウル出場はならなかった[13]

2012年、第2週のデトロイト・ライオンズ戦では5キャッチで73ヤード、2TDの活躍を見せた[14]。第16週のシアトル・シーホークス戦で脳震盪を起こした[15]

2013年、2度目のプロボウルに選出された[16]

人物[編集]

40ヤード走で4.38秒の俊足を持っている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h リーグ最速TE、バーノン・デービス誕生”. NFL JAPAN (2011年1月31日). 2012年1月21日閲覧。
  2. ^ a b c サンフランシスコ・49ersの“怪物”、バーノン・デービス 有限会社あほうせん 2009年9月6日閲覧
  3. ^ 近藤祐司 (2009年9月18日). “NFLも“政権交代” 新指揮官成功のカギは“Change””. NFL JAPAN. 2010年4月17日閲覧。
  4. ^ 2010年プロボウル選出メンバー発表 -NFC先発-”. NFL JAPAN (2009年12月30日). 2010年4月17日閲覧。
  5. ^ TEデービス、男子カーリング米国代表の名誉キャプテンに”. NFL JAPAN (2010年2月21日). 2010年4月17日閲覧。
  6. ^ プロボウラー4人がアフガニスタンの米軍基地を訪問”. NFL JAPAN (2010年3月7日). 2010年4月17日閲覧。
  7. ^ NFLネットワークが選ぶTEベスト5”. NFL JAPAN (2010年7月18日). 2012年1月21日閲覧。
  8. ^ .49ersのデービス、TE最高給で契約延長”. NFL JAPAN (2010年9月12日). 2010年9月12日閲覧。
  9. ^ 49ersがチーム一丸で圧勝、バッカニアーズ下して首位キープ”. NFL JAPAN (2011年10月10日). 2012年12月25日閲覧。
  10. ^ 元SB優勝HCが分析、4強が勝ち残っている理由”. NFL JAPAN (2012年1月20日). 2012年1月21日閲覧。
  11. ^ 残り9秒で決勝TD、49ersがセインツ撃破”. NFL JAPAN (2012年1月15日). 2012年12月25日閲覧。
  12. ^ 決勝TDのデービス、「伝説となるプレイだ」”. NFL JAPAN (2012年1月15日). 2012年1月21日閲覧。
  13. ^ ジャイアンツがOT勝利、SBは2007年シーズン再戦に”. NFL JAPAN (2012年1月23日). 2012年12月25日閲覧。
  14. ^ 49ers、持ち味発揮で連勝スタート”. NFL JAPAN (2012年9月17日). 2012年12月25日閲覧。
  15. ^ 49ers、WRマニンガムが今季絶望でTEデービスも不透明”. NFL JAPAN (2012年12月25日). 2012年12月25日閲覧。
  16. ^ プロボウル選出メンバー発表 -オフェンス-”. NFL JAPAN (2012年12月28日). 2013年12月30日閲覧。

外部リンク[編集]