ダリル・ジョンストン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダリル・ジョンストン

Daryl Johnston  No. 48

Daryl-Johnston-AA Bowl VIP-OCPA-2006-09-27-144546.jpg
フルバック
生年月日:1966年2月10日(48歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ヤングスタウン
身長:6' 2" =約188cm 体重:242 lb =約109.8kg
NFLデビュー
1989年ダラス・カウボーイズ
経歴
大学シラキューズ大学
NFLドラフト1989年 / 2巡目(全体の39番目)
 所属チーム:

ダラス・カウボーイズ(1989年-1999年)

通算成績
(1989年までの成績)
ラン獲得ヤード     753ヤード
TDラン     8回
レシーブ回数     294回
レシーブ獲得ヤード     2,227ヤード
TDレシーブ     14回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録
プロボウル出場2回(1993年、1994年)

ダリル・ジョンストン(Daryl Johnston 1966年2月10日 - )は、ニューヨーク州ヤングスタウン出身の元アメリカンフットボール選手。ポジションはフルバックNFLダラス・カウボーイズで1989年から1999年までプレイした。1993年、1994年とプロボウルに選出された。第27回スーパーボウル第28回スーパーボウル第30回スーパーボウルで優勝している。「MOOSE」(ヘラジカ)という愛称で親しまれた[1]

経歴[編集]

プロ入りまで[編集]

ハイスクール時代の1984年にニューヨーク州西部の最優秀選手に選ばれた[2][3]。また学業でも優れた成績を修めGPAは4.0であった[2]コーネル大学シラキューズ大学から奨学金のオファーを受けた彼はシラキューズ大学に進学した[2]

大学入学後1年次はスペシャルチームで学んだ。2年次に先発フルバックとなった。4年次の1988年にはランで1,830ヤード、。パスレシーブ46回の成績をあげて、オールアメリカン、ビッグ・イースト・カンファレンスのオールスターに選出されて、1989年NFLドラフトの2巡目全体39番目でダラス・カウボーイズに入団した。

ダラス・カウボーイズ[編集]

1991年からカウボーイズの先発フルバックとして起用されるようになり[2][4]エミット・スミスのリードブロッカーとして彼がNFL通算リーディングラッシャーとなることに大きく貢献した。ランプレイ回数よりもパスレシーブ回数の方が多く、1993年には50回のパスキャッチを果たした[4]。首の故障で現役を引退した。パスレシーブ294回はカウボーイズのRBとしては歴代3位の数字である[2]

現役引退後[編集]

2001年よりNFL on FOXの解説者を務めている[4]

2002年10月27日にエミット・スミスがウォルター・ペイトンの記録を抜き、NFL歴代リーディングラッシャーとなった試合では放送ブースからテキサス・スタジアムのグランドに降りてきてスミスと共にスタジアム内を回った。

2011年5月、マイケル・アービンに例えられることもあるが、素行の悪さの目立つデズ・ブライアントに対して苦言を呈した[5]

人物[編集]

愛称のMOOSEはカウボーイズのチームメート、ベイブ・ローフェンバーグが名づけたもの[2][4]。 このニックネームはカウボーイズに限らず多くのNFLファンに認知された。フルバックというポジションの特質上、ボールに触れる機会は少なかったが、彼がボールをもったときは、ホームのテキサス・スタジアム(場合によって相手チームのスタジアムでも)全体で「ムーーーース」と唸ることが恒例であった。今日、名称に「ウー」の発音がある選手が登場したり、活躍したりすると、試合会場全体でその選手の名前を唸る応援の先駆けであった。

1989年から1997年まで149試合連続出場を果たしている[2][4]

2010年8月、エミット・スミスはプロフットボール殿堂入りスピーチの場でトロイ・エイクマンマイケル・アービンジミー・ジョンソンノーブ・ターナージェリー・ジョーンズカウボーイズオーナーらに続き最後にジョンストンに対する感謝の念を強く述べた[6]

スペシャルオリンピックスや子供のためのがん基金などへのチャリティー活動を行っている[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Top 10 Best Draft Picks of the Jerry Jones Era”. blogs.dallasobserver.com (2010年12月30日). 2011年5月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g Class of 2008”. buffalosportshallfame.com. 2011年5月1日閲覧。
  3. ^ 2006年に彼の背番号34番は永久欠番となった。
  4. ^ a b c d e f DARYL JOHNSTON”. 2011年5月1日閲覧。
  5. ^ カウボーイズOBが苦言、「ブライアントはアービン2世ではない」”. NFL JAPAN (2011年5月15日). 2011年8月2日閲覧。
  6. ^ Emmitt Smith cries while thanking Daryl Johnston”. CBSスポーツ (2010年8月7日). 2011年5月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]