AFC東地区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

AFC東地区(えぬえふしーひがしちく)はNFLAFCの地区の1つ。

歴史[編集]

1960年、AFL誕生とともに、AFL東地区として設立され、設立時の所属チームはペイトリオッツビルズオイラーズニューヨーク・タイタンズ(現ジェッツ)であった。

1966年、マイアミ・ドルフィンズが誕生し、AFL東地区に編入され、5チーム構成となった。

1970年のAFLNFLのリーグ統合により、AFC東地区になり、AFL東地区所属の5チームからオイラーズを除く4チーム(ビルズ、ドルフィンズ、ペイトリオッツ、ジェッツ)とNFL所属のコルツが本地区に編入され、5チームで設立された。

2002年、3地区制(東中西)から4地区制(東西南北)に移行する際、コルツがAFC南地区に移動し、現在に至っている。

順位変動[編集]

4地区制(2002年-現在)[編集]

地区優勝 2位 3位 4位
チーム チーム チーム チーム
2013 NE(2c) 12 4 0 NYJ 8 8 0 MIA 8 8 0 BUF 6 10 0
2012 NE(2c) 12 4 0 MIA 7 9 0 NYJ 6 10 0 BUF 6 10 0
2011 NE(1s) 13 3 0 NYJ 8 8 0 MIA 6 10 0 BUF 6 10 0
2010 NE(1d) 14 2 0 NYJ(6c) 11 5 0 MIA 7 9 0 BUF 4 12 0
2009 NE(3w) 10 6 0 NYJ(5c) 9 7 0 MIA 7 9 0 BUF 6 10 0
2008 MIA(3w) 11 5 0 NE 11 5 0 NYJ 9 7 0 BUF 7 9 0
2007 NE(1s) 16 0 0 BUF 7 9 0 NYJ 4 12 0 MIA 1 15 0
2006 NE(4c) 12 4 0 NYJ(5w) 10 6 0 BUF 7 9 0 MIA 6 10 0
2005 NE(4d) 10 6 0 MIA 9 7 0 BUF 5 11 0 NYJ 4 12 0
2004 NE(2v) 14 2 0 NYJ(5d) 10 6 0 BUF 9 7 0 MIA 4 12 0
2003 NE(1v) 14 2 0 MIA 10 6 0 BUF 6 10 0 NYJ 6 10 0
2002 NYJ(4d) 9 7 0 NE 9 7 0 MIA 9 7 0 BUF 8 8 0

3地区制(1970年-2001年)[編集]

