第26回スーパーボウル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第26回スーパーボウル
Super Bowl XXVI
1 2 3 4
WAS 0 17 14 6 37
BUF 0 0 10 14 24
開催日 1992年1月26日
スタジアム ヒューバート・H・ハンフリー・メトロドーム
開催地 ミネソタ州ミネアポリス
MVP マーク・リッピン, レッドスキンズ
優勝予想 Redskins by 7
国歌斉唱 ハリー・コニック・ジュニア
コイントス ジョー・ネイマス
ハーフタイム グロリア・エステファンブライアン・ボイタノドロシー・ハミル
入場者数 63,130
アメリカにおけるテレビ放送
ネットワーク CBS
実況と解説 パット・サマロールジョン・マッデン
視聴率 40.3 (全米)
占有率 61 (全米)
CM広告料
(30秒)
85万ドル
 < 第25回 スーパーボウル 第27回 > 

第26回スーパーボウル(だい26かいスーパーボウル、Super Bowl XXVI)は1994年1月26日ミネソタ州ミネアポリスヒューバート・H・ハンフリー・メトロドームで行われた26回目のスーパーボウルNFCチャンピオンであるワシントン・レッドスキンズAFCチャンピオンであるバッファロー・ビルズの対戦。レッドスキンズがビルズを37-24で破って4年ぶり3度目のスーパーボウル制覇を果たした。MVPはレッドスキンズのクォーターバックであるマーク・リッピンが受賞した。

テレビ中継はCBSが担当した。

背景[編集]

1989年5月24日のオーナー会議でミネアポリスでの開催が決定した。寒冷地でスーパーボウルが開催されるのは、1982年1月24日にデトロイト郊外のポンティアックにあるシルバードームで行われた第16回スーパーボウル以来2度目のことであった。本大会の誘致には、デトロイト、ヒュージャー・ドームのあるインディアナポリスキング・ドームのあるシアトルも手を上げていた[1]

メトロドームは、この年NCAAトーナメントのファイナル4の開催が決まっており、同じ年にスーパーボウルとファイナル4を開催することは、初めてであった。また1991年のワールドシリーズで、ミネソタ・ツインズアトランタ・ブレーブスを破っており、12ヶ月のうちに3つのイベントを開催する初のスタジアムとなった。観衆は63,130人と第1回スーパーボウルに次いで史上2番目に少ない入場者数となったが、これはメトロドームがスーパーボウルを開催したスタジアムでは、最も収容人数が少ないスタジアムであったためである。メトロドームは、スーパーボウルが開催された最も北にあるスタジアムとなっている。

ワシントン・レッドスキンズ[編集]

レッドスキンズは、レギュラーシーズンNFLトップの485得点をあげ、NFLで2番目に少ない224失点であった。QBはマーク・リッピンで、ジョー・ギブスヘッドコーチは、ジョー・サイズマンダグ・ウィリアムス、3人目の先発QBで3回目のスーパーボウル出場を果たした。

リッピンは、パス421回中249回成功、NFCトップの3,564ヤードを投げて、28TDパスを成功、インターセプトはわずか11回、QBレイティングはNFL2位の97.9でシーズンを終えた。WRゲイリー・クラークは、ディープスリートで、70回のレシーブで1,340ヤード、10TDをあげた。反対サイドのWRは、12年目のアート・モンクで、この年71回のレシーブで1,049ヤード、8TDをあげた。モンクは、この年スティーブ・ラージェントが持っていた通算レシーブ記録を更新し、801レシーブまで記録を伸ばした。またもう1人のWRリッキー・サンダースは、45回のレシーブで580ヤード、5TDをあげた。

ランでは、アーネスト・バイナーが、NFL5位の1,048ヤードを走るとともに、34回のレシーブで308ヤード、5TDをあげた。また新人RBのリッキー・アービンスは145回のランで680ヤード(平均4.7ヤード)を走るとともに、16回のレシーブで181ヤードを獲得した。ゴールライン付近では、FBのジェラルド・リグズをしばしば起用し、彼は248ヤードを走り、11TDをあげた。ホグスと呼ばれるオフェンスラインからは、ジム・ラシェイマーク・シュレーレスがプロボウルに選ばれ、ラス・グリムはプロボウルに4度選ばれた選手であった。この年ホグスは、相手ディフェンスにNFL最少の9サックしか許さなかった。スペシャルチームもチームの調書であり、リターナーのブライアン・ミッチェルは、パントリターンでNFLトップの600ヤード(平均13.3ヤード)をリターンし、2TD、キックオフリターンでも583ヤードをリターンした。

