チャールズ・マン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャールズ・マン

Charles Mann

ディフェンシブエンド
生年月日:1961年4月12日(53歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州サクラメント
身長:6' 6" =約198.1cm 体重:250 lb =約113.4kg
NFLデビュー
1983年ワシントン・レッドスキンズ
経歴
大学ネバダ大学リノ校
NFLドラフト1983年 / 3巡目(全体の84番目)
 所属チーム:
通算成績
(1994年までの成績)
QBサック     83回
セイフティ     1回
出場試合数     177試合
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

チャールズ・マン(Charles Mann 1961年4月12日- )はカリフォルニア州サクラメント出身のアメリカンフットボール選手。NFLワシントン・レッドスキンズサンフランシスコ・フォーティナイナーズでプレーした。ポジションはディフェンシブエンド

経歴[編集]

地元の高校からネバダ大学リノ校に進学、4年間ディフェンシブエンドを務めた。4年次にはビッグ・スカイ・カンファレンストップの14サックをあげてカンファレンス最優秀ディフェンシブエンドに選ばれた[1]

1983年のNFLドラフト3巡目でワシントン・レッドスキンズに指名され、2年目よりデクスター・マンリーの逆サイドの左ディフェンシブエンドの先発となった[2]

1985年には14.5サックをあげるなど、キャリアを通じて4回二桁サックをあげた[2]。レッドスキンズではデクスター・マンリーに次ぐ、チーム史上歴代2位の82サックをあげ、第22回第26回スーパーボウル優勝メンバーとなった[1][2]

1994年にレッドスキンズから解雇され、サンフランシスコ・フォーティナイナーズと契約を結んだ。その年第29回スーパーボウル優勝[1]を最後に現役を引退した。

1995年にネバダ大学のスポーツ殿堂入りを果たした[3]

現役引退後、レッドスキンズのチームメート、アート・モンクティム・ジョンソンアーネスト・バイナーと共に「善きサマリア人の基金」を設立した[4][5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Charles Mann (1980-82/ Football)”. admin.xosn.com (2009年10月29日). 2011年9月22日閲覧。
  2. ^ a b c Great Redskins Drafts: A Look At 1983”. ワシントン・レッドスキンズ. 2011年9月22日閲覧。
  3. ^ University of Nevada Official Athletic Site”. ネバダ大学. 2011年9月22日閲覧。
  4. ^ Art Monk Elected to Syracuse Board of Trustees”. suathletics.com (2006年12月11日). 2011年9月22日閲覧。
  5. ^ The Good Samaritan Foundation: Introduction”. 善きサマリア人の基金. 2011年9月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]