マーシャル・フォーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーシャル・フォーク

Marshall Faulk  No. 28

Marshall Faulk Crop.jpg
ランニングバック
生年月日:1973年2月26日(41歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズ
身長:5' 10" =約177.8cm 体重:211 lb =約95.7kg
NFLデビュー
1994年インディアナポリス・コルツ
経歴
大学サンディエゴ州立大学
NFLドラフト1994年 / 1巡目(全体の2番目)
 所属チーム:
通算成績
(2006年までの成績)
ラン獲得ヤード     12,279
平均獲得ヤード     4.3ヤード
TDラン     136回
レシーブ回数     767回
レシーブ獲得ヤード     6,875ヤード
TDレシーブ     36回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録
  • プロボウル選出7回:(1994年、1995年、1998年-2002年)
  • オールプロファーストチーム3回:(1999年-2001年)
  • オールプロセカンドチーム3回:(1994年、1995年、1998年)
  • スーパーボウル優勝1回:第34回
  • シーズンMVP:2000年
  • NFL最優秀攻撃選手(1999年-2001年)
  • バート・ベル賞(2001年)
  • NFL最優秀新人攻撃選手(1994年)
  • プロボウルMVP(1994年)
  • セントルイス・ラムズ永久欠番 #28
  • オールアメリカンファーストチーム(1991年-1993年)
  • プロフットボール殿堂(2011年)
  • マッデン03カバーアスリート
NFL殿堂入り

マーシャル・ウィリアム・フォーク(Marshall William Faulk1973年2月26日-)はルイジアナ州ニューオーリンズ出身のアメリカンフットボール選手。NFLインディアナポリス・コルツセントルイス・ラムズで、13シーズンプレーした。1999年には、シーズンMVPに選ばれる活躍を見せて、その年の第34回スーパーボウル優勝に貢献した。

サンディエゴ州立大学で活躍し、1994年インディアナポリス・コルツに全体の2位にドラフトで指名されて入団した[1]。1999年のシーズンが始まる前にセントルイス・ラムズにトレードで移籍する[1]。移籍1年目に「芝の上で行われる最高のショー」("The Greatest Show on Turf")と呼ばれることになるラムズの攻撃陣の中核として活躍し、第34回スーパーボウル優勝の原動力となった[1]

NFLの年間最優秀オフェンス選手に1999年から2001年まで3年連続で選ばれている。1999年にランで1,381ヤード、レシーブで1,048ヤードを獲得、合計2,429ヤードと、1試合あたり、平均約151.8ヤードを獲得、スクリメージから獲得したヤードのNFLシーズン記録を残している。この年、チーム獲得ヤードの半分以上をフォークが稼いだ。2000年にシーズンMVPを獲得し[1]、2001年には同年のMVPを獲得した同じチームのQBカート・ワーナーに次ぐ得票数を得ている。チームは第36回スーパーボウルにも出場したが、ニューイングランド・ペイトリオッツに敗れた[1]

2002年以降は怪我の影響などで本来の力が出せず、2005年にはスティーブン・ジャクソンの成長から控えとしてプレーする事を決断。2006年は膝の傷も悪化し1年を通してフィールドを離れた。そして2007年3月26日、NFLオーナー会議の場にて引退を決断した。ラン、レシーブ合計で19,154ヤードを獲得、レシーブでの6,875ヤードは、当時の歴代ランニングバック記録となった[1]

2011年プロフットボール殿堂入りした[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f Injuries force running back Faulk to retire”. ESPN (2007年3月27日). 2013年1月7日閲覧。
  2. ^ 感極まる!タフガイたちの男泣き”. NFL JAPAN (2012年3月21日). 2013年1月7日閲覧。

外部リンク[編集]