第28回スーパーボウル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第28回スーパーボウル
Super Bowl XXVIII
1 2 3 4
DAL 6 0 14 10 30
BUF 3 10 0 0 13
開催日 1994年1月30日
スタジアム ジョージア・ドーム
開催地 ジョージア州アトランタ
MVP エミット・スミス, カウボーイズ
優勝予想 Cowboys by 10½
国歌斉唱 ナタリー・コール
コイントス ジョー・ネイマス
ハーフタイム ワイノナ・ジャッドナオミ・ジャッドクリント・ブラックトラヴィス・トリットターニャ・タッカー
入場者数 72,817
アメリカにおけるテレビ放送
ネットワーク NBC
実況と解説 ディック・エンバーグボブ・トランピー
視聴率 45.4 (全米)
占有率 66 (全米)
CM広告料
(30秒)
90万ドル
 < 第27回 スーパーボウル 第29回 > 

第28回スーパーボウル(だい28かいスーパーボウル、Super Bowl XXVIII)は1994年1月30日ジョージア州アトランタジョージア・ドームで行われた28回目のスーパーボウルNFCチャンピオンであるダラス・カウボーイズAFCチャンピオンであるバッファロー・ビルズの対戦。カウボーイズがビルズを30-13で破ってスーパーボウル連覇を果たした。MVPはカウボーイズのランニングバックであるエミット・スミスが受賞した。

敗れたバッファロー・ビルズミネソタ・バイキングスデンバー・ブロンコスに次いで史上3チーム目のスーパーボウルで4連敗したチームとなった。

テレビ中継はNBCが担当した。

スターティングラインアップ[編集]

ダラス・カウボーイズ ポジション バッファロー・ビルズ
オフェンス
アルビン・ハーパー
Alvin Harper
WR ビル・ブルックス
Bill Brooks
マーク・トゥイネイ
Mark Tuinei
LT ジョン・フィナ
John Fina
ネイト・ニュートン
Nate Newton
LG ジョン・デービス
John Davis
ジョン・ゲセック
John Gesek
C ケント・ハル
Kent Hull
ケビン・ゴーガン
Kevin Gogan
RG グレン・パーカー
Glenn Parker
エリック・ウィリアムズ
Erik Williams
RT ハワード・バラード
Howard Ballard
ジェイ・ノバチェク
Jay Novacek
TE ピート・メッツェラーズ
Pete Metzelaars
マイケル・アービン
Michael Irvin
WR アンドレ・リード
Andre Reed
トロイ・エイクマン
Troy Aikman
QB ジム・ケリー
Jim Kelly
エミット・スミス
Emmitt Smith
RB サーマン・トーマス
Thurman Thomas
ダリル・ジョンストン
Daryl Johnston
FB-WR ドン・ビービー
Don Beebe
ディフェンス
トニー・トルバート
Tony Tolbert
LE フィル・ハンセン
Phil Hansen
レオン・レット
Leon Lett
LDT-NT ジェフ・ライト
Jeff Wright
トニー・カシラス
Tony Casillas
RDT-RE ブルース・スミス
Bruce Smith
チャールズ・ヘイリー
Charles Haley
RE-LOLB マーカス・パットン
Marvcus Patton
ケン・ノートン・ジュニア
Ken Norton, Jr.
LOLB-LILB マーク・マドックス
Mark Maddox
ダレン・ウッドソン
Darren Woodson
NICKEL-RILB コーネリアス・ベネット
Cornelius Bennett
ダリン・スミス
Darrin Smith
ROLB ダリル・タリー
Darryl Talley
ラリー・ブラウン
Larry Brown
LCB ミッキー・ワシントン
Mickey Washington
ケビン・スミス
Kevin Smith
RCB ネイト・オドムス
Nate Odomes
トーマス・エベレット
Thomas Everett
SS ヘンリー・ジョーンズ
Henry Jones
ジェームズ・ワシントン
James Washington
FS マーク・ケルソー
Mark Kelso
スペシャルチーム
エディ・マレー
Eddie Murray
K スティーブ・クリスティ
Steve Christie
ジョン・ジェット
John Jett
P クリス・モーア
Chris Mohr
ヘッドコーチ
ジミー・ジョンソン
Jimmy Johnson
マーブ・リービー
Marv Levy

トーナメント表[編集]

                                   
1月9日
ジャイアンツ・スタジアム
  1月15日
キャンドルスティック・パーク
         
 5  バイキングス  10
 4  ジャイアンツ  3
 4  ジャイアンツ  17     1月23日
テキサス・スタジアム
 2  49ers  44  
NFC
1月8日
ポンティアック・シルバードーム
 2  49ers  21
1月16日
テキサス・スタジアム
   1  カウボーイズ  38  
 6  パッカーズ  28 NFC チャンピオンシップ
 6  パッカーズ  17
 3  ライオンズ  24   1月28日
ジョージア・ドーム
 1  カウボーイズ  27  
ワイルドカード・プレイオフ  
ディビジョナル・プレイオフ
1月8日
アローヘッド・スタジアム
 N1  カウボーイズ  30
1月16日
アストロドーム
   A1  ビルズ  13
 6  スティーラーズ  24 第28回スーパーボウル
 3  チーフス  28
 3  チーフス  27     1月30日
リッチ・スタジアム
 2  オイラーズ  20  
AFC
1月9日
ロサンゼルス・メモリアル・コロシアム
 3  チーフス  13
1月15日
リッチ・スタジアム
   1  ビルズ  30  
 5  ブロンコス  24 AFC チャンピオンシップ
 4  レイダーズ  23
 4  レイダーズ  42  
 1  ビルズ  29  
  • 対戦カードはシード順で決定され、そのラウンドに登場する最上位チームが最下位チームとホームで対戦、残った2チームが上位チームのホームで対戦する[1]
  • チーム名の左の数字はシード順。
  • * は延長戦決着

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ワイルドカードプレイオフの第3シード対第6シードの結果によって、ディヴィジョナルプレイオフの対戦カードが変わることになる

外部リンク[編集]