ジーン・ワシントン (1944年生のワイドレシーバー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジーン・ワシントン

Gene Washington  No. 84

ワイドレシーバー
生年月日:1944年11月23日(70歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テキサス州ラ・ポート
身長:6' 3" =約190.5cm 体重:208 lb =約94.3kg
NFLデビュー
1974年ミネソタ・バイキングス
経歴
大学ミシガン州立大学
NFLドラフト1967年 / 1巡目(全体の8番目)
 所属チーム:
通算成績
(1973年までの成績)
通算パスレシーブ回数     182回
通算レシーブ獲得ヤード     3,237ヤード
通算レシーブタッチダウン     26回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

ジーン・ワシントン(Gene Washington, 1944年11月23日- )はテキサス州ラ・ポート出身のアメリカンフットボール選手。1967年から1974年まで、NFLミネソタ・バイキングスデンバー・ブロンコスでプレーした。ポジションはワイドレシーバー

経歴[編集]

プロ入りまで[編集]

長身でスピードのある彼はミシガン州立大学ではアメリカンフットボールの他に陸上競技も行いハードル走の選手であった[1]。1964年から1966年まで先発し、その間チームは23勝6敗1分、1965年、1966年にはオールアメリカンに選ばれる活躍を見せて、同大学の全米チャンピオンに貢献した[1]

NFL[編集]

1967年のNFLドラフト1巡全体8位でミネソタ・バイキングスに指名されて入団した。同じドラフトでは1巡全体2位で大学のチームメート、RBクリントン・ジョーンズや後にプロフットボール殿堂入りを果たすDEアラン・ペイジノートルダム大学から入団した。

1年目の1967年、レシーブ平均29.5ヤードを獲得した[2]。1968年には46回のキャッチを果たした。1969年にはチームトップの39回のキャッチで821ヤードを獲得、9タッチダウンをあげてチームのスーパーボウル出場に貢献した[2]。またプロボウルにも選ばれている。ニューオーリンズチュレーン・スタジアムで行われた第4回スーパーボウルで彼は1回のレシーブで9ヤードに終わり、チームもカンザスシティ・チーフスに7-23で敗れた。

バイキングスには1972年までの6シーズン在籍し、172回のキャッチで3,087ヤードを獲得、23タッチダウンをあげた[3]

1973年にはデンバー・ブロンコスでプレーした[1]

現役引退後[編集]

1975年にビッグ・テン・カンファレンスのオールタイムチームに選ばれた[1]

2011年5月、カレッジフットボール殿堂入りを果たした[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e Washington headed to the Hall”. dowagiacnews.com. 2011年9月17日閲覧。
  2. ^ a b 50 Greatest Vikings”. ミネソタ・バイキングス. 2011年9月17日閲覧。
  3. ^ Career Highlights”. ミネソタ・バイキングス. 2011年9月17日閲覧。

外部リンク[編集]