ロナルド・エヴァンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ronald Ellwin Evans, Jr.
NASA宇宙飛行士
国籍 アメリカ合衆国
現況 死去
誕生 1933年11月10日
セントフランシス, カンザス州
死没 1990年4月7日(56歳)
スコッツデール, アリゾナ州
他の職業 工学者
階級 大尉, アメリカ海軍
宇宙滞在期間 12日13時間52分
選抜試験 1966 NASA Group
ミッション アポロ17号
記章 Apollo 17-insignia.png

ロナルド・エヴァンス(Ronald Ellwin Evans, Jr、1933年11月10日 - 1990年4月7日)は、アメリカ航空宇宙局宇宙飛行士である。アポロ計画を訪れた24人の1人である。

人生[編集]

エヴァンスは1933年11月10日にカンザス州セントフランシスで生まれた。ボーイスカウトで活動し、上から2番目のランクのライフスカウトまで昇進した。カンザス州トピカのハイランドパーク高校を卒業し、1956年にカンザス大学で電子工学の学位を取得した。1964年には海軍大学院で航空工学の修士号を取得した。

1957年6月、彼はカンザス大学の予備役将校訓練課程を終えた後、飛行訓練を完了した。宇宙飛行士プログラムに選ばれたことを知らされた時、エヴァンスはベトナム戦争のため空母タイコンデロガの上にいた。戦闘時間は合計で5100時間に及び、そのうち4600時間は航空機に乗っていた。

NASAでのキャリア[編集]

エヴァンスは、1966年に選ばれた19人の宇宙飛行士の1人になった。アポロ7号アポロ11号のミッションでは支援要員となり、アポロ14号ではコマンドモジュールパイロットのバックアップを務めた。

エヴァンスの最初で唯一の宇宙飛行は、アメリカ合衆国にとって最後の有人月探査となったアポロ17号のコマンドモジュールパイロットであった。ユージン・サーナンハリソン・シュミットと一緒だった。サーナンとシュミットが月面を歩く間、エヴァンスはコマンドモジュール「アメリカ」に乗って軌道上に留まって、地質の観測や写真撮影を行っていた。

アポロ17号で宇宙遊泳を行なうエヴァンス

地球への帰還途中、エヴァンスは1時間6分の宇宙遊泳を行なって3台のカメラカセットを回収した。彼は301時間51分を宇宙で過ごし、そのうち1時間6分が船外活動であった。彼は月軌道上の滞在時間の最長記録を保持している。

エヴァンスは後にアポロ・ソユーズテスト計画でコマンドモジュールパイロットのバックアップを務めた。

エヴァンスは1976年4月30日に21年間勤めたアメリカ海軍を退職し、NASAのスペースシャトル計画に携わった。宇宙飛行士室では、操作・訓練グループに所属し、スペースシャトルの打上げや下降の段階に責任を持った。

NASA以降のキャリア[編集]

エヴァンスは1977年3月にNASAを退職し、石炭産業の重役になった。

彼は1973年にNASA Distinguished Service Medal、1970年にJohnson Space Center Superior Achievement Award、1973年にNavy Distinguished Service Medal等を受章した。また1973年にthe University of Kansas Distinguished Service Citation、1972年にKansan of the Yearに選ばれた。

エヴァンスは妻のジャンと2人の子供を残して、1990年4月7日にアリゾナ州スコッツデール心臓発作のため死去した。

宇宙船内で来ていた船内服は日本にあり、2009年8月11日放送の『開運!なんでも鑑定団』で1億3,000万円と鑑定された[1]。これは単品に限れば歴代5位の超高額鑑定である。財団法人日本宇宙フォーラムが管理している[2]

脚注[編集]

外部リンク[編集]