ディフェンスは、トータルディフェンスでNFL最少の4,638ヤードしか与えなかった。オールプロのディフェンシブバックダレル・グリーンは、NFL最速の選手の1人であり、ウィルバー・マーシャルとともに5インターセプトをあげた。マーシャルは、5.5サック、1TDもあげた。セイフティのブラッド・エドワーズも4インターセプトをあげた。フロントでは、ディフェンシブエンドチャールズ・マンが11サックをあげるなど、50サックをあげた。もう1人のディフェンシブエンドフレッド・ストークスは、6.5サック、2ファンブルリカバー、1インターセプトをあげた。

レッドスキンズは、開幕戦でデトロイト・ライオンズに45-0で勝利すると、ダラス・カウボーイズに21-24で敗れるまで、11連勝を果たし、NFLベストの14勝2敗でシーズンを終えた。もう1敗は、レギュラーシーズン最終週、すでにNFC第1シードが決まった後で、主力を温存したフィラデルフィア・イーグルス戦での敗戦であった。

バッファロー・ビルズ[編集]

ビルズのKガンと呼ばれるノーハドルオフェンスは、再びリーグを席捲し、オフェンスではNFLトップの6,525ヤードを獲得し、レッドスキンズに次ぐNFL2位の458得点をあげた。オフェンスのリーダーは、ジム・ケリーサーマン・トーマスで2人ともキャリアベストのシーズンを過ごした。ケリーはパス成功率64.1%で3,844ヤードを投げて33TDパスに対して17インターセプト、QBレイティングは97.6であった。トーマスは、1,407ヤードを走るとともに、62回のレシーブで620ヤードを獲得、12TDをあげて、NFL最優秀攻撃選手、シーズンMVPに選ばれた。もう1人のRBケネス・デービスも624ヤードを走るとともに20回のレシーブで118ヤード、5TDをあげた。

WRのアンドレ・リードは、チームトップの81回のレシーブで、1,113ヤード、10TD、ラン12回で136ヤードを獲得した。反対サイドのWRジェームズ・ロフトンは57回のレシーブで1,072ヤード、8TDをあげて、スティーブ・ラージェントの持つ通算レシーブ獲得ヤード記録13,089ヤードにあと55ヤードと迫り、8度目のプロボウルに選ばれた。タイトエンドのキース・マッケラーは44回のレシーブで434ヤードを獲得、WRドン・ビービーは、32回のレシーブで414ヤード、6TDをあげた。オフェンスラインでは、Cケント・ハルと、Gジム・リッチャーがプロボウルに選ばれた。

一方、ディフェンスは問題を抱えており、NFL28チーム中27位の喪失ヤードを許し、失点はNFL19位、ブルース・スミスジェフ・ライトの2人がシーズン大半を怪我で欠場したこともあり、31サックしかあげられなかった。そうした中、LBコーネリアス・ベネットは、78タックル、9サック、2ファンブルリカバーをあげ、ダリル・タリーは、90タックル、5インターセプト、2ファンブルリカバーをあげた。ディフェンシブバックのネイト・オドムスは、チームトップの5インターセプトをあげて、120ヤードをリターン、1TDをあげるとともに、66タックルで、1ファンブルリカバーを記録した。

ディフェンスにトラブルを抱えたもののチームはレギュラーシーズンをAFCトップの13勝3敗で終えた。

プレーオフ[編集]

レッドスキンズは、レギュラーシーズンでマーク・リッピンが6TDパスを投げて、56-17と圧勝したアトランタ・ファルコンズと対戦、リッピンはパス28回中14回成功、170ヤード、TDパスなしに終わったが、6回のターンオーバーを奪い、ランで162ヤードを獲得し、24-7で勝利した。この試合でチームは36分以上ボールをコントロールし、リッキー・アービンスが104ヤードを走り、1TDをあげた。NFCチャンピオンシップゲームではレギュラーシーズン12勝4敗、ダラス・カウボーイズを38-6で破ったデトロイト・ライオンズと対戦した。開始5分も経たずに、2度のターンオーバーで10-0とリードするとジェラルド・リグズの2TDラン、チップ・ローミラーの2FG、リッピンからアート・モンクゲイリー・クラークへのTDパス、ダレル・グリーンの32ヤードのインターセプトリターンTDで41-10と圧勝した。ディフェンスは、この年1,548ヤード、16TDを走ったバリー・サンダースをわずか59ヤードに抑え、ウィルバー・マーシャルがエリック・クレイマーを3サックした。