地区優勝 2位 3位 4位 5位
チーム チーム チーム チーム チーム
2001 NE(2v) 11 5 0 MIA(4w) 11 5 0 NYJ(6w) 10 6 0 IND 6 10 0 BUF 3 13 0
2000 MIA(3d) 11 5 0 IND(6w) 10 6 0 NYJ 9 7 0 BUF 8 8 0 NE 5 11 0
1999 IND(2d) 13 3 0 BUF(5w) 11 5 0 MIA(6d) 9 7 0 NYJ 8 8 0 NE 8 8 0
1998 NYJ(2c) 12 4 0 MIA(4d) 10 6 0 BUF(5w) 10 6 0 NE(6w) 9 7 0 IND 3 13 0
1997 NE(3d) 10 6 0 MIA(6w) 9 7 0 NYJ 9 7 0 BUF 6 10 0 IND 3 13 0
1996 NE(2s) 11 5 0 BUF(4w) 10 6 0 IND(6w) 9 7 0 MIA 8 8 0 NYJ 1 15 0
1995 BUF(3d) 10 6 0 IND(5c) 9 7 0 MIA(6w) 9 7 0 NE 6 10 0 NYJ 3 13 0
1994 MIA(3d) 10 6 0 NE(5w) 10 6 0 IND 8 8 0 BUF 7 9 0 NYJ 6 10 0
1993 BUF(1s) 12 4 0 MIA 9 7 0 NYJ 8 8 0 NE 5 11 0 IND 4 12 0
1992 MIA(2c) 11 5 0 BUF(4s) 11 5 0 IND 9 7 0 NYJ 4 12 0 NE 2 14 0
1991 BUF(1s) 13 3 0 NYJ(6w) 8 8 0 MIA 8 8 0 NE 6 10 0 IND 1 15 0
1990 BUF(1s) 13 3 0 MIA(4d) 12 4 0 IND 7 9 0 NYJ 6 10 0 NE 1 15 0
1989 BUF(3d) 9 7 0 IND 8 8 0 MIA 8 8 0 NE 5 11 0 NYJ 4 12 0
1988 BUF(2c) 12 4 0 IND 9 7 0 NE 9 7 0 NYJ 8 7 1 MIA 6 10 0
1987 IND(3d) 9 6 0 NE 8 7 0 MIA 8 7 0 BUF 7 8 0 NYJ 6 9 0
1986 NE(3d) 11 5 0 NYJ(4d) 10 6 0 MIA 8 8 0 BUF 4 12 0 IND 3 13 0
1985 MIA(2c) 12 4 0 NYJ(4w) 11 5 0 NE(5s) 11 5 0 IND 5 11 0 BUF 2 14 0
1984 MIA(1s) 14 2 0 NE 9 7 0 NYJ 7 9 0 IND 4 12 0 BUF 2 14 0
1983 MIA(2d) 12 4 0 NE 8 8 0 BUF 8 8 0 BAL 7 9 0 NYJ 7 9 0
1982 MIA(2s) 7 2 0 NYJ(6c) 6 3 0 NE(7w) 5 4 0 BUF 4 5 0 BAL 0 8 1
1981 MIA(2d) 11 4 1 NYJ(4w) 10 5 1 BUF(5d) 10 6 0 BAL 2 14 0 NE 2 14 0
1980 BUF(3d) 11 5 0 NE 10 6 0 MIA 8 8 0 BAL 7 9 0 NYJ 4 12 0
1979 MIA(3d) 10 6 0 NE 9 7 0 NYJ 8 8 0 BUF 7 9 0 BAL 5 11 0
1978 NE(2d) 11 5 0 MIA(4w) 11 5 0 NYJ 8 8 0 BUF 5 11 0 BAL 5 11 0
1977 BAL(2d) 10 4 0 MIA 10 4 0 NE 9 5 0 BUF 3 11 0 NYJ 3 11 0
1976 BAL(2d) 11 3 0 NE(4d) 11 3 0 MIA 6 8 0 NYJ 3 11 0 BUF 2 12 0
1975 BAL(3d) 10 4 0 MIA 10 4 0 BUF 8 6 0 NYJ 3 11 0 NE 3 11 0
1974 MIA(d) 11 3 0 BUF(d) 9 5 0 NE 7 7 0 NYJ 7 7 0 BAL 2 12 0
1973 MIA(v) 12 2 0 BUF 9 5 0 NE 5 9 0 NYJ 4 10 0 BAL 4 10 0
1972 MIA(v) 14 0 0 NYJ 7 7 0 BAL 5 9 0 BUF 4 9 1 NE 3 11 0
1971 MIA(s) 10 3 1 BAL(c) 10 4 0 NE 6 8 0 NYJ 6 8 0 BUF 1 13 0
1970 BAL(v) 11 2 1 MIA(d) 10 4 0 NYJ 4 10 0 BUF 3 10 1 BOS 2 12 0

AFL東地区[編集]

地区優勝 2位 3位 4位 5位
チーム チーム チーム チーム チーム
1969 NY(d) 10 4 0 HOU(d) 6 6 2 BOS 4 10 0 BUF 4 10 0 MIA 3 10 1
1968 NY(V) 11 3 0 HOU 7 7 0 MIA 5 8 1 BOS 4 10 0 BUF 1 12 1
1967 HOU(a) 9 4 1 NY 8 5 1 BUF 4 10 0 MIA 4 10 0 BOS 3 10 1
1966 BUF(a) 9 4 1 BOS 8 4 2 NY 6 6 2 HOU 3 11 0 MIA 3 11 0
1965 BUF(a) 10 3 1 NY 5 8 1 BOS 4 8 2 HOU 4 10 0
1964 BUF(v) 12 2 0 BOS 10 3 1 NY 5 8 1 HOU 4 10 0
1963 BOS(a) 7 6 1 BUF(d) 7 6 1 HOU 6 8 0 NY 5 8 1
1962 HOU(a) 11 3 0 BOS 9 4 1 BUF 7 6 1 NY 5 9 0
1961 HOU(v) 10 3 1 BOS 9 4 1 NY 7 7 0 BUF 6 8 0
1960 HOU(v) 10 4 0 NY 7 7 0 BUF 5 8 1 BOS 5 9 0