ビルズは、レギュラーシーズン中のマンデーナイトフットボールで、ハーベイ・ウィリアムズクリスチャン・オコイエにそれぞれ100ヤード以上、合計247ヤードを走られ、6-33と敗れた相手、カンザスシティ・チーフスと対戦、第3Qまでにケリーの3本のTDパスで24-0とリードし、トーマスが100ヤード以上走り、キッカーのスコット・ノーウッドが3本のFGを成功させ、37-14で勝利した。大量リードを許したチーフスは、コーネリアス・ベネット、ダリル・タリーに合わせて13タックルされるなど、ランが不発で3試合連続100ヤード以上走っていたバリー・ワードを50ヤードに抑えた。さらにスティーブ・ディバーグをhノックアウトし、控えQBのマーク・ブラシックからは4インターセプトを奪った。

AFCチャンピオンシップゲームでは、ヒューストン・オイラーズを26-24で破ったデンバー・ブロンコスと対戦した。この試合では、ブロンコスのジョン・エルウェイ、ビルズそれぞれのオフェンスがあまり機能せず、ベネットは、エルウェイにプレッシャーをかけるとともに、3度のロスタックルを記録した。またカールトン・ベイリーがエルウェイのスクリーンパスをインターセプトし、11ヤードのリターンTDをあげた。残り2分を切ってから、ブロンコスは控えQBのゲイリー・キュービアックがTDパスを決めたが、ビルズはカービー・ジャクソンがブロンコスRBスティーブ・スウェルからファンブルでボールを奪い、10-7で勝利した。この試合でビルズのディフェンスは、エルウェイをパス21回中11回成功、121ヤード、TDパスなし、1インターセプトに抑えた。

試合前のニュースと話題[編集]

スーパーボウルまでの1週間、ビルズにはプレッシャーがかかった。ブロンコスとのプレーオフで、ビルズのディフェンスは、エルウェイをパス21回中11回成功、121ヤード、TDパスなし、1インターセプトと、シーズン最高の出来を見せたが、彼らのハイパーオフェンスはFG1つと完璧に封じられた。またその試合ではブロンコスのキッカー、デビッド・トレドウェルが3本のFGを外す幸運もあった。ブロンコスの成功は、レッドスキンズのゲームプランにも影響を与えた。

レッドスキンズのLBマット・ミレンは、オークランド/ロサンゼルス・レイダーズ第15回第18回サンフランシスコ・フォーティナイナーズ第24回と優勝を経験しており、史上3チーム目での優勝がなるかどうかについても注目された。彼は試合に出場することなく、サイドラインで過ごし、スーパーボウル直後に現役を引退、解説者になった。

CBSは、ビルズの先発ストロングセイフティ、レナード・スミスがひざの負傷により出場できなくなったことを報じた。

ビルズのディフェンスラインコーチ、チャック・ディッカーソンは、テレビのインタビューで、レッドスキンズのオフェンスライン、ホグスに対する挑発のコメントを行った。レッドスキンズのギブスヘッドコーチは、試合前日、ディッカーソンのコメントをチームミーティングで見せて、チームの士気を高めた。(試合終了から3日後、リービービルズヘッドコーチは、ディッカーソンコーチを解任した。)

試合経過[編集]

シーズン得点でNFL1位、2位チームの対戦であったが、第1Qはお互いに無得点に終わった。

ブラッド・ダルイソのキックオフは、レフェリーのジェリー・マークブライトが試合開始のシグナルを出す前に行われたため、蹴り直しとなった。レッドスキンズの最初の攻撃はパントに終わった。ビルズのサーマン・トーマスはヘルメットが見つからずに、最初の2プレーには出場できなかった。

第1Q終盤、レッドスキンズはマーク・リッピンからアート・モンクへのTDパスが決まり、89ヤードのTDドライブを成功させたかに見えたが、インスタントリプレーの結果、モンクがボールをキャッチした際、足がアウト・オブ・バーンズに出ていたと判定し、タッチダウンは取り消された(スーパーボウルでのタッチダウンがインスタントリプレーで取り消しになるのは、初めてであった。)。レッドスキンズはFGを試みたが、ホールダーのジェフ・ラトリッジがスナップをファンブルし、得点できなかった。

ビルズの直後の攻撃で、ジム・ケリーのパスをブラッド・エドワーズがインターセプト、敵陣12ヤード地点まで21ヤードをリターンした。しかし、今度はリッピンのパスをカービー・ジャクソンがインターセプトして、ボールを取り戻した。

第2Q、レッドスキンズは、リッキー・サンダースへの41ヤードのパス、アーネスト・バイナーの19ヤードのランでボールを進め、チップ・ローミラーが34ヤードのFGを成功させ、3-0と先制した。次のビルズの攻撃は3回でパントとなり、クリス・モーアのパントは23ヤードの失敗パントとなり、レッドスキンズは自陣49ヤード地点からの攻撃権を得た。レッドスキンズは5プレーで51ヤード、アーネスト・バイナーの10ヤードのTDレシーブで10-0とリードを広げた。続くビルズの攻撃では、ダレル・グリーンがケリーのパスを自陣45ヤード地点でインターセプトした。ゲイリー・クラークへの34ヤードのパス、リッキー・アービンスの14ヤードのランの後、FBジェラルド・リグズによる1ヤードのTDランで17-0となった。

ビルズは第2Q終盤にモーアの48ヤードのパントをスティーブ・タスカーが敵陣1ヤード地点でカバー、レッドスキンズは続く攻撃で前進できず、ケリー・グッドバーンの42ヤードのパントをクリフ・ヒックスが2ヤードリターンし、ビルズは敵陣41ヤード地点からの攻撃権を得た。ケリーからキース・マッケラーへの21ヤードのパスが成功し、ビルズは敵陣20ヤード地点まで前進したが、ケリーがウィルバー・マーシャルにサックされ8ヤードをロス、第3ダウンにアンドレ・リードを狙ったパスはブラッド・エドワーズに防がれた。このプレーで、エドワーズはリードがキャッチしようとする前にヒットしていたが、フラッグは投げられず、パスインターフェアランスのコールはされなかった。リードはヘルメットをグラウンドにたたきつけて抗議したが、逆にアンスポーツマンライクコンダクトの反則を取られ、15ヤードのペナルティが課され、ビルズはFGレンジから後退させられ、パントを蹴った。

ビルズは第3回スーパーボウルでのボルチモア・コルツ第4回スーパーボウル第8回スーパーボウル第9回スーパーボウル第11回スーパーボウルでのミネソタ・バイキングス第7回スーパーボウルでのワシントン・レッドスキンズ第12回スーパーボウルでのデンバー・ブロンコス第16回スーパーボウルでのシンシナティ・ベンガルズに続いて、スーパーボウルで無得点で前半を終えた9チーム目となった。

後半、レッドスキンズは最初のプレーで、カート・ゴーベイがケリーのパスをインターセプトして敵陣2ヤード地点まで23ヤードをリターンし、次のプレーで、ジェラルド・リグズが2ヤードのTDランをあげ、後半開始16秒で24-0と点差を広げた。

その後、ビルズはドン・ビービーへの43ヤードのパスなどで敵陣3ヤード地点まで77ヤードを前進、タッチダウンこそあげられなかったものの、スコット・ノーウッドが21ヤードのFGを成功し、24-3となった。さらにマーティン・メイヒューのエンドゾーン内でのパスインターフェアランスの反則により、29ヤードを獲得し、敵陣1ヤードまでボールを進めたビルズは、サーマン・トーマスの1ヤードのTDランで24-10と点差を縮めた。

しかし、レッドスキンズは、11プレーで79ヤード、第3Q残り1分24秒に、ゲイリー・クラークへの30ヤードのTDパスで31-10とリードをまた広げた。ビルズはキックオフから3プレー後、ケリーがアルボイド・メイズにサックされ、ボールをファンブル、DEフレッド・ストークスにボールをリカバーされた。レッドスキンズは、敵陣7ヤード地点までボールを進め、第4Q、2つ目のプレーで、ローミラーの25ヤードのFGによって、34-10とリードした。

ビルズはケリーがストークスにサックされ9ヤードをロス、パス失敗の後、エドワーズにこの日2回目となるインターセプトを喫し、35ヤードをリターンされ、自陣33ヤード地点からの攻撃権を与えた。試合時間残り11分36秒にローミラーがこの日3本目となるFGを成功させ、37-10となった。ゲームの勝敗はここでほぼ決し、ビルズは15プレーで79ヤード、最後はピート;メッツェラーズへの2ヤードのTDパスで37-17とし、さらにオンサイドキックをリカバーして得た攻撃権で50ヤードを前進、ビービーへの4ヤードのTDパスで37-24と迫った。だが、2度目のオンサイドキックは失敗し、レッドスキンズがそのまま時間を消費し、試合は終了した。