スーパーボウル出場[編集]

第3回スーパーボウル(当時はAFL-NFLワールドチャンピオンシップゲームという名称)で、AFLチャンピオンのニューヨーク・ジェッツがNFLチャンピオンのボルチモア・コルツを破り、初めてAFL代表がNFL代表に勝利した。新興のAFLが伝統のNFLを破ったこの試合はアメリカのプロスポーツ史上に残る大番狂わせの1つとして知られている。

第7回スーパーボウルにマイアミ・ドルフィンズが勝利し、レギュラーシーズンを14勝0敗、プレイオフもすべて勝利するというパーフェクトシーズンを達成した。その後、2007-08年シーズンに、マイアミ・ドルフィンズがパーフェクトシーズンを達成して以来初めて、ニューイングランド・ペイトリオッツが16勝0敗のレギュラーシーズン無敗を達成したが、第42回スーパーボウルでニューヨーク・ジャイアンツに破れ、パーフェクトシーズンの達成は成らなかった。

第27回スーパーボウルではバッファロー・ビルズがワイルドカードプレイオフで32点差をひっくり返す大逆転勝利で勢いに乗り、スーパーボウル出場を果たしたが、ダラス・カウボーイズに敗れ、スーパーボウル三連敗目を喫した。

また、本地区からスーパーボウルに出場した18回の内、対戦相手がNFC東地区から出場した回数が11回。第25回から28回にかけて4年連続でバッファロー・ビルズがNFC東地区のチームに負けている。

シーズン AFCチャンピオン 得点 NFCチャンピオン
XLVI(46) 2011-12 ニューイングランド・ペイトリオッツ 17 - 21 ニューヨーク・ジャイアンツ
XLII(42) 2007-08 ニューイングランド・ペイトリオッツ 14 - 17 ニューヨーク・ジャイアンツ
XXXIX(39) 2004-05 ニューイングランド・ペイトリオッツ 24 - 21 フィラデルフィア・イーグルス
XXXVIII(38) 2003-04 ニューイングランド・ペイトリオッツ 32 - 29 カロライナ・パンサーズ
XXXVI(36) 2001-02 ニューイングランド・ペイトリオッツ 20 - 17 セントルイス・ラムズ
XXXI(31) 1996-97 ニューイングランド・ペイトリオッツ 21 - 35 グリーンベイ・パッカーズ
XXVIII(28) 1993-94 バッファロー・ビルズ 13 - 30 ダラス・カウボーイズ
XXVII(27) 1992-93 バッファロー・ビルズ 17 - 52 ダラス・カウボーイズ
XXVI(26) 1991-92 バッファロー・ビルズ 24 - 37 ワシントン・レッドスキンズ
XXV(25) 1990-91 バッファロー・ビルズ 19 - 20 ニューヨーク・ジャイアンツ
XX(20) 1985-86 ニューイングランド・ペイトリオッツ 10 - 46 シカゴ・ベアーズ
XIX(19) 1984-85 マイアミ・ドルフィンズ 16 - 38 サンフランシスコ・49ERS
XVII(17) 1982-83 マイアミ・ドルフィンズ 17 - 27 ワシントン・レッドスキンズ
VIII(8) 1973-74 マイアミ・ドルフィンズ 24 - 7 ミネソタ・バイキングス
VII(7) 1972-73 マイアミ・ドルフィンズ 14 - 7 ワシントン・レッドスキンズ
VI(6) 1971-72 マイアミ・ドルフィンズ 3 - 24 ダラス・カウボーイズ
V(5) 1970-71 ボルチモア・コルツ 16 - 13 ダラス・カウボーイズ
シーズン AFLチャンピオン 得点 NFLチャンピオン
III(3) 1968-69 ニューヨーク・ジェッツ 16 - 7 ボルチモア・コルツ

脚注[編集]

[ヘルプ]