ビルズでは、ケリーはスーパーボウル記録となる58回のパスを投げて、28回成功、275ヤードを獲得し、2TDをあげたが、4サック、4インターセプト、1ファンブルロストを喫した。トーマスは10回のランでわずか13ヤード、レシーブでも4回で27ヤードに終わった。ジェームズ・ロフトンは、ビルズトップの7回のレシーブで92ヤードを獲得したが、リードは、5回のレシーブで31ヤードにとどまった。

レッドスキンズでは、クラークが7回のレシーブで114ヤードを獲得し1TD、モンクも7回のレシーブで113ヤードを獲得した(同一チームから100ヤード以上レシーブした選手が2人出たのは、第13回スーパーボウルジョン・ストールワースリン・スワン第16回スーパーボウルクリス・コリンズワースダン・ロスに続き3組目であった。)。アービンスがチームトップの79ヤードを走り、バイナーは49ヤードを走った他、3回のレシーブで24ヤード、1TDをあげた。

レッドスキンズはトータルで417ヤードを獲得、ビルズの爆発的なオフェンスは、トータルで283ヤード、ランでは43ヤードに抑えられた。

両チームが第3Qにあげた合計24得点、後半にあげた合計44得点は、スーパーボウル記録となった。

この勝利でレッドスキンズは、3人の異なるQBのもとでスーパーボウルに優勝した最初のチームとなった。この記録には後にニューヨーク・ジャイアンツ第21回スーパーボウルフィル・シムズ第25回スーパーボウルジェフ・ホステトラー第42回スーパーボウル第46回スーパーボウルイーライ・マニング)とグリーンベイ・パッカーズ第1回スーパーボウル第2回スーパーボウルバート・スター第31回スーパーボウルブレット・ファーヴ第45回スーパーボウルアーロン・ロジャース)が並んでいる。

スターティングラインアップ[編集]

ワシントン・レッドスキンズ ポジション バッファロー・ビルズ
オフェンス
ゲイリー・クラーク
Gary Clark
WR ジェームズ・ロフトン
James Lofton
ジム・ラシェイ
Jim Lachey
LT ウィル・ウルフォード
Will Wolford
ラリー・マッケンジー
Raleigh McKenzie
LG ジム・リッチャー
Jim Ritcher
ジェフ・ボスティック
Jeff Bostic
C ケント・ハル
Kent Hull
マーク・シュレーレス
Mark Schlereth
RG グレン・パーカー
Glenn Parker
ジョー・ジャコビー
Joe Jacoby
RT ハワード・バラード
Howard Ballard
ドン・ウォーレン
Don Warren
TE ピート・メッツェラーズ
Pete Metzelaars
アート・モンク
Art Monk
WR アンドレ・リード
Andre Reed
マーク・リッピン
Mark Rypien
QB ジム・ケリー
Jim Kelly
アーネスト・バイナー
Earnest Byner
RB ケネス・デービス
Kenneth Davis
ロン・ミドルトン
Ron Middleton
TE キース・マッケラー
Keith McKeller
ディフェンス
チャールズ・マン
Charles Mann
LE レオン・シールズ
Leon Seals
エリック・ウィリアムズ
Eric Williams
LDT-NT ジェフ・ライト
Jeff Wright
ティム・ジョンソン
Tim Johnson
RDT-RE ブルース・スミス
Bruce Smith
フレッド・ストークス
Fred Stokes
RE-LOLB コーネリアス・ベネット
Cornelius Bennett
ウィルバー・マーシャル
Wilber Marshall
LOLB-LILB シェーン・コンラン
Shane Conlan
カート・ゴーベイ
Kurt Gouveia
MLB-RILB カールトン・ベイリー
Carlton Bailey
アンドレ・コリンズ
Andre Collins
ROLB ダリル・タリー
Darryl talley
マーティン・メイヒュー
Martin Mayhew
LCB カービー・ジャクソン
Kirby Jcakson
ダレル・グリーン
Darrell Green
RCB ネイト・オドムス
Nate Odomes
ダニー・コープランド
Danny Copeland
SS ドワイト・ドレイン
Dwight Drane
ブラッド・エドワーズ
Brad Edwards
FS マーク・ケルソー
Mark Kelso
スペシャルチーム
チップ・ローミラー
Mike Cofer
K スコット・ノーウッド
Scott Norwood
ケリー・グッドバーン
Kelly Goodburn
P クリス・モーア
Chris Mohr
ヘッドコーチ
ジョー・ギブス
Joe Gibbs
マーブ・リービー
Marv Levy

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Danny O'Neil (2006年1月27日). “What makes a city Super to NFL?”. seattlepi.com. 2013年6月16日閲覧。

外部リンク[編集]